すし京辰 恵比寿店

c0025217_2348443.jpg

歯に不自由があるとなぜか寿司にはしる。
確かに片側に押し込めないこともないが、どうにも食べずらい(特に軍艦)。
まあそれにしても硬いもの、大口開けなきゃいけないものに比べりゃはるかに利にかなってるか。
気になってたお目当ての寿司屋はお盆休み、近場の「びっくり寿司」はお盆価格でランチが高値だったので、アトレの「すし京辰」

c0025217_23504896.jpg
c0025217_23505538.jpg
c0025217_2351364.jpg

1.5人前1500円とか、1200円で各種本日の丼とか、割高な感じ。
丼は結構そそる感じだったんだけど、ここは歯のアクシデント後初という慎重さと懐具合を考えて、ノーマルの握りランチ(それでも1050円)。
握り8貫に手巻きが1本か。
普段のオレだったら満足いかないところだろう。
回転寿司だったら4皿強ってとこだもんね、って書きながら妥当かもしれんと小一時間。
マグロ、いか、平目にサーモン、とびっこ、玉、かつおにえび、ねぎとろ巻。
どれも普通に美味しいけど、やっぱ片方に押し込んで食ってちゃ美味いもあれもねえなあ。

恵比寿の寿司ランチのチョイスが広がったのはよかった。
by blue-red-cherry | 2008-08-13 23:56 |
<< きのことオクラの明太マヨネーズうどん ノルウェー×日本 北京オリンピ... >>