カテゴリ:ラーメン( 309 )

らいおん 調布店

またしても溜めに溜まった食の記憶をざーっと振り返るコーナーです。
ナビスコ決勝、優勝報告会とはしごした火曜日の夜。
国立から一旦帰宅してチャリ移動していたので、調布に足を運び、冷えたこともあり「たけにぼ」行こうと思ったら、改装中。
かなりガックリきたが、モードはラーメンだったので、手前で通り過ぎてきた「らいおん」に初訪問。

c0025217_10532354.jpg
c0025217_10533392.jpg
c0025217_10534163.jpg
c0025217_10534897.jpg
c0025217_10535485.jpg
c0025217_105404.jpg
c0025217_1054534.jpg

醤油や味噌、つけめんとバリエーションはあったが、スタンダードな醤油をチョイス。
鶏、豚骨、動物系を前面に押し出した醤油ラーメン。
濃い目の色合いだが、味もしっかり、醤油がかなり立っていて、アルコールを吸収した体に染みた。
中細の麺もぷちぷちと噛み切る食感がなかなか。
連れは卵入り、オレはもやし入り。
餃子で軽く、優勝に乾杯しといた。

バランスよく、割りと丁寧な一杯。
ただちょっとインパクトにかけたかな。
「たけにぼ」フラレ状態で臨んだからかもしれないな。
by blue-red-cherry | 2009-11-07 10:57 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

日曜は昼どきを挟んでのフットサル。
それまでかなーりサボってたのに、2週連続なんて画期的すぎる。
多チーム構成の対戦で、そこそこやれたし、面白かった。
大崎での対戦で、試合後の集まりもなかったのでひとり、昼メシは「中本」目黒店へ。
11月の限定、黒味噌卵麺を早速、いただいてきた。

c0025217_0241334.jpg
c0025217_0241985.jpg
c0025217_0242366.jpg
c0025217_0242981.jpg
c0025217_02433100.jpg

目黒の話題作みたいだけど、味わうのは初。
ひと啜り目がよかったー!
絡みと旨味、さらに深みがある濃厚なスープ。
美味し!
イカスミの苦味、深みのある味わいが辛ウマを一層際立たせる。
しかし具が多い、というかもやしが多い!
山と積まれたもやしは嬉しいんだけど、北極の大盛り以上やで。
もやしの下には肉、野菜、さらに周りはスラ卵がグルっと覆う。
ようやく麺にたどり着けば、力強いコシ、いつもの太麺。
うーん、美味い。
やっぱりこの限定はスープ、スープで勝ちの逸品だ。

で、すっかり堪能しながら隣の人の北極が美味そうだったっていうね。
黒味噌卵麺は単品で1,000円。
その自信に見合った、作りこまれた一皿でしたー。
11月後半のRe-mixも楽しみ。
by blue-red-cherry | 2009-11-02 00:28 | ラーメン

べんてん

c0025217_1157717.jpg

金曜の昼は高田馬場でアポがあり、ということは必然に「べんてん」行き。
ラーメン屋のチョイスはいくらでもある高田馬場なのに、やっぱりここにきてしまう。
11時半くらいに川沿いの列に加わり、着席は1時間後くらいだったかな。

c0025217_11583087.jpg
c0025217_11583525.jpg
c0025217_11584266.jpg
c0025217_1158473.jpg
c0025217_11585643.jpg
c0025217_1159194.jpg
c0025217_1159727.jpg

辛つけを注文。
塩ラーメンがまだあったので悩んだが、初挑戦の辛つけに。
唐辛子は粒粗く、薫り高く、韓国産かな?
まずはノーマルの部分を啜ると、動物系ガツン、ほのかに酸味と甘味を感じる。
パンチあるねえ。
そして唐辛子を混ぜると、これが意外にもかなりの辛さ。
「中本」のように味噌に溶け込まず、ストレートなつけ汁に加わるもんだから、ある意味逃げ場のない辛味。
相性だが、これまた意外によく、どちらも殺さない。
で、主役はやはり麺。
つるつる入ってく、喉越しが最高。
並盛りで350グラムというフルボリュームがするっと入ってしまうのは、この滑らかな喉越しにほかならない。
細切れのチャーシューやメンマといった具も程よく多く、ボリュームも味も満足。

