覆麺

c0025217_9303223.jpg

神保町が楽しくってしかたない。
要頻繁なコミュニケーションな仕事相手ができてよかった。
古本屋もあっち系の店も、ちら見のつもりがついつい長居しちゃう。
そんな街に噂の新店、「覆麺」
なんか微妙に伏せられてるから習うが、元祖〇条流で有名な「が〇こ」の新境地であることは間違いないみたいよ。
その名のとおり、メキシカンレスラーのような覆面を被った店員さんが独自の言葉を駆使して営業する異空間。

c0025217_9331621.jpg
c0025217_9332658.jpg

「が〇こ」、学生時代に馬場に行ったきりだからそんなにはっきりと記憶があるわけではないが、透き通った醤油、ガツンとくるしょっぱさはまさしくそれ。
眼前に臨む寸胴で各種野菜や肉でスープが煮込まれてるのを目の当たりにしながら飲むスープは、その結実であり、しょっぱさ際立つストレートな醤油でありながら、さまざまなエキスが感じられる深さ。
中細の麺はシンプル、これといって特徴はないが、醤油スープにハマってる。
2種の焦がしねぎは香ばしさはもちろん、スープに埋めていくことで甘味をプラスする。
とろける柔らかさのチャーシューは、最近多い蒸された感じのまろやかな溶け口で、チャーシュー麺を頼みたくなるクオリティ。
味玉覆麺にしたが、締めに食べた味玉も甘く、かつラーメンを壊すことない控えめなバランスがいい。

ちょっと足を伸ばせば地下鉄でいう一駅とかは簡単に歩けちゃうこのエリア。
ラーメン的にもなかなか楽しくなってきてるわ。
美味しかった、アンガーラ、アンガーラ!
by blue-red-cherry | 2008-08-08 09:42 | ラーメン
<< 日本×アメリカ 北京オリンピッ... 大分トリニータ×FC東京 ナビ... >>