<   2006年 10月 ( 48 )   > この月の画像一覧

六厘舎

久々にラーメンレビュー。
随分と前からその存在と高名さは聞いていたが、なかなかに大崎まで行く用事もなく、縁のなかった名店・六厘舎へ。
なんでも先日見たテレビ番組によれば、長い間出演拒否してたのを、アノ佐野実(ガチンコ!)に促され許可、そして今じゃ超人気店とのこと。
無職期間もあとわずか。
せっかくなので平日昼間っから行列に並べる身分をフル活用した。

c0025217_935930.jpg


月曜昼、14時くらいに着いたのかな?
その時点で列は20人!
サラリーマンっぽい方も多々見受けられたが、仕事は?
そして、この店は約10席のカウンターのみの作りで、なんと完全入れ替え制!
映画館か!
しかもオレの前の回は、7人組くらいの学生(だと思う)集団がちんたらちんたら食いつつ、挙句特盛食えなくて苦しんでやがるもんだから、行列からはかなりキツイ非難の目が。

とまあ、40分並んでようやくありついたわけですが…ウマ―!!!!
噂には聞いてたが、濃厚なつけダレ!
食べ応えファンタスティックな麺!
待たされただけのことはある。
申し訳ないが、つじ田さんを抜き、丸長も抜いて、オレつけ麺ランキング1位です。

まず麺。
表面ツルツル、食感モチモチはそれぞれ最高級。
んでもって形がスゴイ!
綺麗な円柱なんだな。
そして太い。
この食べ応えは初体験。
衝撃的な美味さだった。

つけダレはWスープの最高峰。
魚も肉も超出汁でまくりだが、臭みはまったくない。
さらに具も魚と肉をレペゼンして、大量の魚粉と、チャーシュー、ほぐし豚(トッピングだが)がそれぞれしっかりとした存在感。
ネギの小口切りも濃厚なスープを吸い込みやすい厚めの切り口。
すべてに手抜きなしの濃厚スープは、飽きのこない、ヤミツキになりそうな味。


しかし、美味かった。
あの行列に並ぶのはかなりゲンナリだが、また食べたいなあ。
そうそう、サラリーマンの方2人に挟まれながら呑む、昼ビール最高!
by blue-red-cherry | 2006-10-31 09:14 |

亡国のイージス

c0025217_18284371.jpg


壮大なスケールで製作され話題となった「亡国のイージス」を日曜洋画劇場で初見。

先日感想を記した「クライマーズ・ハイ」もそうだったが、やはり演技に力のある俳優がそろい、かつ骨太な物語だとガチで楽しめる。
そもそも佐藤浩市に光石研、岸辺一徳と、両方にでてる俳優もいるんだが。
撮影にはハリウッドのスタッフも参加したそうだが、なるほど、戦闘シーンは迫力満点。
イージス艦内での戦闘は手に汗握る。
最終的な局面では、敵味方お構いなしにバッタバタ人が死んでいくのはちょっとやり過ぎだった感もあるが、壮絶なシーン(谷原章介の最後!)が作品に重みをプラス。
イージス艦・いそかぜを乗っ取った中井貴一演じるヨンファと、寺尾聰が好演した日本を裏切った自衛官・宮津副長のそれぞれの戦いが熱い。
形や事情は違えど、祖国の真の姿を求めて戦う二人。
危機的状況にあっても私欲が臭う、国家の最高機関とは実に対照的だった。
彼らは悪だが、果たして悪と言い切れない、そこら辺が上手く描けてたと思う。

そして主役の真田広之。
なんかあの人って忍者っぽいよね。
すごく純・日本人って感じ。
と、そんな印象はさておき、すごいいい役だった。
国家の最高機密内で起きている、国家間を揺るがす争いにおいて、一部隊の責任者である仙石(真田)が、ただひとつ己の仲間を守るという使命をまっとうする様には、戦争と一般人の距離感が感じられ、また両極端な<北vsほか>の図式以外の人間としての立場として機能していたと思う。
彼が主役として活躍するからこそ、エンターテインメントに成り得たのではないだろうか。

原作はベストセラー作家の福井晴敏。
「6ステイン」しか読んだことないけど、軍もの書かせたらすごいんだろうな。
ちらっといろんな掲示板とか見てみたんだが、やっぱり2時間の尺に納めるためにだいぶ割愛されたエピソードがあるみたいだね。
原作も読んでみたほうがよさそうだわ。
by blue-red-cherry | 2006-10-30 18:27 | 映画

