カテゴリ:ラーメン( 309 )

六厘舎監修 あつもりつけ麺

c0025217_19431268.jpg
c0025217_19431981.jpg
c0025217_1943254.jpg
c0025217_19433267.jpg

2/17(水) 朝飯。

23区限定といういらぬハードルつきで発売されている、セブンイレブン×六厘舎のコラボ商品。
大崎の本店も東京駅の支店も行列は衰えを知らぬ様子、通販の生麺も予約で先まで埋まってると、ここだけはホントに別格の人気だ。
チルド麺もよく見かけるのでいつか食べようと思っているが、先にこちらを食すことに。
印象としてはだいぶ感じは出てると思う。
動物系の荒々しさと、魚粉の香り+エキス、どちらもうまく再現している。
麺の力強さもこういったコンビニの麺の類では出会ったことのないもの。
太さ、コシともに力強く、店とはまたちょっと違ったものかもしれないが、食べ応えはある。
つけだれが若干少なめなのがあれだが、まああの感じが楽しめるといえば楽しめるんじゃないだろうか。
500円という価格がもう少し抑えられると嬉しいが、その点も相当頑張ってるんだと思う。
また買うかも。
by blue-red-cherry | 2010-02-18 19:43 | ラーメン

蒙古タンメン中本 吉祥寺店

c0025217_23402165.jpg
c0025217_23403271.jpg
c0025217_23403737.jpg
c0025217_23404334.jpg
c0025217_23404965.jpg
c0025217_23405487.jpg

2/15(月) 昼飯。
「中本」吉祥寺店にて。

北極の冬、フルタイムでの提供がもうすぐ終了とのことで、善は急げで行ってきた。
真っ赤なスープに水菜の緑、それにゆず皮の切り身がなんとも鮮やか。
赤に緑はともかく、わずかな黄色がとにかく映える。
映えるのは見た目だけでなく、辛味十分、旨味十分の北極スープにゆずの香りがベストマッチ。
このアクセントが最高で、切り身をほうぼうに散らしては最後まであらゆる個所で楽しんだ。
辛し肉もたっぷり入ってたし、水菜の陰には北極の定番、しゃきしゃきもやしも隠れていた。
さらに、まるで八つ橋のように平べったく、中央に餡が入ったワンタンまで。
水菜とゆずで鮮やかながらも具の種類が控えめかと思われた冬だったが、ワンタンのおかげで一気に華が出た。
麺少でばっちり完食。
実に美味かった。
もう一回くらい食べたい。
by blue-red-cherry | 2010-02-16 23:45 | ラーメン

がっつん

c0025217_14461921.jpg
c0025217_14462482.jpg
c0025217_14462957.jpg
c0025217_14463317.jpg
c0025217_14463867.jpg
c0025217_14464329.jpg
c0025217_14465241.jpg

2/13(土) 夕飯。
「がっつん」にて。

仙川の二郎に三度目のチャレンジと臨んだが、三度臨休、というか土曜はしばらく休むとのことで撃沈。
縁がないようだ。
途方に暮れていたところ、twitterでちょうの氏に教えてもらい、調布で二郎インスパイア系を営んでいる「がっつん」初訪問。
野菜の盛りもよく、濃い目の味付けもオレ好み。
麺も力強いし、豚も柔らかい。
ジロリアン的な評価はどうか知らんが、そこまででないオレにとってはこれで十分。
いい店教えてもらった。
それにしても府中と仙川、二郎でも知られた店の中間にある調布でインスパイア系とは、いいアイデアだと思った。
by blue-red-cherry | 2010-02-14 14:50 | ラーメン

蒙古タンメン中本 本店

c0025217_2184222.jpg
c0025217_2184738.jpg
c0025217_2185241.jpg
c0025217_2185734.jpg
c0025217_219265.jpg
c0025217_219837.jpg
c0025217_2191353.jpg