隣の席の塩ラーメンがやっぱり美味そうだった。
今度はまた、塩ラーメンにしよう。
by blue-red-cherry | 2009-10-31 12:03 | ラーメン

蒙古タンメン中本 新宿店

水曜の夜は、かるーく缶ビール2杯を飲む用をこなしたあと、「中本」新宿店で夕飯。
睡眠不足極まって眠かったが、カプサイシン切れを起こしていたので踏ん張って行ってきた。

c0025217_23225484.jpg
c0025217_2323088.jpg
c0025217_2323550.jpg
c0025217_23231093.jpg
c0025217_23231644.jpg

お目当ては10月~12月の冬季限定、新宿タンメン。
蒙古タンメンに印度(カレー)を乗せたもの。
これの麻婆大盛り、さらにサービス券でスラ卵をつけてオーダーした。
大盛り麻婆の存在感が嬉しい。
辛ウマを詰め込んだ餡がたまらなくそそる。
カレーもたっぷりでがっぷりよつ。
その2種の餡の下にはたっぷりの野菜と肉、さらに麺が眠る。
まずはそれぞれのサイドを食べる。
麻婆はいわずもがな、カレーも風味よく、味は濃く、このカレー単体のクオリティも十二分に高いことを再確認。
旨味先行の味噌スープに溶きながら楽しむ。
お互い主張があるものの、混ぜてもバッティングすることはなく、不思議なくらいスムースに混ざる。
餡の状態なので麺との絡みもよく、たっぷり炒めた野菜のエキスもバッチリ味わえる。

印度の新宿の面目躍如、といったところ。
麻婆もたっぷり、かなりお腹いっぱいになった。
最近気付いたけど、やっぱりダントツで北極が好きかも。
by blue-red-cherry | 2009-10-28 23:28 | ラーメン

ラーメン凪 渋谷店

金曜の昼はノー弁当デーで、中本も捨て難かったがちょっと続いていたので、気になる限定を出していた「凪」渋谷店へ。
Yahoo!との企画、次世代ラーメンとして作られた次世代ジェノ豚を食すために。

c0025217_23364588.jpg
c0025217_23384974.jpg
c0025217_2339399.jpg
c0025217_2339960.jpg
c0025217_23391472.jpg

渋谷店の豚骨スープに自家製バジルオイルを合わせたという緑のスープ。
上に乗るは大量のベビーリーフに、大量の粉チーズ、緑なルックスが強烈。
香りもバジルの風味の奥から豚骨香る、という不思議な感覚だった。
肝心の味のほうだが、これが意外に合う。
入り口はバジル、香りから口当たりまでは洋風オイルがくるんだが、喉を通る頃には豚骨がしっかり。
この和洋折衷ラーメン、既にトマトとかカレーもその部類に入るかもしれないが、より洋のテイストを取り入れて流行るかもしれない。
具はベビーリーフのほか、アボガド、海老、っと徹底して洋風。
海老はプリプリ、アボガドはスープに入れても崩れない程度の固さがあって、どちらも食感が楽しかった。
麺は渋谷の豚骨でオナジミの細麺と、新宿の煮干しラーメンで食べたことのある平打ちの極み、いったんもめんの二刀流。
豚骨な分、細麺は問題ないし、濃厚なので平打ちも嬉しい。

10月末までの限定だが、美味しくいただいた。
ちょっと尖ってるので定常化は難しいだろうけど、また食べてみたいとは思う。
by blue-red-cherry | 2009-10-24 23:47 | ラーメン

蒙古タンメン中本 吉祥寺店

c0025217_19232270.jpg

木曜の夜は、思い立って、初の「中本」吉祥寺店
日比谷で開催中の大つけめん博にも惹かれていたが、評判がアレだったりするもので、やめた。
吉祥寺から調布へのバスもあったりするので、思い切って行ってきた。

c0025217_19233097.jpg
c0025217_19233764.jpg
c0025217_19234581.jpg
c0025217_19235254.jpg
c0025217_19235961.jpg
c0025217_1924769.jpg

