FC東京×清水エスパルス J1第28節

c0025217_1747281.jpg

熊当たんねえっ!
…折からの風邪が一時小康状態を保っていたのでビール飲んで気合入れて臨んだホーム清水戦
バックスタンドの日差しはハンパなく、まああんな試合だったこともあり、病状は悪化。
と、個人的にもチームにとっても散々だったな、昨日は。

c0025217_1749070.jpg
c0025217_17491120.jpg
c0025217_17491776.jpg
c0025217_17492239.jpg
c0025217_17492984.jpg
c0025217_17493510.jpg
c0025217_17494073.jpg
c0025217_17494635.jpg
c0025217_1749525.jpg

一進一退ではあったが序盤15分くらい、赤嶺や石川にシュートシーンがあったりと立ち上がりが悪いチームにしてはまずまずの出だしだったかと思う。
蹴りこんでくる清水に対して佐原とモニは集中してたし。
しかし中盤がまずかった。
梶山、浅利、今野と並べたボランチはどうにも役割がはっきりしない。
まずまずいい流れを保ててた序盤の時間帯、梶山がよりトップに近い位置でプレーし、今野とサリがダブルボランチを組むような形に映り、今日はこの形でいくのかな?と思ってたんだが時間とともに3人がフラットに並ぶ形に落ち着く。
これがどうにも。
今年の東京は中盤厚くしてるので蹴られるパターンはよくあるんだけど、フラットな3人が攻守に役割がはっきりしておらず、守りでは最終ラインと挟めず、攻めではフォローや追い越しに一枚足らない場面が続く。
清水の先制点なんかは結果論だが、徳永の寄せの甘さではあったが、中盤の選手の飛び出しを誰もケアできなかったのも多いに起因している。
復帰した今ちゃんには難しい状況だっただろうけど、今ちゃんに求められていたのは攻守にフリーマンとして動くことなんじゃないかな。
攻守のセカンドを拾うっていう。
もしくはよかった流れのときみたいに梶山を前目にしちゃうとか。
誰がボールフォルダーにチェックにいくのか、誰がサイドのフォローにいくのか、誰が楔を挟みにいくのか、3人はゾーンで守ってたんだろうけどその辺の役割が棲み分けられてなかったというか、もしその判断を選手に委ねていたとするならば状況判断がまずかったということになる。

c0025217_1750736.jpg
c0025217_17501374.jpg
c0025217_17501917.jpg
c0025217_1750295.jpg
c0025217_1750404.jpg
c0025217_1750476.jpg
c0025217_17505999.jpg

結果として前半で勝負は決してたと思う。
さすがに3点のビハインドは青山、高木(強かった…)のセンターを向こうに厳しかったかと。
3点を追いかけての後半は当然リスクを冒しての戦いになるわけで、カウンターを食らう確立は高くなる。
後半の2失点にも問題はあるだろうけど、反省すべきは前半の戦いだ。
先制された山本のミドル、それと3点目の原のゴール。
ミドルは上に書いたとおり、最終ラインの寄せと中盤のチェイス、どちらにも問題はあるが、そもそもバイタルに侵入される場面や精度が低くて助かってたミドルを打たれてたのは連勝中にもあったわけで、あそこの守り方はもう少し詰めないと危険。
3点目にしても原のターンは見事だったが、あそこもズルズルと下がりながら出してへの詰めが甘かったかと。
センターの2人と両サイドバック、中盤の連携した守備は再確認が必要だ。
それとセットプレーの守り。
塩田の判断はひとつ、まずかったし、このパターン少なくない。
あの高さのボールには誰か、反応できてほしいけどな。
あとは塩田の前で潰れた選手にしても、ゴールを決めた岩下にしても東京の選手の前に体を入れられている。
1失点した直後だからこそ集中しなければいけない場面だけに、もっと厳しくいかなければならない。
優勝争いについていくんだから、ひとつひとつのプレー、ボーンヘッドでがっかりさせてるようじゃ、まだ壁は高い。
とまあ原因らしき原因はあるが、清水との相性の悪さを感じずにはいられないやられっぷりだったなあ。
戸田のゴールはまあ、ノーコメントでww

c0025217_1751427.jpg
c0025217_17514832.jpg
c0025217_17515496.jpg
c0025217_1752084.jpg
c0025217_1752534.jpg
c0025217_17521083.jpg
c0025217_17521684.jpg
c0025217_17522291.jpg

