FC東京U-18×前橋育英高校 高円宮杯全日本ユース 準々決勝

c0025217_2311290.jpg
c0025217_231178.jpg

フクアリが出来て以来は初、3年ぶりの臨海で高円宮杯準々決勝
トップとユースあわせて4日間で4試合という夢のようなスケジュール!
味スタはしごをスムースにするために、五井駅でレンタサイクルして、久々の立ちこぎで馳せ参じた。

c0025217_233554.jpg
c0025217_234490.jpg
c0025217_2341091.jpg
c0025217_2341654.jpg
c0025217_2342238.jpg
c0025217_2342955.jpg
c0025217_2343688.jpg
c0025217_2344228.jpg

離脱中の山村、流経戦で負傷した大貫を除いた現時点でのベストメンバー。
流経とインターハイを分け合った前橋育英と組み合った前半は中盤の構成力、個の力で相手を上回った。
フラットに山浦、三田、江口、パブロと並ぶ東京の4枚に対し、前橋育英は真ん中に集まり気味のボックス。
両サイドをSBとSH、2弾で構える東京に対し前橋の攻めは自然と真ん中に集まりだす。
長身フォワード目掛けての放り込みは畑尾と藤原が跳ね返し、中盤でのボール回しに対しては江口のファーストチェックに三田がポジショニングでカバーリングという形がハマる。
すべての時間ではないが多くの時間でセカンドを拾える展開は、こちらの惜しみない運動量が引き寄せたものだが、トータルで考えたとき、良い流れだった。

とはいえ2日前の激闘の爪あとは残っており、たたみかけるような攻撃はない。
重松、岩渕に当てる形が多く、パブロの突破も抑え気味、サイドバックのオーバーラップも自重。
それでも点が取れちゃうのがすごい。
重松のポストプレーはエリア近くでシュートに繋がる場面でも、ビルドアップの始まりとなる中盤に受けにきたところでも力強く、正確。
運動量も多いし、確実に競る、それを分かってる岩渕が衛星として動くのでこの2人で形が作れてしまう(岩渕の運動量の多さ、無駄のなさも驚かされる)。
先制点が象徴的だ。
決してキレイな落としではなかった重松が競ったボールを最高のワンタッチでディフェンスを振り切りながら前へ出た岩渕、シュートも正確無比、相手ゴールキーパーの股下を冷静に破った。
非常に頼もしい2トップだ。
この2人を差し置いてエースの山村をオレはまだ見たことがない。
今大会は厳しいだろうけど、サハラカップで見れるといいなあ。

c0025217_23264787.jpg
c0025217_23265533.jpg
c0025217_2327121.jpg
c0025217_2327872.jpg
c0025217_2327161.jpg
c0025217_23272441.jpg
c0025217_23273083.jpg
c0025217_23273939.jpg
c0025217_2327468.jpg
c0025217_23275347.jpg

それにしても今日も東京の2ラインは集中していた。
前述したとおりフラットの並びは左右センターのゾーンをしっかり抑え、それをベースにした中盤のプレス。
フラットでありながら江口と三田の縦関係だったり、個々人の判断に優れているので、どちらかのサイドに追い込んで奪う場面、最終ラインや前線と挟んで奪う場面、数的優位を作るのが本当にうまい。
支える運動量ありき、そこに行き着くんだけどさ。

トップに負けじと「いつもの」4バックの安定感も素晴らしい。
畑尾と藤原はそのままコンビで昇格させてもいいんじゃないかと思うほど、大人顔負けのディフェンスをする。
空中戦も足元も力強いし、読みもクレバーだ。
小兵ながらも力強さを感じる両サイドバックも安定している。
疲れもあるだろうが上がりを抑えた今日は、廣木、阿部ともに守備が光った。
コーナーでセンターの2人が上がっても安心できるのはすごい。
ベストではないながらも勝利に近づける、守備陣の安定感は欠かせない。

c0025217_23342016.jpg
c0025217_23342867.jpg
c0025217_23343543.jpg
c0025217_23344360.jpg
c0025217_23344992.jpg
c0025217_23345530.jpg
c0025217_233529.jpg
c0025217_2335862.jpg
c0025217_23351491.jpg
c0025217_23352016.jpg
c0025217_23352673.jpg
c0025217_23353144.jpg

しかしこのまま勝てるほどベスト8は甘くなかった。
きっちり修正してきた前橋は、後半まったく違うチームに。
放り込みは鳴りを潜め、右サイドに配置された10番を中心に小気味よいパス回しで何度も東京の左サイド深くまで侵入してきた。
ペナへ折り返されることもしばしば、寸でのところで耐え続けたがあの流れの中で失点は時間の問題だった。
むしろよく1点で抑えた。
ハイボールをバイシクルで蹴りこもうとした際の不運なイエローで次戦の出場を逃したショックか、徐々に精細を欠いた重松に代わり須藤が入ったばかり、パブロも早々に下がっており、あの流れを押し返すのは容易ではなかっただけにやむをえなかった耐えの時間。
しびれる攻防だった。

c0025217_23435520.jpg
c0025217_2344256.jpg
c0025217_2344880.jpg
c0025217_23441415.jpg
c0025217_23442132.jpg

このレベルで勝ち上がってくるチームにはやはり、確固たる武器がある。
山浦のキックに、畑尾の高さ。
押し込まれ、反攻もままならなかった中での勝ち越し弾、勝負強い。
リスタートのチャンスを作った岩渕や三田のテクニックも忘れてはいけない。
チームとして、組織での守備が充実する一方で、個の力で勝ちを引き寄せる。
快勝、完勝とは言いがたいが、勝者に相応しい戦いぶりだった。

c0025217_23481226.jpg

三田のイエローは異議だったのかな。
ユース、高校生だからスポーツマンシップはより重要視されるんだろうけど、ほかにも当たりの部分だったりリスタート位置だったり、どうも杓子定規なジャッジが目に付く。
だがオレは普段プロサッカーしか見てないわけだし、ユースにはユースの流儀や伝統があるわけで、それは追々知っていきたい。
それにしても流経戦の大量累積警告は痛かった。
準決勝、国立の舞台に著しく充実している重松、そして攻守に存在感を見せていた三田を欠くことになってしまった。
大貫の怪我からの回復が気になるところだが、総力戦、須藤にもコールだけでなくプレーの面でも今夜のカボレのような活躍を願いたいところ。

苦しくなったが、日本のユースサッカーの頂点まであと2勝。
最後の試練だ。
2週間空くこの時間をうまく使い、万全の準備をして臨んでほしい。
もちろん、応援に駆けつけますぜ。

c0025217_2356118.jpg

五井~臨海を往復した相棒。
五井駅のレンタサイクルでシリアルナンバーが「51」だったときに今日のダブルヘッダーが最高の結末になりそうな予感があったもんだ。
なかなか臨海に来る機会はないが、チャンスがあればまた使いたい。
by blue-red-cherry | 2008-09-23 23:58 | FC東京
<< FC東京×ジュビロ磐田 J1第26節 博多水炊き 若どり >>