大宮アルディージャ×FC東京 J1第29節

c0025217_2082890.jpg


非常に大きな1勝になりそう。
ガンバ戦の激勝にのぼせず、個の頑張りにより「締まった」試合を見せてくれた大宮戦

怖い今野が戻ってきた。
いろいろ報道もあったが、代表入りがいい転換になったのかな?
持ち味のボール奪取、運動量、そして積極的な攻撃意識と付いてきたゴールという結果。
いーよいーよー。
先制点をあげ、堅守速攻の大宮にそれをさせなかった本職・ボランチでのプレーはもちろん、モニの怪我で回ってきたアリソンのマンマークを徹底したセンターバックでも、オシムや反町さんやそれに踊らされてるマスゴミがこぞって「ポリバレント!」と書きたててくれそうな素晴らしい活躍。
もうちょいで、鬼モード。
川崎と浦和は真剣に覚悟したほうがいいと思うぜ、フフフ。

前節千葉に3-0と快勝した大宮だったが、その面影を葬り去ったのは、モニ・伊野波。
元浦和のエメルソンとのマッチアップを思い出させる、対快速FW戦で燃えまくるモニと、キーマン・小林大吾に、ガーロ時代に培ったスッポンマークを見せた伊野波。
ほとんど仕事させなかった。
4バックだし、完璧なマンツーとまではいかなかったものの、かなりしつこく追ってたから、そこで生まれたギャップを攻められたらやばかったかも。
最終的な局面ではフジや徳、今野がカバーしてたし、なんとかなってたが。
2人以外では藤本主税がちょこまかとやっかいだったが(徳永結構やられてたし)、決定的な仕事をするまでにはいたらず、後半途中で退き、助かった。

とまあ、開始早々に得た先制点をガッツリ守る、そんな展開だったんだが、昨日の倉又采配は興味深かった。
まず今野をモニのあとに埋めたところ。
伊野波は大吾をよく抑えてたのでいじれない。
で、アリソンのマークとなると、増嶋はスピード系に決して強くないとの判断で今野をディフェンスに下げたのかな?
攻撃面でも効いてただけに、思い切った決断だったが、今野が期待に応える。
さらに、藤山に下げて増嶋。
見てるほうはまたディフェンスラインが混乱すると思うと、ハラハラでたまらなかったが、これは大宮がパワープレーで投入した森田対策。
ここも増嶋が体を張って期待に応える。
相手にあわせた柔軟な采配に驚きと感心を覚えたんだが、これも今野様様。
彼がボランチ→センターバック→左SBとポジションを買えながらもハイクオリティーなパフォーマンスを見せてくれたから成り立った。
今ちゃんはもはや戦術成り得るね。

守りの試合を支えたのは、守りの人間だけではない。
平山+ルーカス2トップ時に比べ、守備力を1.5倍は上げたであろうルーカス+ユウタ2トップの献身的なディフェンスには頭が下がる。
石川も戸田も相変わらず運動量豊富だし。(宮沢はもっとガンガレ!超ガンガレ!)
とはいえ、やっぱり前の選手には本来の目的=ゴールにつながる仕事をしてほしい。
ルーカスのシュート1本は寂しすぎるし、もう言い飽きたけど、戸田(ry

最初に書いたが、この勝利は大きい。
今節は下位チームがこぞって頑張った。
ここで下との勝ち点差が縮まってたら、これから向かえる川崎や浦和との試合への臨み方がだいぶ違ってきただろう。
モニがまたしばらく離脱らしいね。
前回彼が負傷している時期は負けに巻けまくった。
プレーはもちろん精神的な部分でもモニの存在はデカイ。
ここは最後の正念場になりそう。
次世代のリーダー候補たち、伊野波や増嶋の奮起を期待したい。

c0025217_20352720.jpg

by blue-red-cherry | 2006-10-29 20:35 | FC東京

弁護士 灰島秀樹

c0025217_1952242.jpg


踊るレジェンドシリーズ最新作「弁護士 灰島秀樹」。

そもそも警察を離れてる時点でもはや<踊る>ではない、との見方もあったようだが、踊るの世界から飛び出したキャラであり、そのキャラや作品の根底にはイズムが見え隠れする。
「室井」のときは、クライマックスでのチョンボ以外、まったく体温を感じさせないイヤ~な人格が、敵キャラとして最高に腹を立ててくれてたんだが、今回はその意味では裏切られた。

