チャメ

c0025217_1845585.jpg

鹿島戦の敗戦、チームには切り替えを勧めときながら、自分はかなり引きずった。
やむなし的な論調は同意だが、遠征自体は堪えたしね。
テンションの上がらない月曜ランチは、「チャメ」でチゲ。

c0025217_18453679.jpg
c0025217_1845538.jpg
c0025217_1846162.jpg
c0025217_18461077.jpg
c0025217_18462030.jpg

「一滴八銭屋」にはよく行ってたので店の認識はあったが、初訪問。
肉、魚、野菜とバリエーションはあるものの、メニューはスンドゥブのみ。
ランチでは熱々のスンドゥブと石焼されたライスがつく。
肉、野菜、魚とすべて入ったチャメスペシャル。
こういうスープ系はエキス勝負だったりするから、肉、魚、野菜と全部入りを選んで大正解。
スンドゥブチゲといえば、たらにアサリ、魚介のだしがよく合う。
海鮮系はほかに海老とホタテも入ってた。
肉も豚肉がゴロっと入ってるし、野菜もたっぷり。
そして主役の豆腐はどこをすくっても出会える。
小さな器の中にこれでもか、と詰め込まれた具沢山スープは、その具の美味しさ、スープに溶け込んだエキスの美味しさ、両方が堪能できる。
もちろん、ご飯を絡めて食べましたよ。
辛さは最弱の一つ星、さらに卵を入れたのでまろやかーな一杯になった。

豚とかたらとか、ピンポイントな具のメニューはそれがごっそり入ってるのかな?
試してみたいかも。
by blue-red-cherry | 2008-07-15 18:46 |
<< 誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 鹿島アントラーズ×FC東京 J... >>