うさぎ

c0025217_100146.jpg

ラーメン行脚、神泉シリーズ第2戦は「うさぎ」
きゃわいらしいうさぎの絵がトレードマークだが、道玄坂を登りきって東急ステイの先にあるお店はこじんまりと、シックに佇んでいる。
落ち着いた店構えがこれまた、神泉というエリアにマッチしている。

c0025217_1015358.jpg
c0025217_102047.jpg

連れの頼んだラーメンから先にサーブされた。
煮干の香りが漂う、濃縮された魚介醤油。
節系もしっかり香る強度の魚介系で、なかなかパンチが効いている。
麺は細麺。
チャーシューが炙りチャーシューで、その影響か、焦がしの香ばしい香りも混じる。
アベレージが高いといった感じのラーメン。

c0025217_1043889.jpg
c0025217_1044719.jpg
c0025217_1045458.jpg
c0025217_105184.jpg
c0025217_105716.jpg

オレは例によってつけ麺。
こっちは麺が中太がデフォ。
つるつるもっちり、喉越しがいい、食べやすさ優先の麺。
つけ汁も魚介エキスは若干抑え目、醤油の濃度が増したことでインパクトがアップしている。
麺との相性もよく、さくっと食べられる。
普通盛200、大盛り300が選べるが、成人男子は大盛りで問題ないと思われる。
ラーメンにもつけ麺にも卵をトッピングしたが、弾力のある白身、ひんやりとろける黄身とレベルは高い。
スープ割りで出される別皿のだしは魚介や昆布などのエキスが丁寧にとられた「和」を強烈に感じるだし。
だし単体でも美味しいほどの出来で、混ぜればしなやかな魚介醤油に。
それでも醤油のパンチが効いてて飲み干せなかったが、美味しかった。

場所柄もあるが、女性もひとりでも楽しめそうなお店だ。
by blue-red-cherry | 2008-09-19 10:09 | ラーメン
<< Snacks グッド・シェパード >>