AFURI(阿夫利)

本当に最近は飲んでばっか。
学生時代は平日週末問わずだったので、スケジュール表が月~土まですべて飲みで埋まってたことがあったが、そこまでとは言わずとも、平日普通に飲みだしてきてしまっている。
それだけの余裕があるのはいいことだが、いろいろと反省も多い。
今週は月曜から午前様になる深酒をかまし、昨日は例によって一日ダウン。
「AFURI」のつけ麺で仕切りなおしのランチ。

c0025217_10495170.jpg
c0025217_10495975.jpg
c0025217_1050747.jpg
c0025217_10501423.jpg

まずいちばんのサプライズは、冷やし坦々麺でありながら冷やしではなかったことだ。
つけ汁はアツアツの辛味ごま味噌ダレだし、麺は麺でキンキンに冷やされてたりということもない。
普通のつけ麺を冷やしと呼ぶ中本スタイルかといえば、常々そういうわけでもない。
まあたかがネーミングなので、どうでもいいっちゃあどうでもいい。
ピリ辛ながら味噌の濃厚さがまろみを演出するつけ汁は、細麺全体によく絡む。
麺の上に盛られた肉味噌を溶かしいれれば甘味と旨味がさらに増し、よりコク深くなる。
海苔の風味は冷やしっぽかったかも。
スープ割(そういえばこれも冷やしではない)をすると、魚介エキスが香る坦々スープに変身。
結構しっかりだしがとれてて、これはこれで美味しい。

さすが平均点高いAFURI、限定麺もそつがない。
by blue-red-cherry | 2008-07-16 10:56 | ラーメン
<< 鶏ささみのあっさり和え 誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 >>