麺屋 彩未

c0025217_1652397.jpg

札幌でのラーメン屋選びは難航を極めたが、ネット上の口コミを吟味して「麺屋 彩未」に決めた。
拠点の札幌駅付近のホテルからは多少距離があるが、そこまでしてたどり着いてこそ美味しい店に出会えそうな気がしたのもある。

c0025217_16525248.jpg
c0025217_1653158.jpg
c0025217_1653860.jpg

札幌駅から東豊線に乗ってしばし揺られる。
札幌ドームの最寄り駅のひとつ前、美園駅からは歩いて数分、回転11時を30分ほどまわっての到着だったが、店内店外あわせて15人程度の行列。
ここも観光客と地元の常連が同居していた。
暖簾や店内に寄贈されたモニュメント等、札幌味噌ラーメンの代表格、「すみれ」の系統であることを知る。
してサーブされた味噌ラーメン、表面をラードが覆って熱を保つスタイルは「すみれ」のそれ、そのものである。
「すみれ」自体、そんなに食べてるわけではないので正確な比較ではないが、「すみれ」より辛味や塩気が尖っておらず、まろやかでコクが深いスープと感じた。
味噌の中に肉や野菜のエキスが溶け込んだ感じ。
東京でお気に入りのどろーり濃厚な味噌ではなく、ストレートな味噌スープながらこのコクは嬉しい。
シャキシャキのもやしとねぎはもちろん、味噌と相性がいい。
柔らかチャーシューは肉厚もあって食べ応えがある。
チャーシューの上に乗せられたしょうがは後半戦、味の変化で楽しんだ。
しょうがと味噌、鍋とかでは見かける組み合わせだが、ラーメンでは初めて見た。
体が温まる、北の大地ならではの発想だ。
黄色がかった縮れ麺はボーン・トゥ・ビー・味噌ラーメン。
固めのコシとしっかり香る小麦、美味いぜ。

c0025217_16532233.jpg

名店のDNAがしっかり息づき、古さもない。
現在進行形の札幌トップ味噌ラーメンを食べられてよかったよかった。
スケジュールは体とだったが、足を伸ばした甲斐がありましたわ。
by blue-red-cherry | 2008-10-01 17:06 | ラーメン
<< 雪印パーラー 札幌 >>