すし銚子丸

久しぶりに実家に帰る。
経由する駅や最寄駅とその街並みの変化に、いつも驚かされる。
近いんだけど、結構離れてるんだなと。
街道沿いで見かけてたが入ったことはなかった「すし銚子丸」で家族団欒のディナー。

c0025217_20462285.jpg
c0025217_20463127.jpg
c0025217_20463825.jpg
c0025217_20464464.jpg
c0025217_20465178.jpg
c0025217_20465728.jpg
c0025217_2047584.jpg
c0025217_20471243.jpg
c0025217_20472068.jpg
c0025217_20473498.jpg
c0025217_2047418.jpg
c0025217_20474944.jpg
c0025217_20475787.jpg

回転寿司ではいつも食べたいものを注文して握ってもらってるんだけど、ここはメニューにあるおすすめのセットがお得。
例えば大トロとサーモンの豪快3貫握りだと、399円で大トロ、サーモン、いくらが1貫ずつ食べられる。
同じく秋の大漁3貫は、かつおにさんま、ぶりの組み合わせ。
こんな風にお得なセットを使いつつ、あとはお好みを握ったりで楽しんだ。
大トロ、中トロ、赤身、かつお、ぶり、さんま、キス、こはだ、シマアジ、やりいか、炙りとろサーモン、たこ、真鯛、あんきもなどなど。
終盤に嬉しいサプライズ、板さんよりマグロ解体ショーのアナウンスが。
でもって、切り立てのマグロを握ってくれるという。
かなり後半に差し掛かってたので正直腹は詰まってたが、赤身と中トロをいただく。
切り立て、ハンパねー!
柔らかさとしっとり感は極上の生肉のようで、磯臭さは微塵も感じない。
ほどよく乗った脂身と締まり感がどちらも最高級で、これは衝撃の味だった。

家族4人で飲み食いしてひとり3000円程度のコストパフォーマンス。
待ちの客が絶えないのも納得。
チェーンの回転寿司と、侮るなかれ。
by blue-red-cherry | 2008-09-07 20:54 |
<< バーレーン×日本 2010FI... 大戸屋 >>