FC東京×ベルディ J1第22節

c0025217_11152434.jpg

今年4度目のダービー
ダービーは負けちゃならんのよ。
たとえ3/4、すでに勝ち越してても。
ホームで浦和に完敗し、中断以降狂いだした歯車を再びかみ合わせるにはおあつらえ向きの相手だったのに。

c0025217_11161784.jpg
c0025217_11162321.jpg
c0025217_1116293.jpg
c0025217_11163542.jpg

モニの完全復調と、小兵相手に焦れずに耐えた佐原、このセンターを中心に最終ラインが安定していた。
浄がどっしり後ろで控えてビルドアップに参加することで、羽生や今野、エメ、梶山と左サイドに基点を作れたのもよかった。
五輪ショックで悩みを吐露していた長友も、その左サイドの組み立てからスペースをもらった状態で頻繁に攻撃参加出来、前後半通じていいオーバーラップができていた。
あの幻のゴール。
あれを含めて出来がよかっただけに悔しさも募った、試合後の姿だったんだろう。

久々1トップ張った赤嶺は、役割が明確で体を張ったプレーを随所に見せた。
ポジションの都合もあるが、カボレが前向いて活き活きしてたのも彼の献身的な動きによる部分が多いだろう。
その動きは貴重だが、そんなときはシュートの精度が著しくひどかったりするんだよな、赤嶺は。
どっちもこなせないと、代表はおろか、代表クラスとのセンターバックとの対決という壁を超えられない。

しかしその赤嶺トップの形、左にカボレ、右にエメとワイドに開いた3トップ気味の布陣は面白かった。
それこそバルサ仕様ww
カボレの左はその圧倒的な推進力で縦に斜めにディフェンスを切り裂き、試合通じて前向いてプレーする時間が増えたゆえのゴラッソだったと思う。
エメは便宜上のポジショニングだったと思うが、同じくサイドにいることでフリーで受ける回数が増え、また、コンダクターなので長友の上がりも絶妙に誘発してて、攻撃のリズムを生んでいた。

中盤センターは羽生・今ちゃん・梶山で構成。
バランスとりつつも羽生は相変わらず前の3人を追い越したり、ペナに侵入したりとバイタルでの動き、今ちゃんと梶山はどちらかがディエゴを見つつ、機を見て攻撃参加というスタイル。
梶山は前半の早い段階で3本くらいシュート打ってたかな?
前半は三者三様で攻撃に絡め、しかも前からのチェックが効いていて、ディエゴ以外でも福西や菅原からの展開を封じていたので、大黒・飯尾の2トップを孤立させることに成功した。

スタンドのコンディションもきつかったが、ペナの白線が見えにくくなるほどのピッチで小気味良いパス回し。
本当につなぎの部分はうまくなったなーと、どんな負け試合でも思う。
それに加えポジションごとの踏ん張り、先制点、攻守ともに磐石の前半だった。

c0025217_1117235.jpg
c0025217_11172974.jpg
c0025217_11175055.jpg
c0025217_11175649.jpg
c0025217_1118370.jpg
c0025217_1118983.jpg
c0025217_11181528.jpg
c0025217_11182198.jpg
c0025217_11182791.jpg
c0025217_11183221.jpg
c0025217_1118389.jpg

後半。
出ました、2点目取れない症候群。
前半もカボレのミドルの前の空振り、バッチリはまったエメ→羽生→カボレのカウンターと2度ほど決定機があった。
後半は長友のオーバーラップが冴え、赤嶺に2度ほど決定的なシュートチャンスがあった。
そうこうしてるうちに今ちゃん、梶山のギリギリのバランスが崩れだし、ディエゴがフリーになる回数が随分と増えたなー、危ないなーなんて思ってたら失点。
ディエゴが掴みきれなくなってきたところにレアンドロも入ってきて、完全受け身だったね、あの瞬間。
イタリアにメシ食いに行ってただけだと思ってたけど、運動量多いしああいうフィニッシュといい、体に染み付いてるものはあるんだな、大黒は。
しかしこっちがボールをずっと支配して、ペナまでパスワークで崩してって、でもフィニッシュまでいけなくってな展開でベルディに一刺しやられる、そんな試合を見る日がくるなんて。

中盤のバランスを取り戻すために浅利を入れ、引いてくる相手と停滞気味な前線をフレッシュにと石川投入。
浅利を避けるようにレアンドロはサイドに流れ、中盤の優位性は復活。
石川はいまいち何がしたいのか見えず、せっかくの好機にもパスがマイナスになりすぎたりと、試合に入りきれなかった様子。
それでもかさにかかって攻め、例の長友のゴール。
チームにも長友にとっても大きなゴールだったのに。
今ちゃん確かによけた風の動きしてるけど、あれで関与、という扱いは厳しすぎると思うし、少なくともライマンに判断できるプレーじゃなかっただろ、ゴルァ。
逸れるが、決して覆らないのは承知の上で、チームはリーグに抗議するとかしたほうがいいんじゃない?
たとえポーズだとしても、雰囲気悪いしさ。

時間的にもあの幻ゴールは痛かったか。
あれ以来攻撃はまたしても散発、しかも相手はドン引きでこっちも動きが少なくなった中、徐々に集中力が欠けてきた。
こういうときの塩田のミスキックがまた萎えるんだよなー。
で、またディエゴがフリーになってきたなーっと思ってたところのミドル→コーナー→失点→ジ・エンド。
最後の15分はまた、メンタル不足、感じちゃったかもな。

笛鳴ってベルディのやつらが土肥にかけよってたのが印象的。

c0025217_11185466.jpg

浦和、ベルディにホームで連敗ってすごいよね。
屈辱的というか、なんか拷問っていうか、なんかの修行?
つらつらとサッカー的な感想もあるけど、単純に辛いわ。
絶対的に前進してる部分はあって、まったく進歩が見えない部分もある。
去年までとの比較は選手も替わってるわけだし、むしろ今年の戦力で、今年やってることで、という評価が正しい。
その意味ではここ2ヶ月くらいの体たらく(+ホームで絶対に負けたくない相手に連敗)は、ブーイングが出てもおかしくない。

ただそのブーイングが今年のチームの全否定であってはならないと思う。
指揮官や助っ人のダメだしをヒステリックに叫んでも意味はない。
前半の好調と後半の苦しい戦い、天秤にかけるともう、前半の貯金は使い果たした。
連敗をしなかったチームは、連敗に慣れつつある。
ここからは這い上がっていくしかない。

とりあえず、もう木曜には柏戦だよ。
また雨みたいだけど、ここが踏ん張りどころだ、頑張ろう。
by blue-red-cherry | 2008-08-25 11:19 | FC東京
<< PIZZA SALVATORE... 中華そば 青葉 >>