環境問題に抵触する恐れがあるイベントを開催したい国側と、環境を守りたい地元住民、そして環境など知らずその土地を奪いたいIT社長の三つ巴バトル。
灰島はお金を主眼に動き、国を相手どるんだが、ここまでは今までどおり。
金とゲーム感覚で法の絶対性を説く訴訟マシーン。
しかし、地元住民の中に、封印してきた自分の過去を思い出させる出会いがあり、ここから加速度的に灰島は人間・灰島秀樹になっていく。

やや極端なくらい、人間になる灰島に若干面食らったが、人間味こそ踊るの醍醐味。
最終的には賢く抜け目ない弁護士・灰島に戻るし、よしとしよう。
ストーリーも展開もややおとなしめだったが、味のある仕上がりだった。
警察機構の争いはもちろん、踊るシリーズ出演者の登場も少なく、「真下」「室井」はともかく「木島」よりも異質な印象の今作。
深津絵里のみすずさんに繋がるエピソードがちらっと挿入されてたが、この一連のスピンオフシリーズの行く末は、やはり踊る大捜査線の本線に繋がるのだろうか。
by blue-red-cherry | 2006-10-29 20:04 | テレビ

プッタネスカ

久々に気合いのスパゲティ。
辛口トマトソース、所謂アラビアータってやつがベース。
そこにアンチョビや黒オリーブなどイタリアンな食材が加わるプッタネスカを。

c0025217_10124913.jpg


にんにくはもちろん、赤唐辛子、玉ねぎ、アンチョビ、黒オリーブとすべてみじん切り。
これはさすがに手間がかかった。
上記の順にフライパンでとろとろになるまで炒めたら、トマトソースを投入し煮詰める。
最後に塩で味を調整できるが、必要ないくらいの味が出る。
アンチョビは缶の中でしっかりオリーブオイルが染み込んでおり、独特の塩辛さがたまらないし、黒オリーブは新鮮な苦味を出す。
それに、ベースのトマト、にんにく、赤唐辛子に玉ねぎと、様々な味が何層にも折り重なって深い味わいを生み出していて、満足度は非常に高い。

プッタネスカとはイタリア語で「娼婦風」らしい。
その心は、「一度食べたらやめられない」、だそうだ。
なんとエロイ民族だこと!
by blue-red-cherry | 2006-10-28 10:18 |

Re;ありあわせチャーハン

今朝もチャーハン。
納豆とか、夕飯の残りとかがないと何とも寂しい朝食になるのでついつい。
今日はナシゴレンをイメージしてやってみた。

c0025217_18534056.jpg


とはいえ、ナンプラーも香采もなし。
目玉焼きを乗っけた見た目の問題だけね。
味付けは定番の塩コショウにオイスターソース、それにトウバンジャンを加えてみた。
辛味が加わって、味が深まって正解。
具はエリンギを5mm角に切ったのと、ネギ。
目玉焼きの黄身を崩してとろみを出しながら食べた。
美味しかった~。
by blue-red-cherry | 2006-10-27 18:56 |

キムチ牛丼

オーストラリア産だと結構安いもんだね、牛肉。
牛バラ肉の切り落としが、タレ付きでまさに牛丼用として売られてたのを購入。
市販のタレで手抜きした分、キムチやらきのこやらを加えた牛丼。

c0025217_18494378.jpg


何度も言うが、牛肉ウマス。
豚とは違った甘味とジューシーさがあるんだよなー。
大量の玉ねぎはもちろん、エリンギもバターでソテーしてタレと一緒に煮た。
歯応えが唯一違うので、いいアクセントになった。
キムチもたまに食べると美味い。
当然、卵ぶっかけてフィニッシュ。
そいえば吉野家いってねえなぁ。
by blue-red-cherry | 2006-10-27 18:52 |

U-21日本×U-21中国 日中韓交流戦

c0025217_16583759.jpg


この時期のナイターはもう辛いね。
結構冷え込んでて、確実に冬を感じさせた昨日のU-21日中戦。
チケット販売状況がかなり苦しい、と聞いていたんだが、発表された人数は2万強。
だが、その実、自分も含めだが、招待客がほとんどだったみたい。

寒かったが、見に行ってよかった。
なんといっても、平山・梶山・伊野波がスタメン出場。
平山と梶山がゴールを挙げ、伊野波は無失点に抑えるという上々の出来。
東京では評価や置かれている状況も混沌としてる3人の活躍が見れたのは嬉しい。

