川崎フロンターレ×FC東京 J1第25節

c0025217_9544676.jpg
c0025217_9545859.jpg
c0025217_95544.jpg
c0025217_9551017.jpg

上位をかけた緊張感のある戦いを続けるため。
去年のリベンジを果たすため。
いろいろな理由でアウェーながらも勝ち点3が欲しかった川崎戦
ただじゃ終わらない多摩川クラシコだけど、だからこそ1-0という結果が嬉しい。
赤嶺の負傷退場、今ちゃんの一発退場を誘発と、遺恨の芽も出てきたかな?
またひとつ両チームの戦いの歴史が積み重なった。

c0025217_9585461.jpg
c0025217_959062.jpg
c0025217_959613.jpg
c0025217_9591175.jpg
c0025217_959188.jpg
c0025217_9592440.jpg
c0025217_9593016.jpg
c0025217_9593559.jpg

その後の数的不利な状況を待たずして、序盤から劣勢だった。
3トップに谷口、ヴィトール・ジュニオールが絡み、中村憲剛がタクトを奮う攻撃陣は非常に厚みがある。
基本、テセに当ててセンターの3枚が受けてパス、飛び出すパターンと、どちらかのサイドに基点を作っては憲剛を経由してガラ空きの逆サイドにSBを上げて中央へクロス、という2パターン。
特に後者ががっちりハマり、両翼にカボレとエメを置く東京に対し、サイドの2弾ロケットで押し込んできた。

左右に振られる耐えの時間が続いた中で、赤嶺のゴールがでかかった。
快心の、という美しいものではなかったが、セットプレーから点が取れるようになってきたのはデカイ。
まさに一刺し、フォワードの仕事をしている赤嶺の充実ぶりが素晴らしい。
結果としてこのゴールは本当に大きかったし、それを除いてもカボレとエメがワイドに開く中、トップで体を張りながらも裏を狙う意志が見え、それが相手センターバックのみならず中盤へのプレッシャーにもなっていた。
前から追う姿勢も素晴らしい。
平山はタイプが違うから一概に比較はしないが、赤嶺の負傷退場がその後の受けの戦いを助長したのは間違いない。
一刻も早い回復を祈る。

c0025217_1095243.jpg
c0025217_1095874.jpg
c0025217_1010462.jpg
c0025217_1010132.jpg
c0025217_10101910.jpg
c0025217_1010242.jpg
c0025217_10103117.jpg

押し込まれる展開で光ったのは長友と今野。
個のボールを奪う力が際立った。
長友は自身のサイドで黒津や、流れてくるヴィトール・ジュニオールに対峙するのみならず、危険察知能力とでもいうのか、ペナ内で窮地を救う場面が多かった。
逆サイドからのクロス、カウンターへの対処、かなり助けられた。
同様に今ちゃんもボール奪取能力を輝かせていた。
浅利、梶山と並ぶフラットな中盤は互いのバランスを気にかけ合うことで攻守にチャレンジがしやすい環境だった。
攻撃面の飛び出しこそ羽生の不在を強く感じさせたが、守備面ではゾーンを抑えると同時にアタックも叶い、今ちゃんの良さが目立つ流れだった。

それだけに悔やまれる退場劇。
あれはないよ、あれは。
終わったことだから仕方ないし、あれと赤嶺の怪我でチームがまとまったという意見もあるけど、これで今ちゃん2試合出場停止だからね。
肘が入ったから赤って杓子定規すぎるでしょう。
どういう流れでどういう状況で、どういう選手がどういう行為をしたのか。
選手名鑑とかインタビューとか読んで勉強しとけよ、審判も。
主観や私情は絶対に挟んではいけないが、今ちゃんがあの場面で故意に肘打ちするかっつうの。
代表戦くらい見てるだろ?
もう結構長いこと呼ばれてるのにいまだに初々しさを出しちゃうトゥーシャイシャイボーイだぞ、こら。
憲剛にもイラっときたね。
対談であんだけスマートなエール交換しときながら今ちゃんを貶める大根役者ぶり。
悪いことすると、いつか報いを受けるよ。

c0025217_10252219.jpg
c0025217_10252953.jpg
c0025217_10253578.jpg
c0025217_10254154.jpg
c0025217_10254742.jpg
c0025217_10255450.jpg
c0025217_1026235.jpg
c0025217_1026823.jpg