念願の北極の○○。
吉祥寺のトレードマークともいえる、四季折々のシーズン限定の北極。
北極の秋は、きのこが売り。
週代わりで提供されるきのこが変わるようで、この日は「ひらたけ」。
肉と見まがわんほどの肉厚、サイズで、食べ応え十分。
香りもいいし、噛み切ればジューシー、北極スープの吸い込み具合もなかなか。
前後するが、北極の秋、ルックスがいいよね。
北極ならではの地獄の血の池の如き真っ赤な表面に、緑と白のねぎが鮮やかに浮かぶ。
調理してる感がぷんぷん漂う北極肉のほか、具は上のひらたけ、ごぼう、刻み揚げと、どれも香ばしくジューシー。
エキスが出てる分、辛味は若干丸みを帯びているが、それでもしっかり北極だし、北極に肉、野菜がうまく溶け込んでて、かなり美味かった。
目黒、新宿、本店と限定含めいろいろ食べてきたが、トップクラスに感動した。

毎月は無理だけど、シーズンごとの北極抑えるくらいはできそうだ。
あとは亀戸と御徒町か。
by blue-red-cherry | 2009-10-23 19:25 | ラーメン

蒙古タンメン中本 新宿店

火曜の夜は送別会があり、その前に目白でアポがあり、というスケジュール。
時間的に変な空き方をしていたので、飲み前に腹ごしらえで「中本」新宿店
ようやく10月限定の、汁なしインドラーメンにありついた。

c0025217_23561941.jpg
c0025217_23592261.jpg
c0025217_23592849.jpg
c0025217_23593468.jpg
c0025217_23594078.jpg
c0025217_23594739.jpg
c0025217_23595496.jpg
c0025217_00384.jpg
c0025217_00940.jpg

辛味噌にカレー、チーズで覆うというスタイルは、「中本」各店で展開されたまぜそばの中でも、もっともジャンクなスタイルで、まぜそばらしいまぜそば。
辛味噌とカレーのどろりっちな感じは、麺との絡まり具合も当然ベストマッチ。
若干箸が重いくらいがまぜそばらしくっていい。
もやし、ねぎ、ゆで卵あたりはオーソドックスだが、茎わかめが乗っかってるのも特徴的。
しかも意外にハマる。
嬉しいデフォでのセットが、北極温泉卵かけご飯。
北極スープがかかったご飯は、ある意味亜流のまぜそばに対し、本流の「中本」も味わえるいい組み合わせ。
そのままで辛ウマを味わったあとは温卵乗っけてまろやか、かつ滑らかな状態でかきこむ。
美味しかったけど、かなりのボリュームだったなー。

その後飲みの場で、パンパンに膨らんだ腹を突っ込まれる。
そろそろ運動しないとヤバいな。
by blue-red-cherry | 2009-10-23 00:06 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

おお、やっと今日(つっても日付変わってしまったが)まで追いついた。
水曜の昼は、ノー弁当デーにつき、「中本」目黒店へ。
10月の限定を食してまいった。

c0025217_0283386.jpg
c0025217_0283854.jpg
c0025217_0291226.jpg
c0025217_0291753.jpg
c0025217_0292446.jpg
c0025217_0292930.jpg
c0025217_0293425.jpg
c0025217_0293963.jpg

10月の限定は冷味丼、冷やし醤油がレギュラータイムで、月曜限定がスタミナラーメン。
スタミナラーメンが未食なので、それはそれでどこかのタイミングでいただくとして、今日は、今月限定で許されたスペシャルセット、半ラーメンセットをチョイス。
片方はもちろん冷やし醤油、もう半分は北極にした。
冷やし醤油、たまらんなあ。
しょうがのフレーバーったらない。
スパイシー極まりない、しょっぱすぎる醤油スープに鋭い尖りを与えるというか、刺激の中に間違いなく体に良い感じをプラスしてくれる。
ハーフにも関わらず、肉がたっぷりで、その旨味も抜群。
このストレートな醤油つけめんは、中本ブランドだけでなく、つけめんとして完成度高い。
味が強いので、前から、冷やし醤油のあとにいつもの辛ウマに移ると、旨味がやや弱く感じてしまうんだが、まあ順番としたら仕方ないよな。
今日も今日とて序盤は辛さこそ味わえど、旨味の部分が伝わりにくかった。
しかし食べ進めていくうちにしっかり辛ウマを楽しめた。
つか、目黒の赤は、やっぱり辛い。
久々に脳天の汗腺オープンしたわ。
こっちもハーフにしては北極肉たっぷり、もやしの盛りも高くって、満足したー。

