FC東京×浦和レッズ J1第21節

c0025217_1535469.jpg
c0025217_1536266.jpg
c0025217_15361025.jpg

五輪に遠征自粛とテレビ観戦が続いており、いい飢餓感で迎えた浦和戦
試合前いちばん怖かったのは豪雨+雷雨だったのでそれがなかったことはよかった。
だが、それだけだ。

c0025217_15384974.jpg
c0025217_1538578.jpg
c0025217_1539574.jpg
c0025217_15391352.jpg
c0025217_15392048.jpg

いや、少しくらいはいいとこもあったはずだ。
思い出してみる。

モニかな。
名古屋戦も頑張ってたけど、不得手な空中戦もしっかり競るし、スピードが戻ってきたのにビックリ。
徹底して裏狙って走ってきた田中達、永井の両翼だが、オフサイドの曖昧な判定もあり出遅れる場面があった。
しかし遅れ気味に追いかける形で追い抜いて体を入れる場面、あれにはビックリした。
さすがは元祖スピード系ディフェンダー。
そして遅ればせながら、フィードにもかなり気合が入ってるのを感じた。
何気にフェイントでかわすのうまいよね、ハラハラするけど。
カボレにあわなかったけど、右アウトサイドで出したスルーパス、ああいうチャレンジする姿勢が出てきたのはいいこと。
もっと頑張れ。

相方佐原もよかったんんじゃないかな。
高原があれだったってのもあるけど、苦手なスピード系が並んだ3トップに対して粘り強くやれてたと思う。
3トップに対してという意味では、長友と今ちゃん、人に強い2人が対峙できおかげでサイド攻撃はほとんど封じられたと思う(こっちも上がれなかったが)。

c0025217_15472189.jpg
c0025217_15473840.jpg
c0025217_15474997.jpg
c0025217_1548022.jpg
c0025217_15481192.jpg

羽生とサリのボランチはいいよね。
運動量多いし、役割分担が明確。
かといって攻守をどちらか任せにするのではなく、折をみて攻撃参加、アンカー的にバランスをみたりする状況判断もいい。
やろうとしているサッカーの理解度に関してはこの2人が高く、その心臓部を任せられているのもうなずける。

それと石川。
彼の縦への動きが数多くチャンスを生んだ。
攻撃面での動きの質は羽生に次いで高いレベルにあると思う。
マッチデーにはもう少し守備麺での貢献度を上げていきたいといった内容の発言があったが、昨日は守備もかなり頑張ってたように見えた。

c0025217_1554670.jpg
c0025217_15542194.jpg
c0025217_15543375.jpg
c0025217_15544723.jpg
c0025217_1555172.jpg

結構あるじゃん、とか思いつつ、これっていつもと一緒じゃん。
守備が安定してきたのと、戦術の理解度を高めている人間がチャンスを演出する。
ここまではできてるんだって、いつも。
1点取られて貝のように守られるときつい、というのは正しいかもしれないが、先制できないことのほうがはるかに問題だ。
あれだけのチャンスを作って。
いや、チャンスを作っているようでチャンスを作っているとは言い切れないところもある。
形を作り、ポゼッションも低くなかった前半だが、決定機は高原のポストとバー、浦和のほうにある。
どちらもほぼフリーの状態でシュートが打てている。
カボレや平山が点を取れていないのはひとつ勝ちきれない要因だが、彼らがドフリーでシュートを打てる場面を増やすことこそ、このムービングフットボールの目的なのではないか。

だったらチャンスメークのほうに問題があるのかというとそうとも言い切れない。
カボレと平山、楔としてのレベル、空中戦の強さはJの中でもかなり上のほう。
チームとしても頼っている部分は多いが、いかんせん自分のプレーのあと、もう一度そのボールへ関与するための動き出しが遅い、いやその動き自体が少ない。
例えば平山だったら、中盤に下がってサイドに展開してから再びゴール前にあらわれるまでの時間がかかりすぎ。
これではマークもしやすいし、サイドの選手からはアーリーという選択肢が奪われる。
カボレに関してもほぼ同様だが、あと彼はあまりポジショニングがうまくないような気がする。
あとドリブルのコースどりもいまいちゴールに向かってないような。
再浮上のためにはこの2人の活躍が不可欠で、果たして代わりのフォワードは、と見回すとそこにも問題はあったりして。
でもそれ以外が機能してたら、そっちを優先して流れをせき止める部分をスムースにするってのもひとつ、手段ではあると思う。

c0025217_165569.jpg
c0025217_1663098.jpg
c0025217_1664054.jpg
c0025217_1665230.jpg
c0025217_1671026.jpg
c0025217_1672683.jpg
c0025217_168585.jpg

東京のほうがいいサッカーをして、とか、試合に勝って勝負に、とか、そういう感想はない。
いいサッカー、見てて楽しいサッカーを追及してほしいとは思うがことこの試合に関してはそういうの抜きにして現実を見つめたい。
今年はもう対戦がないわけで、丸四年浦和に煮え湯を飲まされ続けているという現実を!
城福さんは感情的に発言していたみたいだが、あの歌、確かに屈辱的だったよ。
もうあまり相手に対しイラっとこないくらい、そのことのが屈辱的だ。
もうやなんだよ、浦和に負けるの。
すげー悔しい。

なんつうか、メンタルとかうそ臭いからあまり好きじゃないけど、ね。
田中達の全身からあふれ出てくるゴール、縦への意欲みたいのは確かにすごいものがあると思う。
キライだけど。
チームとしての凄みみたいなのは特に感じないけど、自信もってる感じはするよね、浦和。
逆に東京の選手の自信なさそうな感じ。
あれじゃあって思うよ。
特に先制されたあとのムード。
なんか、ああやっぱり、みたいな雰囲気がスタンドにもピッチにもあったようなき駕する。
なあんでああいうときに上向けないかね、下向いちゃうかね!
ずーっと思うことだけど勝者のメンタリティーみたいなものが確実に欠けてて、それって一朝一夕で身につくようなものではなくって。
もうここは腹くくって大枚はたいてでもそういうのある選手とってきてほしいね。
名古屋には勝てても浦和には勝てない、その現実に打ち勝つためにも。
絶対ネドヴェド適任だったっぽいが。
ここ数年で優勝を経験しているクラブか代表でキャプテン経験者、30オーバーで中盤よりうしろ。
……ベッカムかな。

あと、浦和戦限定の戦法としてぜひお試しいただきたいのが、前半29分にセンターバックをひとり退(ry

c0025217_16263531.jpg

さすがに首位とは離れたね。
まあ分かりきってたことだが、今年は一喜一憂しないでシーズンとおしての結果で見なければいけない、その思いで立ち直りたい日曜の午後。
次はダービーか。
1週間でどう立て直してくるか(ってほどボロボロなわけでもないが)。
長友までまた代表呼ばれちゃうし、まあ辛抱強く見守るしかない。

それにしても浦和に負けるのはもうウンザリなんだぜ!
by blue-red-cherry | 2008-08-17 16:29 | FC東京
<< 白木屋 喜楽 >>