MAESTRO OGAWA

世間は夏休み真っ盛りだが、そんなの関係ねえ。
東京生まれヒップホップ育ちにはお盆も縁がなく、いつものように日常が過ぎていく。
なぜかわが社はこの時期に辞める人が続出しており、昨日のランチはお別れランチ。
こんなとこあったんだ、という嬉しい発見となった「MAESTRO OGAWA」

c0025217_12341122.jpg
c0025217_1234305.jpg

c0025217_12353947.jpg

焼肉ランチ、一日限定20食にありつけた。
国産の豚と牛が惜しげもなく並べられたこの皿、ご飯(おかわりおk)付きでなんと1000円。
脂の乗った国産牛の柔らかさと旨味はもう絶品。
豚はしょうが焼きに使えそうなほどのサイズ、薄切りながらこちらも脂身たっぷり、豚食う楽しみを存分に味わえる。
茸や茄子など、端休めに野菜を食べられるのも嬉しい。
これは1回、食べにくる価値あり。

ランチはこれに加え日替わりやコースなど。
この日の日替わりはカレーだったけど、さぞかしいい肉を使ってるんだろうな。
ハワイアン流れる店内はおよそ焼肉を食べるスペースとは思えないシックでおしゃれで過ごしやすい空間。
きっとまたくる。
by blue-red-cherry | 2008-08-09 12:40 |
<< ムガール・マハール 豚肉のにんにく味噌炒め >>