ドクタートーキョー

c0025217_15475565.jpg

フリースタイルを発信する「ブログ」に、UMB2008の東京予選では伝説のユニット時代の相方・ルミを決勝で破っての優勝と、話題に事欠かない般若の最新作「ドクタートーキョー」
妄走族があまり得意じゃないこともあって、妄としてのアルバムも、ソロアルバムもほとんど聞いたことがない。
評判の良さと、先行で流れた「夢の痕」の出来が良かったので聞き始め、聞き込んでいる。


般若といえば、歯に衣着せぬ物言い。
本当に気持ちいい。
個人攻撃は避けた、というようなことをインタビューで見たが、個人攻撃じゃなくても社会や音楽、それこそヒップホップに対する熱い思いを包み隠さずスピットしている。
蔓延るプロパガンダを切るスタイル。
何も押し付けられるだけがプロパガンダじゃなくって、ある種洗脳されてる人たちの立場である民衆が己で己を洗脳しあう風潮を歌う「ホントのコト」とか、ドキっとさせる。
オレ、なんでもかんでも間違いないっていいがちだもん。
メディアと芸能と、その象徴的な、そうかがっかりなことをぶっちぎる「関係あんの?」も刺さる。
ただシステムを切るだけでなく、最後のヴァース、自分を内包するヒップホップへの鋭い言葉があるから重みを増す。

ビジュアライザーとしても一流だ。
ヴァースごとに少女、少年と姿を変える主体の切ない人生を歌う「FLY」、般若のディス対象だったKダブシャインの「スタア誕生」を思い出させたのは皮肉だが、セピア色の情景が目に浮かぶ。
色で表するならモノクロの都会を深くエグった「吸われた街」もグっとくる。
オレも空気以外は吸わないからさ。
なんとなく当たり前になって「良し」とされている現状、害なく過ごせちゃう現状を憂うっていうか、オレは気に食わないみたいなことを言ってのける姿勢って問題提起なんて大それたものじゃないけど実際問題意識を持つ人を生むだけの威力がある。

「Ah Yeah」みたいなわかりやすいユーモアはあまりない。
しかし耳かっぽじって聞けばシリアスなだけじゃない、ブラックユーモアは散りばめられている。
このアルバムの作りで徹底されているのは聴きとりやすさだと思う。
一本で録られたボーカルには混ざり気も飾りもなく、ストレートに耳に迫る。
トラックもガチャガチャ五月蝿いものは一切ない。
「夢の痕」こそ楽器の種類も転調も多いが、ほかはいたってシンプル。
「ホントのコト」とか「関係あんの?」とか、攻撃的なリリックにはヒップホップマナーに沿ったビートが鳴り、叙情詩を思わせる「FLY」や「吸われた街」にはメロウなトラックがハマる。
ラップでも歌でもないフロウが扇情的な高まりを聴かせるラブソング、「月が散りそう」はその言葉すら溶け込みそう。
ひとつ、心酔している般若には申し訳ないが、オレ個人としては長渕剛に興味がないため、「チャレンジャー」が浮いて聴こえるのは仕方ない。
まあそれを差し引いても非常に完成度の高いアルバムだと思う。

考えさせられもするし、胸のすく思いも味わえる。
ほかのアルバムも遡って聴きたくなった。
んでもって、こういう↓ガッツリ歌っちゃってるのも聴きたくなった。


インタビュー読んで、ブログもチェケりましょう。
by blue-red-cherry | 2008-09-11 15:53 | 音楽
<< The Million Dol... 豚大根しゃぶしゃぶ >>