太好了

c0025217_2152818.jpg

ジ、ジ、ジーンギスカーン♪のあとにゴール、ゴールと続けたくなる夜だったが、ジンギスカン。
札幌来たらジンギスカン食っとかないと、と言えるようになったのもつい最近。
食わず嫌いで人生30年、今までラムを避けていた。
なんかの会で食べることになったんだが、そこのが割りとしっかりしてて全然臭みもなかったのであっさり克服。
この旅ではマストで本場のを味わおうと、力を入れていた。
すすきので名を馳せる「だるまや」を事前調査の末に第一候補に考えていたが、札幌在住の友人と落ち合うことにして彼にも店を探してもらっていて、彼の上司いわく「『だるまや』より美味い」ということで、「だるまや」本店のすぐそばにある「太好了」へ。
タイハーラと読む。
どちらの店もディープ・すすきの、小路に軒を連ね、素人にはなかなか入りづらい雰囲気+席数も限られているが、日曜の夜にも限らずモクモク煙を巻き上げて盛り上がっていた。

c0025217_21522412.jpg
c0025217_21523159.jpg
c0025217_21523814.jpg
c0025217_21524552.jpg
c0025217_21525287.jpg
c0025217_21525919.jpg

出際に気付いたが、ここは焼肉屋である。
土地柄ジンギスカンを前目に押し出してはいるが、さがりなどの希少部位をそろえたりタン、カルビにもきちんと上質の肉を提供している焼肉屋である。
だが、ジンギスカンが美味い。
たれに漬かったタイプと、塩で食べるタイプの2種。
なんといってもたれで食べるバージョンだ。
なんと、生でいけちゃうってんだから驚きだ。
まだラムデビューして間もないオレだが、ここはその触れ込みを信じて食べる。
美味い!
フレッシュライク牛刺し!
ロウライク寿司!
肉を噛み切る生肉ならではの柔らかさと食感、臭みはまったくなく、甘味を漂わす旨味が広がる。
締まったレバ刺しって感じかなあ。
これは驚いた。
ただし出されてから一定の時間が生で食べれる時間。
鮮度的に生で食べられるリミットが近づくと店員さんが教えてくれるシステムなので心配無用。
また、生で「も」食べられるのであって、焼いて食べても当然美味い。
でも焼きだったら塩のほうが美味かった。
多めにまぶされた塩コショウをまとった表面をきっちり焼いてがっつけば、ジューシーな肉汁が溢れ出す。
クセになる塩気で、ビールとともに止まらない。
いやー、ナイス、ダチの先輩!
箸休めに野菜盛り、写真は撮り忘れたが豚のカルビ、デジカルビも美味かった。

東京と北海道、遠く離れたダチとの再会トークも花が咲いた。
今はまだ知る人ぞ知る店、いずれ人気が出そうな店でのいい思い出ができた。
by blue-red-cherry | 2008-10-01 21:53 |
<< 絶品オニオンバーガー 雪印パーラー >>