名古屋グランパス×FC東京 J1第20節

c0025217_1382030.jpg

しつこいですが、今日も今日とてftnk。
遠方遠征自粛中にて、名古屋戦をテレビ観戦。
なかなかの混雑振りと、気合の入った試合展開に行けばよかったと小一時間。
猛暑の名古屋まで行かれた現地組のみなさま、お疲れ様でした。

c0025217_13132677.jpg

玉田に数回の決定機を作られたものの、東京の最終ラインは充実していた。
すっかり怪我がちになってしまったのは気になるが、昨日のモニは空中戦、カバーリングともに好調時のそれを感じさせた。
モニが抜けたあとの佐原の頑張りも目立った。
椋原が投入当初落ち着かない場面ではしっかりカバーし、自らもヨンセンを封殺。
いつにもましてカッコよかったよ。
やはり徳永は左のほうが頑張る。
上がって中に入ってシュート、の場面こそなかったが、厳しくタイトにディフェンスできていたと思う。

そして今野。
右サイドバックとしての出場は窮屈さを感じさせたが、1対1の守備はさすがの一言に尽きる。
後半、モニの負傷によりセンターに入ってからも出色の出来。
ヨンセン・玉田に加え、津田と杉本まで入り、中盤が空いてしまって完全に受けの時間が続いた終盤も佐原とともに中央からサイドから、名古屋の猛攻を冷静に跳ね返した。
去年あれだけ中盤で使うだろJK、と批判しながらも、今は最終ラインが妥当かと思う(原さんゴメン)。
ディフェンス能力は言わずもがなで、蹴れて自分で運べて、ディフェンダーとしてかなりオプションのある選手になれる。
オシムが代表でああいう風に使ってたのはそういう意図があると思う(オシムもボランチの今ちゃん評価してたし)。
理想はもちろん最強のボランチだけど。

c0025217_1329227.jpg

勝ててなかったとはいえ、ここ数試合も決定機は作れていた。
逆に今回も勝ったとはいえ、外した決定機のほうが多かったりする。
楢崎がネ申すぎたってこともあるけどね。
それでも昨日はいいシーンが多かった。
カボレの独走カウンター(中の浅利使ってたら名古屋遠征自粛の後悔は一生モノになったっぽい)、最後の今ちゃんと赤嶺の、朝のTBSのご意見番(笑)に喝されそうなカウンター、繋ぎを中心にすえながらも速い攻撃が見られたのはいい兆し。
赤嶺がサイドに流れて中に石川が詰めたシーンとか。
石川は中に外にアイデアと動きの質がリンクできてて、ひとりで攻撃の幅をだいぶ広げてくれた。
カボレが流れても平山や石川が絞り、羽生がボランチの位置にポジションを下がりながらも前でやっていた動きを継続しているおかげで、エメの選択肢もカボレに凝り固まることなく、ボールがよく動いたと思う。

解説者の褒め殺しはちょっと気持ち悪かったが、平山のゴールは嬉しい。
大分戦のときに、なにか起爆剤になるゴールがほしい、と書いたがこれがきっかけになるといい。
ゴールできない試合が続くごとにそれまで出来ていた中盤の経由地としてのプレーの精度まで落としていた平山だったが、昨日はゴール以降そのプレーまで質を上げたように見える。
もうちょいペナ内で仕事できるといいんだけど。

エメが配給役で石川が動くオフェンシブハーフ。
相手の深い位置やサイドまで幅広く牽制する羽生とどっしり構えてバイタルを空けない浅利。
動と静のバランスがとれたボックスがよく機能していた。
今ちゃんと徳は守備優先だったからまあ仕方ないが、もうちょいサイド使えるともっといい。
浄入れてからクローズがバタついたのも、このバランスのよさを崩したからかもしれない。
それくらいよかったと思う。

c0025217_1340676.jpg

これから出かけるのでもっと思い返すといろいろ出てきそうだけど、こんなところで。
能書きはあれとして、みんなよく戦ってた、それに尽きる。
歯車が噛み合うか否か、キレイなサッカーで勝利という結果を得る最後のピースはそこにあるのかもしれない。

前半戦、ホームで悔しい敗戦を喫した名古屋へのリベンジは果たせた。
次は浦和だ。
今度こそ、オレたちのサッカーで勝とうぜ。

久々のホーム、たぎるぜぇぇぇぇぇ。
by blue-red-cherry | 2008-08-10 13:44 | FC東京
<< 餃子の王将 Simon Says >>