鶏ささみの梅肉ポン酢和え

歯の受難は続く。
抜歯後はこつこつと根幹治療を続けていたんだが、2ヶ月くらい前に完治したと思われた別の歯がいきなり欠けた!
もう何事かわからなかったんだけど、右下の奥から5番目の歯で、5番目っつっても奥歯の域に入ると思う。
前面がきれいに剥ぎ取られた感じ。
で、どうなったかというと、神経までは達していないものの剥き出しになった歯には水はもちろん風も超染みる。
激痛!
そしてこんなときに限って罹りつけのクリニック、お盆休みOTZ。
とりあえずかなりおかしなことになってるが、反対側で飲み食いすればなんとかしのげそう。
食べないことには生きられないので、鶏ささみの和え物だけ、昨夜はこれでしのいだ。

c0025217_14583067.jpg
c0025217_14583865.jpg

茹でたささみとオクラにポン酢、かつおぶし、チューブ状の梅肉を適当な量入れて混ぜ合わせる。
梅のチューブは紀州産とかで、普通のわさびとかからしと変らない量なんだけど200円もしやがった。
その分味は結構塩気も効いてて美味い。
そんな好きな味だらけのたれがまずいわけはなく、例によってこの和え物も淡白なささみに美味たれが馴染んだ成功品なんだが、いかんせん歯がね。

というわけで放置はできず、早速今朝、抜歯で世話になった大学病院に行ってきた。
なんでも大学病院とクリニックの間には、互いの客を取らない、的な不可侵条約があるらしい。
何度も念を押され、とりあえず応急処置ですから、と。
そんなのわかってるって、とりあえずなんとかしてくれって感じだったので、それでいいんだよ。
ホントに応急処置、若干被せただけの処置、強く風が当たるとまだ染みるし、熱いのも冷たいのも怖くて試してない。
次回クリニックの予約まで、またぎこちない食事が続くと思うと憂鬱になる。
ファック!
by blue-red-cherry | 2008-08-13 14:58 |
<< ノルウェー×日本 北京オリンピ... らーめんダイニング ど・みそ >>