与ろゐ屋

c0025217_950873.jpg

珍しく浅草方面で仕事が入り、以前立ち読みした「東京ノスタルジックラーメン」という本で気になってた「与ろゐ屋」に行ってきた。
仲見世通りを抜けて浅草寺の入り口脇というなかなかナイスな立地。
平日だが、いつもと変わらず観光客で賑わっていた。

c0025217_9525796.jpg
c0025217_953657.jpg
c0025217_9531365.jpg

本で目にしたものそのまま、まさに東京ノスタルジックラーメン。
鶏がらと煮干が香り、ストレートに醤油を味わう。
旨味調味料も感じる、古き良き東京ラーメンの味わい。
こういうスタイルは落ち着くなあ。
ほんのり香る、刻みこまれた柚子が嬉しい。
細縮れ麺にねぎのみじん切り、メンマとこの辺もスープ同様、オールドスクールマナーに沿ってる。
チャーシューメンを頼んだが、ほどよい厚みと脂身に若干の焦げ目の香ばしさ、これもどこか懐かしさを感じさせる。

c0025217_9572778.jpg

場所柄のニーズともピッタリマッチ。
浅草で長く愛されてきているのが納得のお店だ。
by blue-red-cherry | 2008-09-26 10:12 | ラーメン
<< 黒毛和牛もつ鍋 懐炉 月見とろろぶっかけうどん >>