絶品鶏うどん

雷死ね。
氏ねじゃなくて、死ね。
いきなり「死ね」とか書いてお恥ずかしい限りですが、なんなのもう!!
恐ろしすぎるでしょ。
木曜の夜も2時くらいまで飲んで、4時の雷鳴で目が覚めて結局6時半に雷雲が通り過ぎるまで寝れず、寝不足で出社。
金曜はゲリラ雷雨が始まる直前に家に着き、始まったらイヤフォン装備で音ガンガン、雨戸もガッツリ閉めた暗室状態で耐えつづけるも、気になってなかなか寝付けず、寝た気がしないまま今にいたる。
マジ世田谷雨降りすぎ。
つか雷雨多すぎで東京オワタって何度も思ったよ。
もうこれだけ続くとゲリラじゃなくってテロ、もしくは侵略を受けてる感じだ。

昨夜はそんな中、炊飯器鶏を久々に作っていた。
が、1時間~2時間くらい蒸したら食べようと思ってたんだけど、暗室を出るのが嫌になり、かろうじてスイッチをおやすみ保温にして、なんとさっきまで蒸してた。
まあ驚くほどのビビりぶりなんだけど、そんでさっき炊飯器開けてみたらすごいエキス!
こりゃ美味そうだと、その汁をまんま使って鶏うどんにしてみた。

c0025217_13163061.jpg
c0025217_131762.jpg
c0025217_13171498.jpg

めちゃくちゃ美味い。
炊飯器から鶏を取り出して刻む。
さすがに蒸しすぎて、包丁を入れると崩れてしまったが、ほぐし身だと思えばあり。
それで鶏エキス染み染みの汁から灰汁をとって鍋に入れ、水と若干の醤油を入れて温める。
刻んだ揚げとねぎを加え、鶏を戻してうどんと茹でて出来上がり。
透き通った汁!
何よりこの汁が美味い。
見た目の美しさも素晴らしいが、それでいて確かに香る鶏エキス。
さすがに時間かかってるだけあって、その濃厚さはたまらない。
そうそう、鶏を蒸すときに塩と鶏がらを多めに入れたのが正解だった。
鶏の身もしっとりやわらか、淡白な味わいだが、濃い目のスープで食べればバッチリ。
うーん、ビビりの功名だわ。

今はひとときの安らぎ中。
さっき食料を買い込み、ビデオも借りてきたし、PC壊れたらやだからさっさと電源落として今日も篭城だ。
これからどうせ、また来るんでしょ。

もう雷にはうんざりなんだぜ。
by blue-red-cherry | 2008-08-30 13:26 |
<< 水の眠り 灰の夢 柏レイソル×FC東京 J1第23節 >>