エメと大竹を入れての後半戦。
清水が思ったよりも早く引いてきたのと、動きの量も落ちてきたお陰で圧倒的に押し込む。
個の調子のよさからいって先週終わりではオレも赤嶺トップにカボレと石川の両翼はありだと思ってたが、供給源、キープ収まりどころとしてエメを欠いたのがリズムを悪くしたひとつの要因だったのは前後半の対比で認めざるを得ない。
エメの持ちすぎやパスミスがリズムを崩してたって先週は言ってたんだから、難しいもんだ。
エメと大竹、厳しくマークされているトップとは別の預けどころができた東京の攻撃はようやく厚みを増す。
梶山とのダブルボランチを組むことになった今野は、梶山がアンカーを務めることで徐々に前へ飛び出す回数が増え、エメのゴールに絡み、自身も決定的なヘッダーを放った。
数の論理が通用するカウンターではなく主体的に攻めて、かつ人数そろった相手を崩すにはあの動きが欠かせない。
さらにこの攻勢時にようやく両サイドバックが攻撃参加を繰り返す。
しかしこのサイド攻撃がまた微妙。
大竹は試合後のコメントで指摘してたが、確かに数本ストレートのクロスで決定機を演出したものの、ここでこそ、取り組んできたダイレクトプレーの連携や3人目、4人目の動きが求められるのではないだろうか。
個人的にはこのところ、サイドバックの攻撃参加が少ないのが大きな不満だ。
守りの安定をベースにしたいのは分かるが、攻撃のピースとして必ず必要になってくるし、攻めに出ることで機先を制すという考え方もあるだろう。

c0025217_17525220.jpg
c0025217_17525840.jpg
c0025217_1753314.jpg
c0025217_1753927.jpg
c0025217_17531452.jpg
c0025217_17531951.jpg

カボレや石川の突破が効いており、最後のところで赤嶺が決めきれていた。
中盤ではエメや大竹のスーパーなプレーが目立った。
ここにきて個の力に頼る場面が増えていたことに改めて気付かされた。
羽生の不在が響いてるのはいうまでもないが、ここは一旦、立ち返るいい機会だ。
連勝と優勝争い、勝ち点3が最優先される戦いなのは間違いない。
しかし、少し、目指してきたサッカーの姿が霞んでいる気がする。
オレは城福さんの理想とするサッカーのその先に勝利があって、優勝があると思っている。
この2週間のインターバル、最後の仕切りなおしのチャンスを前に、もう一度、ムービングフットボールを高々と掲げて残りの6試合に臨んでほしい。

c0025217_1753324.jpg
c0025217_17534918.jpg

完敗だ。
気持ちいいほどの完敗だ。
佐原の空中戦は無敵だったし、要所要所、光った場面がないわけではない。
くよくよするのが馬鹿らしいほどの完敗だ。
切り替えるのにはちょうどいい。

と、この日記を書きながら千葉と浦和の戦いを見てた。
千葉の集中力、ハンパじゃなかったね。
組織で守り、個が点を奪った。
磐田に圧勝したスコアで清水に負けたこと然り、苦戦した札幌をその磐田が圧勝したり。
もうここから先は何が起こるかわからない。
ひとつも負けられないリーグ戦、オレも初めての経験になんともいえない気分を味あわせてもらってる。
大分、鹿島、ガンバと強敵が続く。
星勘定なんてとんでもない。
ひとつひとつ、目の前の敵を叩いて、ひとつでも上を目指して。

浦和が負けた。
名古屋もドローじゃん。
ラスト6、諦める必要はないんだぜ。
by blue-red-cherry | 2008-10-05 17:54 | FC東京
<< キングオブコント2008 豚きのこ山かけ丼 >>