麺や 維新

c0025217_23264656.jpg

暑さがとどまることを知らないな。
いよいよセミも元気よく鳴いているような気がする。
今日も坊主頭にはかなり厳しい日差しの中、真っ昼間にロコハマで打ち合わせ。
場所はみなとみらいだったが、早めに出て横浜の気になるラーメン屋をチェキ。
中村屋や本丸亭もその部類か、神奈川淡麗系と呼ばれる系統のひとつ、「麺や 維新」

c0025217_23291371.jpg
c0025217_23292113.jpg
c0025217_23293035.jpg
c0025217_2329385.jpg

もともと神奈川のもっと奥のほうでやってたみたいなんだけど、最近移転してきたらしい。
当時は塩でならしていたが、ここでは醤油やつけ麺、柚子塩なんかもイケてるらしい。
とりあえずは出自の名品、塩をいただく。
淡麗系、好きだわ。
この丁寧な仕事っぷり!
透き通ったスープはどっからどうみても黄金に輝いて見える。
塩味なんだから当然塩気が強いんだけど、尖った最初のインパクトが、飲んでいくうちにその込められたエキスだったり深いコクにより丸みを帯びていく。
美味い。
麺は細めながらもうっすら平打ちで、スープが絡みつく。
とにかく素材にこだわっているようすで、存在感抜群の大判チャーシュー、極限まで細かく刻まれたねぎ、どれも仕事の丁寧さを感じつつ、素材の良さも際立つ。
これは美味い。
ランチタイムはハーフサイズのご飯が半額で食べれる。
小さなブロック状に刻まれたチャーシューが乗る肉ご飯も150円。
甘めのタレがついたチャーシューがご飯に合わないはずがない。

一部では塩をしのぐ評判を得る醤油。
夏だけに店内ではかなり人気を博していたようすのつけ麺。
どちらも気になる。
なんとしても制覇したい。
横浜駅からのアクセスはそれなりにあるが、10分歩くだけの価値は確実にある。

あ、片方で食べることに関して、ラーメンは問題ないという結果も得られた。
by blue-red-cherry | 2008-08-14 23:37 | ラーメン
<< 鶏肉とセロリのマヨチャーハン オランダ×日本 北京オリンピッ... >>