FC東京×大宮アルディージャ J1第24節

c0025217_19172297.jpg

ワールドカップ予選とナビスコ準々決勝を挟んだ中断を経て、今季何度目かの再開となったリーグ大宮戦
ホットラインで城福さんも行ってたが、今年中断明けはあまり良い思いをしていない。
しかもホーム大宮戦は碌な思い出がない。
西が丘でも飲んじゃってたし、蒸し暑さで試合前から飲んじゃってたしであんまり覚えてないんだけど、それでも前半戦はイライラ見てた。
でも久々の勝利の余韻を前に、ほとんど吹き飛んじゃったわ。

c0025217_19233462.jpg
c0025217_1923421.jpg
c0025217_19234776.jpg
c0025217_19235489.jpg
c0025217_1924131.jpg
c0025217_1924948.jpg
c0025217_1924354.jpg
c0025217_1924449.jpg
c0025217_1925380.jpg
c0025217_19251159.jpg
c0025217_19251766.jpg
c0025217_19253036.jpg

カボレの決定機が入ってたら印象も全然違うだろう。
アウェーでの大宮戦を思い出す、東京の攻めはビルドアップのパス交換に加え、裏を狙うボールが多かった。
左サイドが定まったカボレが一旦受け、カボレは裏へ、落としを受けた中盤の選手がフィードする。
赤嶺がセンターバックと競り合うストレートなロビングも多用。
さらには羽生や梶山が飛び出すパターンもあり、とバリエーションは多い。
ただしそれがうまくいっていたせいで、それ以外のパターンが少なかった印象。
長友、徳永の上がりはほとんどなかったし、いつも見られるフォワードとオフェンシブが絡むペナ付近でのワンタッチプレーで崩す形もあまりなかった気がする。
裏狙いがうまくいっていただけに、サイドも絡めて押し引きできれば面白かったかも。
でも繋ぎで崩すだけではなく、速い攻撃で決定機を作り出せたのは今後に向けて好材料だし、練習の成果が出たという意味で悪くない前半だった。

イライラしたのはちょっと受け身の守備だったことかな。
大宮は小林慶や藤本を欠いたことで中盤の組み立てを減らし、長身のラフリッチ、デニスマルケス目掛けた縦ポン、もしくはサイドバックを押し上げたサイド攻撃が主。
対抗策として今野をCBにあてがったものの、ラフリッチはデカイだけでなく体の使い方もうまく、少しずつ少しずつラインが下がってしまっていた。
大宮の中盤はボールを動かすことよりもプレスに適した人材をそろえており、トップへのボール配給はレアンドロが担っていたが、彼に対するプレッシャーが甘く、確かにあそこまで追い込むことは難しいかもしれないがいくつか良いフィードを食らっていたのが歯がゆかった。
あと、サイドの守備も受け身。
攻めの部分であまり上がりがなかったことにも起因するか、ここでも前がかりな相手SBに後手になり数回侵入を許していた。
この辺にイラっとしてたような。

c0025217_19464455.jpg
c0025217_19464995.jpg
c0025217_19465624.jpg
c0025217_1947026.jpg
c0025217_1947853.jpg
c0025217_19471325.jpg
c0025217_19472456.jpg
c0025217_19473022.jpg
c0025217_19473590.jpg
c0025217_19474157.jpg

良い面も悪い面もありつついまひとつすっきりしなかった空気を一変させたのは石川の投入で間違いないだろう。
これまでも体調の良さをうかがわせる躍動を見せていたが、いまいちチームの歯車として噛み合わずに終わることが多かった。
それに対して昨日は、自らの動きで周りを巻き込んでいく、歯車になるのではなく、自分が車輪を回す役目、ペダルのようにチームの攻撃に推進力を持たせた。
エメは決して不調だったとは思わない。
ボールタッチもドリブルもいつもとさほど変わらない。
しかし何もかもが少しずつズレていて、パスが10㌢、トラップも10㌢、周りを動かして生きるタイプだけにちょっとのズレが致命的だった。
石川はエメとはまったく違う役割でチームを活性化した。
高めの位置取りそのままに相手のパスの出所に蓋をし、マイボールになった際はサイドに中央に、空いてるところ目掛けて一直線に飛び出していった。
球離れの判断もよく、周りを使いながら使われる、フィニッシュにも積極的に飛び出していき、自分のやりたいことと求められていることをシンプルに捉えられていたのではないか。
赤嶺のチーム400ゴール記念弾に繋がったコーナーも、ナイスキックじゃないかww
最後のカウンターといい、躍動するナオの走りっぷりは見てて楽しいよ。

