FC東京×クラブ オリンピア プレシーズンマッチ

c0025217_631374.jpg
c0025217_6311456.jpg
c0025217_6312225.jpg

恒例のプレシーズンマッチ、FCソウルとの定期戦が始まって久しいが、首都対決再び、ということでパラグアイの首都チーム・クラブオリンピア戦
代表戦行ったりナビスコがあったりなかったり、この7月は相当にゆるい勤怠だったためいろいろと悩んだが、月末の慌しい中、中抜け、というには片道1時間がハードだったが、終了後足早に会社に戻るという切ない流れで行ってきた。
6000人強の入りだと、あんなに寂しい感じになるのね。

c0025217_635842.jpg
c0025217_6352151.jpg
c0025217_6353126.jpg
c0025217_6353969.jpg
c0025217_6354788.jpg
c0025217_6355582.jpg

プレゼンツだった東京ガスの方々や、はるばる地球の裏側からやってきたオリンピア関係者の方々にとっても相当寂しかったと思うが、それよりも内容の寂しさが堪えた。

嫌いなものや興味のないものは見ない。
けれど好きなものはとことん見る。
好きなものを見に行ってそれが納得いかなくってもどこか必ず良かったところを探して、後悔することないように生きている。
昨日スタジアムに行ったことは後悔していないが、しかし昨日の東京から光明を見つけ出すのは至難の業だった。

7月の連戦と同じくナイターではあったが、ここ数日にはなかった涼しさで、動きそのものは軽快に見えた。
特にバテ気味だったカボレの動きは鋭く、それでも万全ではないと思うが、ひとたびボールを持つと前線まで運び、あわやという場面を演出した。
しかし相変わらずシュートコースまでの位置取り悪く、難しいシュートに終始し、挙句PKを外すという展開で、いまだ出口が見えない。
千葉戦のPK失敗(その前のソウル戦が出色だったという評判だけに痛い)から続くトンネルを抜け出すチャンスだっただけに、ここから這い上がれるか、踏ん張りどころか。
エメについてはいつも通りというか、高いテクニックを見せつけ、同じく涼しさが幸いしたか運動量も多かった。
羽生の動きはいよいよ研ぎ澄まされてきていると感じる。
キャプテンマークを巻き、胸に秘める思いは人一倍だと思うが、裏への動き、無駄走り、ボールタッチの多さ、加速度的に映る。

c0025217_6463997.jpg
c0025217_6464716.jpg
c0025217_646568.jpg

いつもと同じである。
動けてたりチャンスは作れてたりする。
ワンタッチを使うアイデアはやはり去年とは違う積み重ねがあり、その種の形は作れてたりするのである。
しかしここ数試合、つなぎはつなぎのためのつなぎであったり、形を作るためのつなぎであり、崩せていない。
崩しの一歩、そこでのスキルやアイデアが足りない。
エメやカボレの個人技に頼ったとしても、その際中には誰もいないというおなじみの展開だったり。
ため息をつく場面がいつも同じなんだ。
赤嶺のイージーミス、今ちゃんの判断の遅さ、モニの一向に良くならないフィード。
個人を槍玉にあげたくはないが、どうしても目立つ。
使い古された言葉でいえば、この先きっと対戦相手にも言われそうだが、「恐さがない」。

c0025217_6493665.jpg
c0025217_6494496.jpg
c0025217_6495157.jpg
c0025217_65021.jpg
c0025217_6501095.jpg
c0025217_6501813.jpg

立ち上げから取り組んできたことの原点に立ち返ってのトレーニングをしてきているという。
果たしてそれができていたかどうか、いまいち分からない。
オリンピアは明らかにコンディションが悪いのか、確かに球際に強さを見せてくれたりもしたが、比較対象として正しいかどうかは置いといて、ガチのJリーグ上位チームと比べればずっと組しやすい相手であり、それに対する評価は非常に難しい。
相手を圧倒するとまではいかずとも、能動的なボールポゼッションで相手を崩せたか?
ある程度受けられたとき、何度もチャレンジすることで穴を空けられたか?
2人、3人と人を絡めた連携でアタッキングサードを形成できていだろうか?
うーん。

c0025217_6553386.jpg
c0025217_6554346.jpg
c0025217_6555127.jpg
c0025217_656015.jpg
c0025217_656938.jpg

残念だったといえば、普段公式戦で見られない選手を見たいっという期待も満たされることはなかった。
インタビューではいろんな選手試したいという思いも口にしてた監督だったが、スタメンは公式戦を見据えたメンバーで、交代出場も椋原、平山、信男さん、森村、石川に栗澤と今季すでに公式戦出場を果たしている選手に終始した。
池上や下田、スズケンあたりが見たかったんだが、この試合でも出番がないというのはそういうことなのかもしれない。

特に新しいことをするわけでもなく、原点回帰を掲げ、メンバーに限っていえば現状のベストをぶつけた昨日の試合。
次週に控えるナビスコ準々決勝2ndレグ、リーグ再開初戦の好調名古屋戦に向けた戦い、という位置付けだったと思う。
だが、残念ながら、オレ個人の目にはその厳しい連戦に向けての明るい材料が何ひとつ見つからなかった。
太鼓はあるのに気まぐれにしか鳴らないゴール裏も寂しかったし、なんだかもやもやだけが残ったスタジアム。
膿みがあるなら早いとこ、出し切っちまったほうがいい。
原点回帰をするのであれば、迷わない、そこから始めなきゃ。

もう一度自分に問う。
お前は迷っているのか?

いや、迷ってねーな。
次いってみよ~。

c0025217_74052.jpg
c0025217_74846.jpg


で、パラグアイの首都ってどこー?
by blue-red-cherry | 2008-08-01 07:04 | FC東京
<< 柔らかな頬 しらす卵がけごはん >>