FC東京×ジュビロ磐田 J1第26節

c0025217_18215199.jpg
c0025217_18215831.jpg
c0025217_1822664.jpg
c0025217_18221368.jpg
c0025217_18222031.jpg

クラシコから中2日、何人かの主力の離脱、残留争い真っ只中の相手、難しい条件が揃ったジュビロ戦
1年間トップグループに手が届くところで戦う、という目標に立ち向かう選手、監督の強い意志はいよいよホンモノだ。
色めきたつ気持ちは抑えつつ(事実オレは「オシムの言葉」のジェフが優勝争いに参加したときの行を引用されて連れに諭されたorz)、オレたちはそういう戦いに臨む東京を応援していくんだという覚悟はしといたほうがいい。

c0025217_1823117.jpg
c0025217_18231095.jpg
c0025217_18231887.jpg
c0025217_18232789.jpg
c0025217_18233434.jpg
c0025217_18234217.jpg
c0025217_18235049.jpg

点が取れているかいないか、きちんと守れているか守れていないか、勝ちきれない時期と連勝中の今の違いは当たり前だけれどそんなところだ。
適材適所の人員配置が叶っているか、それもあるだろう。
あとは個々人の意識、調整がうまくいき、何より良いときも悪いときも貫けているチームの戦い方は当然の如く積み重なっていることで底上げされていること。
これが何よりもデカイ。
貫くことでたどり着いた今、それがベースになって点が取れだして、取られなくなって…の好循環。

居場所を見つけたカボレは今までも躍動していたが、結果に繋がった。
前から持論としているが、カボレのベストパートナーは平山だと思う(チームとしてのチョイスとしてはその限りではない)。
平山トップ下起用がハマっていた時期に確率された、平山競る→カボレ拾う、の信頼関係ができている。
自分もこのチームではロングボールに競ることを求められるタイプだからか、平山の競り合い崩れへの反応が一番いいのがカボレだ。
カボレのベストパートナーじゃなくって平山のベストパートナーがカボレなのかな?
とにかくカボレのやることがシンプルで明確に、フィニッシュorラストパス、最後の仕事に絡むことがより濃く見えてくる。
そのための手段が左サイドを切り崩すことであり、抜ききった場所によってシュート、折り返しとできていたんだと思う。
まあ入ってなかったら今までと同じなんだけど。
やっぱポテンシャルは高いよねえ。
オウンゴールを誘った突破、石川へアシストした突破、組織を超えた個があるといざってときにめちゃくちゃ助かる。
先制弾も来る前に騒いでた韓国時代を彷彿とさせるゴール。
ちょっと難しめなスルーパスを選択したあたり、エメはカボレの使い方が分かってるな。
交代時のスタンディングオベーション、試合終了後の挨拶周り、バックスタンドでゴール裏のコールではなく自然発生的にカボレゴールが湧き上がってたこと、どっちも納得。
今朝のトーチュウではケガを騙しながらやるのに慣れてきたなんていってたけど、できれば休ませてしっかり治してもらいたいなあ…でも今抜けられると困るなあ…。
そうそう、カボレのシャーの美しさも特筆モノ。
あのしなやかなカラダの伸び、アマを除けばダントツのカッコよさだわ。
毎週見せてほしいんだぜ。

c0025217_18253460.jpg
c0025217_18254221.jpg
c0025217_18255053.jpg
c0025217_18255867.jpg
c0025217_18264010.jpg
c0025217_18264818.jpg
c0025217_1826542.jpg
c0025217_1827263.jpg

失点シーン前後と後半開始からしばらくは磐田のターン。
駒野か、前田・ジウシーニョ・カレン頼みか、だった前半に対し、村井の左サイドやロドリゴも絡んでたたみかけてきたが、散発の攻撃を跳ね返し続けて耐え切った。
スコアだけ見れば圧勝だが、90分って結構長い。
必ずといっていいと思うが、相手のターンになる時間はある。
ここを耐え切れるようになってきたのが最近の好結果を生んでいる。
ゴールも決め、充実著しい佐原が目立つが、やはり茂庭。
東京は病めるときも健やかなるときも、モニの出来に左右されるんだなあ。
低迷した時期はさまざまな要因が絡まりあった結果だが、安定しない最終ライン、軸に据えようにも出場すらままならなかったモニの不在は大きく響いた。
度重なる離脱、不調を経て今モニは、ここ数年でもっとも輝いている。
スピードが戻ってきたカバーリングだけでなく、対人プレーでも強さを見せ、あまり得意ではなかった空中戦でも存在感を発揮している。
フィードへの取り組みも志した高く、待ちに待っていたときがきた、という気持ちだ。
長友も一時の不調を脱しつつある。
まずは守備から、という感じでここ数試合安定してきたが、昨日はオーバーラップの思い切りも戻ってきた。
無尽蔵のスタミナで試合終了直前まで動き回る姿も戻ってきた。
最終ラインは高値安定。

c0025217_18283015.jpg
c0025217_18283775.jpg
c0025217_18284625.jpg
c0025217_18285240.jpg
c0025217_1829448.jpg
c0025217_18291227.jpg
c0025217_18291981.jpg
c0025217_1829287.jpg
c0025217_18293693.jpg