2/11(木) 昼飯。
「中本」本店にて。

建国記念日のこの日、本店が記念すべき10周年。
所用あって早朝から出ていたのでその足で上板橋まで行き、8時半過ぎに10数名を数えた行列に並んだ。
10時の開店まで約1時間半、雨にこそ降られなかったが、凍える寒さだった。
かなりヤバイ感じの冷え具合だったがなんとか耐え、白根店長とのふれあいなどを経て、記念グッズのくじ引きは案の定はずれでエプロンを貰う。
かなり当たりくじが入ってたようなので残念は残念だが、お目当てのこの日限定、極冷やし味噌にありつけたので不満はない。
ヒヤミよりも大きめの器に満たされたスープはヒヤミスープより粘度高め。
極みの名を冠しているが、辛さはオリジナルのヒヤミからそんなに離れることはない。
十分に辛いがその粘度は旨味が詰め込まれているようで、とにかく美味い。
スープよりも特徴的なのが、このメニュー用の特製麺。
デフォの麺よりやや太め、若干縮れているのがインパクト大。
この麺が粘度高めの極ヒヤミスープに当然相性バツグンの絡みで、辛味旨味を逃さず味わえる。
きっとスープ美味いんだろうなーっと思ってたので、半ライスを頼んでおいて、最後は極冷味丼にした。
辛し肉もたっぷりで、とにかく美味かった。

寒さの中、並んだ甲斐があった。
10周年、おめでとうございます。
by blue-red-cherry | 2010-02-12 21:10 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

c0025217_21461657.jpg
c0025217_21462418.jpg
c0025217_21463119.jpg
c0025217_21464052.jpg
c0025217_21464741.jpg
c0025217_21465514.jpg

2/8(月) 昼飯。
「中本」目黒店にて。

同日より目黒店限定で「辛さ2倍」サービスが始まるとの情報を仕入れ、馳せ参じてみると、タイムサービスとのこと。
どのみちそれを知らずしても五目味噌タンメンの辛め、スラタマで2ポイントなオーダーをしようと思ってたのでそれにした。
いきなり2倍にいくよりは、目黒では辛めもまだだったのでちょうどいい。
辛さは確かに北極に近いものがあったかな。
野菜や肉のエキスが出てる分、尖りはなかったかもしれない。
正当に辛うまい。
が、きつかったのが量。
スープの上に盛られていた野菜がジオフロントだとしたら、スープの中にもセントラルドグマに達するまでたっぷり肉野菜炒めが詰まっている。
さらには少なめにしたとはいえ麺ももちろんあって、オレの胃袋ではゴモミを頼むならば麺半分にしないといけないかもしれない。
スープはいつものことだが、若干野菜も残してしまった。
申し訳ないです。
でも辛め、最高に美味かったです。
2倍も懲りずにチャレンジします。
by blue-red-cherry | 2010-02-09 21:47 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

c0025217_10463458.jpg
c0025217_10464047.jpg
c0025217_1046452.jpg
c0025217_10465033.jpg
c0025217_10465583.jpg
c0025217_1047051.jpg

2/2(火) 昼飯。
「中本」目黒店にて。

目黒、2月の限定は1月に続き北極やさい。
好評とのことだが、個人的には北極は北極のまま、辛くこそしてほしいが、甘味のある野菜とのハーモニーがあまり好みではない。
半蒙古丼と半冷やし味噌のハーフセットに、単品麻婆とねぎトッピング。
普通に蒙古丼を、上澄みをかっさらう感じで具を中心に食べ終えたら、単品麻婆投入して麻婆丼に。
半ヒヤミスープにはねぎをどっさり入れ、ねぎともやしがシャキシャキな冷やし味噌を楽しんだ。
量も辛うまもマックスで味わったって感じ。
一日中屁が止まらなくって、さらにその屁の臭さが尋常じゃなかった。
でもやりきった感はあって、清々しい気持ちになった。
by blue-red-cherry | 2010-02-04 10:47 | ラーメン

