究極の塩らー麺

土曜の引き篭もりデーで食べたカップ麺。
かの「本丸亭」と東京1週間が監修し、明星から発売されている「究極の塩らー麺」
最近のはよくできてるから、自ら究極と名乗っちゃってても侮れない。

c0025217_0363836.jpg
c0025217_0364687.jpg
c0025217_0365298.jpg
c0025217_0365836.jpg
c0025217_037571.jpg

透き通る塩スープ。
およそカップ麺とは思えない。
塩気が強いのも、ただしょっぱいというよりは純度の高い塩、お店で出してるものに結構近づけることができてるのでは、と思う。
麺にも工夫が凝らしてあり、平打ちの縮れは単純に好みなので嬉しい。
食べ進めていくとそこはカップ、若干の単調さで飽きてくるが、本店でも出している赤丸辛味噌(もちろんクオリティは異なる)を混ぜればまったく違う味に。

もちろんカップの域ではあるが、たまにカップで食べるのであれば、全然ありな部類。
いい時代になったもんだ。
by blue-red-cherry | 2008-09-01 00:52 | ラーメン
<< ラ・リューシェ ボーン・アイデンティティー >>