赤嶺の勝負強さも特筆すべきだ。
カボレや平山のような傑出した武器こそないものの、いまやリーグ日本人得点王(実質)だよ。
あのコーナーからのヘディング、滞空時間が長いボールだったしコースも勢いもあの状況でできるベストに近いものだったと思う。
持ち前の粘りに加え強さが出てきた。
3点目の位置取りは真骨頂だし、平山やユースケは相当焦ってるんじゃない?
赤嶺に求められているのは結果だし、120点の出来だった。

c0025217_2044070.jpg
c0025217_2044965.jpg
c0025217_2045525.jpg
c0025217_205129.jpg
c0025217_205776.jpg
c0025217_2051333.jpg
c0025217_205269.jpg
c0025217_2053526.jpg

昨日の東京は2弾スイッチだった。
停滞するチームに流れを与えビハインドを追いついた石川弾に続き、堅牢な大宮ディフェンスをこじ開けた大竹弾。
大竹のゴールはドラマチックだなあ。
あのループといい、今回の直接フリーキックといい、決めるゴール決めるゴールが美しく、かつその試合でも重要な意味を持つ。
リーグ序盤の華々しいデビュー以降、激しいマークでプロの洗礼を受け、そこから屈せずにしっかりチャンスを待ち続けて準備してきた結果だろう。
ギリギリの高さで壁を越えてサイドネットに突き刺さる、これ以上ありえない弾道。
梶山の広島での爆裂無回転は見ていないので、いつかのアウェー神戸、宮沢以来の直接弾だ。
彼がここまで努力してきたのはこのフリーキックのみならず、相手に挟まれても倒されかけても前に進む、突破の迫力に現れていた。
大竹の反抗は残り10試合、東京の背中を押してくれるはず。
昼に見たユースを思い出す。
去年唯一ユースを生観戦したのが等々力での子ラシコ。
あのとき大竹を見てその清々しいプレーを頼もしく思ったが、あの彼はオレが思うより斜め上をいく成長曲線を描いている。
そう思うとユースっ子たちを思う気持ちも深くなっていくなあ。

期待の鈴木達也もその期待をさらに膨らませてくれるデビュー戦となった。
チェックに戻りに惜しみない運動量。
ゴールという目的に繋がる線の上を走る攻撃性。
連携を深めればいろんな選択肢がありそうだし、また個の特性を生かすならばスーパーサブとしてのリズム付けにも向いている。
1日で判断するのは早計だが、いい補強だったのでは。

あ、あと今野だな。
今ちゃん、前半の出来に決して満足してなかったと思うし、後半立ち上がりから球際の強さを見せ付けてチームを鼓舞していたように見えた。
割と深い位置まで追いかけてのボール奪取に、やっぱり中盤より前で使いたい選手だと思ったが、彼らしいチームへのメッセージは確実に届いていたと思う。

c0025217_20171434.jpg
c0025217_20171970.jpg
c0025217_20172492.jpg
c0025217_20173016.jpg
c0025217_20173569.jpg

どうでもいいけど、シャーのハードル下がってないww?
なんかいきなり、はじめましての達也(オレも馴れ馴れしいww)にやらせちゃってさ。
でもあの柏からきたんだし、なんだかへんてこなシャーは、長友の三ツ沢でのでんぐり返しを思い出させてもらったよ。
末永くよろしくです。
佐原ともども、マジで東京に家買っちゃえ!

石川のお立ち台のこなれた感じも笑えた。
つか、いい感じに顔締まってるし、マイルドにワイルドなあごひげといい、頭のゴムバンドといい……イエスにしか見えないww
このまま神がかったプレーを見せてくれればいうことないけど。

逆転勝ちは気持ちいいね。
チームにもリズムが生まれるはず。
カボレとエメは悔しさが残るだろうし羽生の怪我も気になるけど、サブを含めた全員で取ったこの勝利は大きい。
この勝利の価値をより高めるためにも次、川崎に勝って勢いつけよう。
川崎、磐田、札幌と連戦になるがここで勝ち続ければ上位戦線に再浮上できるはず。
今季の戦いの分かれ目となる秋の連戦、楽しませてもらおう。

c0025217_20231138.jpg

by blue-red-cherry | 2008-09-14 20:30 | FC東京
<< 麺 高はし サンフレッチェ広島ユース×FC... >>