蒙古タンメン中本 渋谷店

c0025217_15151519.jpg
c0025217_15152183.jpg
c0025217_15152722.jpg
c0025217_15153461.jpg
c0025217_15154099.jpg

1/29(金) 夕飯。
「中本」渋谷店にて。

この日は20時からタワレコ渋谷店にてPSGのインストア(激混みbut素晴らしかった)を見て、呑みたい気分ではあったが、どこも諸条件かみ合わず、ならばイイ気分に浸ってようと、渋谷店で済ませて帰った。
五目蒙古タンメン。
渋谷はメニューが少ない。
辛さ抑えめは頼めても、辛めは頼めない。
思ったより辛かったが、五目にしては野菜が物足りなく感じられ、最近小食気味なオレの胃でも、麺少にしなくてもペロリといけた。
あと北極卵が固茹でじゃなかったのは、渋谷の仕様なんだろうか。

隣にショップ店員らしき、読モらしきギャル3人が並んでた。
渋谷店はいろんな意味で個性的。
by blue-red-cherry | 2010-01-30 15:19 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

c0025217_1026631.jpg
c0025217_10261232.jpg
c0025217_1026215.jpg
c0025217_10262813.jpg
c0025217_10263458.jpg
c0025217_10264293.jpg
c0025217_10264969.jpg

1/25(月) 昼飯。
「中本」目黒店にて。

味噌卵麺に単品麻婆とねぎ。
卵麺は中本で最初に好きになったメニュー。
改めて思うけど、辛味つけられたもやしを中心とした野菜炒め、バラ肉もたっぷりだし、卵麺だからスラタマも。
五目だとちょっと多すぎな自分にはちょうどいい。
北極やさいもいいけど、北極卵麺、できないかな。
北極スープと辛し肉キープで、もやし炒めとかスラタマを乗せるって感じ。

最近はもう、麺少なめじゃないとダメになってきた。
ヘタレだ。
by blue-red-cherry | 2010-01-27 10:27 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

c0025217_11252258.jpg
c0025217_11252795.jpg
c0025217_11253263.jpg
c0025217_11253744.jpg
c0025217_1125437.jpg
c0025217_11255054.jpg

1/21(木) 昼飯。
「中本」目黒店にて。

余裕があれば吉祥寺まで足を延ばしたかったんだが、難しかった。
目黒、今月は限定食べ終えてたのと、久しぶりに冷やしスタイルが欲しかったので冷やし五目蒙古。
野菜たっぷり、麻婆にヒヤミスープ、美味し。
麺少にして定食を食うという矛盾こそ、中本中毒の証(ポイントにやられてるだけ)。
by blue-red-cherry | 2010-01-22 11:26 | ラーメン

蒙古タンメン中本 新宿店

c0025217_10324423.jpg
c0025217_10324960.jpg
c0025217_10325429.jpg
c0025217_10325935.jpg

1/19(火) 夕飯。
「中本」新宿店にて。

昼のビールから夕方の路ビールを経て呑みたい気持ちはあったが、ちょうどよくかかってきた誘いの話がなんとなく流れてしまい、未食だった新宿店の限定、ハンスパイシーを食べてきた。
塩でも醤油でも味噌でもない、辛くてスパイシーなラーメンという触れ込みや実際の評判どおり、そのベースは謎。
思ってたより辛さはあったが、中本印、唐辛子や油のそれではなく、どちらかといえば味噌に近い見た目や味ゆえか、また、黄みがかった細麺の影響か、オロチョン食べてるような感覚に陥った。
フライドガーリックや刻んだゆで卵、肉も細切れで、全体に具が行き渡っている。
不思議で、ややエスニックなテイストなのか、独特の新しい味は楽しめたが、中本っぽさがもうちょいあったほうが嬉しかったかもしれない。
北極卵はやはり好きで、これは全店に置いてほしいと、食べるたびに思う。
by blue-red-cherry | 2010-01-20 10:33 | ラーメン