ニコセットと一緒かね。
こういうチョイスの幅が、常にあると嬉しいけど、限定は限定だからいいんだろうな。
今月はあと、スタミナをなんとか。
by blue-red-cherry | 2009-10-08 00:37 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

月曜は朝から通院。
日曜の朝から発症した喉痛に鼻水も止まらなくなり、若干の悪寒もあったので、最近通いだした近場の内科で診てもらった。
8月の頭に診てもらったときも喉の赤みを見て真っ先にインフルを疑われたけど、今回も同様で、早々にインフル検査。
こんなことを書いてられるくらいなので結果は陰性だったんだけど、それをもっとも恐れてるがゆえに検査は嬉しい、でも結果待ちは相当しびれる。
まあシロという判定で心も軽くなり、昼飯は、同じことを考えてた人も多かったみたいだけど、「中本」目黒店にて気まぐれ限定の麻醤麺の食べ納め。

c0025217_20425852.jpg
c0025217_2043452.jpg
c0025217_20431320.jpg
c0025217_20431860.jpg
c0025217_20432414.jpg
c0025217_2043308.jpg

麻醤麺んまい。
辛さは数字でいくといくつくらいなのかな?
蒙古タンメンと同等か、それ以下か。
中本流のジャージャー麺というか、とろみたっぷり餡にはそれなりの辛さと、何より旨味が超凝縮されてて美味い。
大量の挽き肉に、豆腐などが溶け込んで食感も楽しい。
太麺との相性の良さはもちろん、この組み合わせには千切りきゅうりがしっくりくる。
これ、常設メニューになってほしいくらい、好き。

抗生物質ほか、総合系の薬をいくつか処方された。
永らく市販の薬が効かなくなってるもので、これも助かる。
しかし風邪引きすぎだなー。
by blue-red-cherry | 2009-09-29 20:44 | ラーメン

蒙古タンメン中本 目黒店

金曜の昼は「中本」目黒店
二日酔いの胃に「中本」が効く、というのは体質で個人差があるのであまりおススメしないが、オレには効く。

c0025217_21261685.jpg
c0025217_21262122.jpg
c0025217_21262971.jpg
c0025217_21263534.jpg
c0025217_21264184.jpg
c0025217_21264615.jpg

多少汁っ気欲しくって、かつ冷やし系でいこうとは決めてたんだが、五目蒙古にしても五目味噌にしても野菜を食べきる自身がなかったのでヒヤミ。
それと最近欠かせなくなってきた単品麻婆もつけた。
最後にミックスを企ててたのでまずは嵩を減らすべく単品麻婆をつつく。
今日のは豆腐が若干寂しい感じだったかな。
しかしこの辛味、旨味が閉じ込められたゼリーは反則だ。
一方のヒヤミは肉多めで嬉しい限り。
テロテロの豚バラに辛味が染み込んでて、やはりヒヤミ肉は欠かせない。
本店のヒヤミ野菜を食べたばかりだが、本店のはやっぱり油が多い気がする。
目黒のは北極もそうだけど、唐辛子が多いのかとろみが強くって、麺がよく絡む。
ヒヤミは混じり気なし、辛味純粋培養だからストレートに辛ウマが味わえるわ。
もちもち麺を楽しむのも、冷やし系がいちばん。
ラストは麻婆を混ぜてみたが、ヒヤミの激辛スープににんにくチップや豆腐が転がるのはいい感じだったけど、麻婆の餡が混ざらないし、これは別で食べたほうがいいな。

立て続けに食したので、またちょっと間を空けようっと。
by blue-red-cherry | 2009-09-25 21:27 | ラーメン