50分を10人で耐えた試合、全員が頑張らなければ得られない勝利だった。
コンディション不良が伝えられたカボレは確かにいつものキレがなかったが、前半から不得手な守備で自陣まで戻ったりと、限界まで献身的な動きを見せた。
攻撃の手駒が少なく(受けてという意味でも赤嶺と羽生の存在感はホント大きい)、才能を十分に発揮できなかったエメも守備に奔走してくれた。
塩田もビッグセーブを連発した。
気持ちが入りすぎてペナ飛び出しちゃったりとか、相変わらずキックがぶれたりとか、いろいろあったけど塩田の頑張りや煽りがスタジアムの一体感を生んでいる。

平山の頑張りも書かなければならない。
彼が出てきたばかりのときにおかしたトラップミスを拾って「木偶の坊!」と罵ったおっさんに、その後の献身的な動きはどう映ったのだろう。
確かに好調赤嶺のあとに出てくるのはやりにくかったろうが、同じことをするのではなく、空中戦にポスト(ポストにすっぱ抜かれたってことで笑い話にしちゃえばいい、あ、余談ね)、出来ることをやり続けた。
カボレの動きが少ない分、サイドに中盤に大きく動いてたのも印象的。
後半もじりじりと続く劣勢の中、数少ないマイボールの機会を必死にキープし、きわどいシュートをも放った。
モチベーションの高さがうかがえる。
頼もしい。

c0025217_10344720.jpg
c0025217_10345340.jpg
c0025217_10345895.jpg
c0025217_1035370.jpg
c0025217_10351421.jpg
c0025217_10351945.jpg
c0025217_10352571.jpg

エースの負傷退場でカードを一枚切り、前半から退場者を出す。
そんな展開で、交代のカードの切り方はひとつ大きな鍵になると踏んでいた。
だが意図ははっきりしていた。
カボレが時間限定だったのも幸いしたし、守りの意志を貫く判断ができる状態だったのもポジティブに捉えられた。
中央は序盤から強固に固めていたので、劣勢を強いられていたサイド、ここの強化という補強ポイントも目に見えていた。
攻守に上下動多く、チェイスだけでなくカウンター、ポゼッションの推進力も期待できる達也。
陣形ができているときこそ、その高いインターセプトの能力を生かせる藤山。
どちらも期待通りの働きを見せ、快心の交代劇だったと思う。
タッツミーも脱帽のヒッロシー采配だったね。

c0025217_10421125.jpg
c0025217_10421769.jpg
c0025217_10422383.jpg
c0025217_10422888.jpg

引っ張ったが、キャプテン・佐原である。
この試合で佐原にキャプテンマークを預ける城福さんも城福さんだよ、気持ちが出すぎるタイプだって知ってるのに、まったく。
テセとのマッチアップで早々にイエローをもらって目が覚めたか、そこからはクレバーなポジショニングから深追いせず、空中戦に足元に、ベストな対峙でディフェンスしていた。
だが出来に関してはモニに感謝しないとね。
イエロー後はテセのマークを変わっただけでなく、カバーリング能力の高さが光まくってたから。
モニの完全復活が佐原を(チームを)支えていた。
嬉しそうな佐原を見て、泣けてきた。
あの子供みたいなガッツポーズ、ヤバイ、惚れるって思ったよ。
等々力でまさかのシャー2連発。
これは小平に家買っちゃうといことで、よろしかったでしょうか。

試合終了の笛を聞き、バタっとピッチに倒れた選手たち。
胸が熱くなった。
予期せぬ事態に一体感を増したゴール裏の雰囲気も最高だった。
火曜、日曜と連戦で戦力を欠き、苦しい状態になったが、それだからこそ全員で勝ち取ったこの勝利は大きい。
自分たちのサッカーができずとも勝ち点を積み上げられた。
こうしてオレたちはさらなる上のステージにチャレンジしていくんだ。
気持ちいい戦いをありがとう、東京。
残り9戦、最後まで戦おうぜ。
by blue-red-cherry | 2008-09-21 10:50 | FC東京
<< FC東京U-18×流通経済大学... ラーメン二郎 武蔵小杉店 >>