羽生がいないとフォワードを追い越しての動きが減るけど、彼が出なかったら出なかったで出ている選手の得意な形で点が取れてるのがいい。
ここも同じくベースのポゼッション、局面での数的有利な状況作りは変らない。
石川が入ると俄然サイドが活気付く。
昨日は特に3バックの磐田、高めに両翼を置きたいんだろうけど東京のフラットな2ラインが構えてるのでサイドの位置取りが中途半端。
3バックとの受け渡しや挟み込みも機能せず、左はカボレに、右は石川と長友に破られまくってた。
石川はベンチに座る機会が多いからか、その間も腐らず戦況を見据えてきたようで、「見えてる」プレーをする。
今まで散々あわなかったクロスもきちんと丁寧に、ニアなのかファーなのかマイナスなのか、浮かすのか転がすのか、状況に合わせてプレーしている。
課題に挙げる人も多かった守備面でも自分のゾーンを埋め、前からのチェック、SBのフォローも怠らないし、フィニッシュに顔を出す意思も高いと、こなしているタスクは多岐に渡る。
スタメンで出続けたいという思いが強いと思うが、先発、途中出場、総力戦になる残り試合、どちらでもいける下地があるのは心強い。

c0025217_1830218.jpg
c0025217_18301739.jpg
c0025217_18302952.jpg
c0025217_18303854.jpg
c0025217_18304757.jpg
c0025217_18305488.jpg

梶山と浅利のセンターもよかった。
両者ともに運動量が最後まで落ちず、それにそれぞれの持ち味が光った。
変態キープを連発した梶山は、キープ力、展開力、試合のリズムづけに一役買ったが、特にミスから失点してしまった前半の終盤はその落ちつかせられる力強さがチームを助けた。
一方のサリも危険な場所を察知する眼が冴え、多くのピンチの芽を摘み取った。
枠に飛ばした手ごたえがあったというミドルレンジからのボレーが入ってたら…って今年はやりそうな気がするし、次の札幌あたりで忘れられない思い出をプレゼントしてくれそう。
交代のカードもまたしてもハマった。
劣勢を盛り返しての大勝だが、3点目が決定打だったのは言うまでもなく、そこからの縦に早い攻勢を演出したのは間違いなく大竹。
視野が確実に広くなっている。
ボールを受けてから即、縦に斜めにピンポイントで大胆なボールを送り、前線を動かす。
いいリズムだった。
トドメを突き刺したオレたちの達也も仕事したね。
あの時間にあの運動量、ただ走るだけじゃなくて嫌なところ、チェックにしても突破にしても突いていく。
信男さん@等々力以来の落ち着き払ったゴールには興奮した。
お立ち台での口上にはプレーでハートを掴んだだけでなく、さらにがっちりと鷲摑みにされた。

あと、平山についても少し。
カボレのとこで書いたけど、潰れ役、楔役、経由地としての貢献度はかなり大きいと思うよ。
立場も分かってるから、守備面での必死さも充分伝わってきてるけど、オレには。
点が取れなかったのは残念だ。
ガッカリするミスがなくもない。
でもなんなの、平山ネガティブキャンペーン。
誰か苛めてないと落ち着かないの?
出てきただけで野次があるあの雰囲気。
本当に東京を応援してるのか疑いたくなる。
平山だけじゃなく、ちょっとうまくいかないと、ちょっと押し込まれるとすぐに野次りだす早漏野郎に限って的外れなこと言ってたりする。
嫌な思いはしたくない。
あの夫婦の顔は覚えたから、もう近くには座らない。
誰よりも相太自身がいちばん悔しい思いをしてるはず、必ず結果を出すと信じてる。

c0025217_18314286.jpg
c0025217_18315156.jpg
c0025217_1832074.jpg
c0025217_183284.jpg
c0025217_18321797.jpg

理由なき勝利などない、ので長くなった。
最初に書いたとおり、選手たちの覚悟はホンモノで、だからこその結果だと思う。
いろんな要因が招いた混戦で、なんと暫定首位の大分とはわずかに勝ち点6差。
この緊張感を持続していくには勝ち続けなくてはいけない。
まずは札幌で、全身全霊だ。

c0025217_18323516.jpg
c0025217_18324484.jpg

あの無敵のジュビロが降格争いに巻き込まれている今、クラブの歴史ってのは長く果てしないものだと思う一方で、この今という刹那を精一杯楽しみたい。
by blue-red-cherry | 2008-09-24 18:41 | FC東京
<< 豆乳鍋 FC東京U-18×前橋育英高校... >>