麺 高はし

c0025217_2249590.jpg

いやー、東京三昧の連休だった。
連れにはどこかでガッツリお返ししないと。
つか、今日の勝利で来週末もユースとトップでたっぷり楽しむつもりなので、お返しは豪勢にしないと……。
で、連休初日、土曜の西が丘前に赤羽に出て、「麺 高はし」
11時の開店から13時前には麺切れちゃうってほどの人気店。
チャレンジしてよかった~。

c0025217_22515986.jpg
c0025217_2252832.jpg
c0025217_22521435.jpg
c0025217_22522116.jpg

肉入りつけそば。
甘酸っぱくない、という触れ込みもあるようで実際動物の、豚のエキスがビンビンに尖ったパンチ力十分の味。
さすがだね。
豚足を煮込んでるらしいけど、人気のある店、並んでも食べたい店って個性を出す努力を惜しまない。
長い時間かけたからこそ出る強烈な風味は、醤油に濃厚な旨味を与える。
肉入りの肉もすごい。
分厚い短冊切りがゴロゴロとつけ汁を満たす。
噛むごとに旨味が溢れる柔らかい肉厚が至福の喜びを与えてくれる。
浅草開花楼産の太くコシのある麺がまた、つけ汁とがっぷりよつ。
旨味が凝縮されたつけ汁を絡めとる。

c0025217_22593273.jpg
c0025217_22594113.jpg

スープ割りで表情はガラっと変わり、濃厚豚汁に負けない魚介エキスが流れ込み、上質のWスープの完成だ。
こりゃあ飲み干すしかない。
どこかでもそうだったが、麺をつけて食べる段階は動物を立たせ、つけ汁でダブルを楽しむ。
このスタイルが結構気に入った。

携帯電話使用不可とか、1万円札でのお支払いお断りとか、そういうことを言う権利がある。
営業時間が短いのもうなずける。
ご主人ひとりで切り盛りして、最大限美味いものを食わせてくれるという気概が伝わってきた。
またいつか食べたい。
あ、写真は要許可で。
by blue-red-cherry | 2008-09-15 23:03 | ラーメン
<< 白木屋 FC東京×大宮アルディージャ ... >>