ぶっちぎり鮨 春夏秋冬

暑い日はそばともども、なぜか寿司が食べたくなる。
腐っても江戸っ子の血が騒ぐのかね。
渋谷道玄坂を登り、「ぶっちぎり鮨 春夏秋冬」へ。
前回は大トロ炙り丼にしたので、今回こそ、15貫のサービスランチ、ぶっちぎり寿司を食べた。

c0025217_9573380.jpg
c0025217_9574146.jpg
c0025217_9574936.jpg

マグロ、サーモン、白身から貝類にいたるまで、すべてネタが大きい。
この量でこのサイズはパンチがあり、食べ応えがある。
うに、いくらこそないものの、ほかはある程度網羅されており、十分満足できた。
連れはねぎとろ隠し卵丼なるネーミングの丼をチョイス。
その名の通り、丼を埋め尽くしたねぎとろの下に温泉卵が潜んでおり、当然絡めて食べるわけだが、卵の甘味もさることながら、新鮮なねぎとろの旨味に驚いた。
こいつは美味い。

どちらも800円という超絶コストパフォーマンスだが、当然この日も大繁盛。
いずれまたお世話になるだろう。
by blue-red-cherry | 2008-07-19 10:01 |
<< もんじゃ 来る実 鶏ささみのネバネバ和え >>