凌駕

c0025217_11514393.jpg

金曜、何もせずに布団に突っ伏しながら携帯サイトでいろいろラーメン情報調べてたらあるわあるわ、最寄目黒線沿線のラーメン屋。
今の家にもいつまで住んでるかわからないし、年内にちょっとずつ潰していくつもり。
まずは土曜、大岡山の「凌駕」に行ってきた。

c0025217_1152184.jpg
c0025217_11521139.jpg
c0025217_11522163.jpg
c0025217_11523093.jpg

まだまだ勉強が足りず、この手の野菜もりもり系は二郎を思い出すんだけど、茨城大勝軒グループとのこと。
茨城大勝軒のホームページを見ると、あの「とみ田」を擁しながらいろいろとチャレンジしてるみたい。
千葉・茨城方面もできるだけ攻めてみたいなあ。
で、小豚ラーメン。
グリルポークって感じの網目が付いた豚肉、もやしを中心にキャベツ、生玉ねぎと盛られた野菜、そしてスープの表面を埋め尽くす背脂!
いやっほう!
テンション上がるよねー、この見た目。
豚は肉汁よりはしっとりした身を味わう感じ。
野菜は生に近いシャキシャキ感で、この濃厚なラーメンの前ではバッチリな存在。
いろいろかきわけてたどり着いたスープは背脂のまろやかさと、それに負けない尖ったしょっぱさの醤油味。
たまらねえ。
脂と旨味としょっぱさと。
愛しさと切なさと心強さと。
これを受け止めるぶっとい縮れ麺がまた、男のずるむけラーメンの世界を確固たるものに仕上げる。

ノーダウト。
ここ、家から歩けるかもしれないし、つけ麺2種ほか、食べねばならぬ。
つかこれ食ったら少しは歩かねえとww
by blue-red-cherry | 2008-10-20 11:53 | ラーメン
<< 大分トリニータ×FC東京 J1... 福住屋 >>