伊野波は夏に中国と戦ったとき同様、3バックの中央で一枚余る形。
幅広いエリアをしっかりとカバーリングしていた。
中国が迫力不足だったこともあるが、危ない場面も減り、十分及第点。
先週クロスに被って播戸にやられたのがお灸になったかな。
彼はどこがホントの適正ポジションなんだろうなあ…。
来季はひとつ、拠点になるポジションありきで万能ぶりを発揮してほしい。

出色だったのが梶山!
ビルドアップ時はほとんどの場合で梶山を経由。
チームメイトの信頼が感じられる。
強烈なミドルこそなかったものの、最近のトップ下起用の賜物か、エリアに鋭く入り込み、流れの中からクロスにあわせた得点シーンには拍手。
そして守備でも貢献。
自分でこねすぎて捕られる場面が多少見られたが、もちろん取り返しにいくし、それ以外でも危険を察知する能力が上がってきているような気がする。
クラブでもそうだが、ことしの梶山はスーパーな出来こそ去年ほどないが、波が減りコンスタントに実力を発揮してるのと、その平均値が着実に伸びている。
東京ではもちろんだが、この北京五輪を目指すチームでも、中心選手として期待したい。

それから平山。
周りの席からの声や、スタンドそこかしこからもとにかく注目度が高い。
その分良くも悪くも、というより悪い点が目立ちがちだが、良かったんじゃないかな。
ゴールはアレだがww、楔のボール捌けてたと思うし、見落とされがちだが、先日のガンバ戦や広島戦も含め相手のコーナーキックでは自陣のゴールをかなりの確立で救ってる。
あの存在感と独特のプレーは代わりに出来る選手はそうそういないだろう。
ただ、特殊な選手にありがちなことではあるが、その独特のリズムが、日本のチームが目指す速いサッカーにおいてテンポを下げてしまう場面も見られた。
ポジションは違うけど、小野とかもそういうときあったよね。
そこの折り合いをどうつけていくのか。
東京も速いサッカーを標榜しているだけに、日々の練習で見つけられれば大きなステップになるんじゃないかな(彼にとっても、クラブ、代表にとっても)。

ほかの選手で目立ってたのは、鹿島の増田と清水の青山かな。
増田はポスト小笠原とか言われてるみたいだしクラブではボランチらしいけど、昨日はセカンドトップとして高い質の動きを見せてた。
足元の技術も高いし、スピードもあって、いいときの本山みたいだったかな。
青山は強さも速さも群を抜いてた。
伊野波も彼が前にいて助かったんじゃん?
広島の青山もなかなか良かったし、結構この年代いい選手多いかも。
そうそう、名古屋の本田。
彼も持ち味を発揮してた。
左サイドは若干窮屈そうだけどな…。


相対的に日本の運動量の多さが目立った。
選手を多数入れ替えてた中国に対しても走り勝ってたし。
反町さんはオシムとの連動を相当意識してるみたいだね。
U-21の選手は2010年の主力にならなきゃいけない選手。
ジーコのチームと山本さんのチームがスムーズに組み込まれなかった反省を踏まえ、これからもいい連携をとって強化してほしいね。
東京の3人の活躍も楽しみだし☆

c0025217_17524571.jpg

by blue-red-cherry | 2006-10-26 17:27 | サッカー(FC東京以外)

ありあわせチャーハン

炊きすぎたお米の処理はみなさん、どうされとりますか?

なにぶん、一人暮らしだと食材の余剰在庫には困る限りで。
なるべく使い切りにしてるけど、お米を炊きすぎたときはもちろん、冷凍保存。
で、冷凍保存したやつは大抵チャーハン行きだ。

c0025217_16503110.jpg


残り物のにんじんと玉ねぎを粗みじんにして、ご飯とともに炒める。
味付けは塩コショウを少々と、オイスターソース。
そうそう、中華風にするために、焼き用の油もごま油を使用した。
さらに、こちらも賞味期限が迫っていた納豆を、刻んだオクラとともにプラス。
和洋折衷ごっちゃまぜのチャーハンが完成した。
味はばっちり。
オイスターソースは無敵の調味料だな。
納豆も大好き。
スタミナたっぷりの朝食だった。
by blue-red-cherry | 2006-10-26 16:53 |

みょうがのゆずこしょうアリオリ

ベットラ落合氏の本によると、出版当時の新作らしい。
にんにく&オリーブオイルのアーリオオーリオをベースに、具にはみょうがとオクラ、さらにソースにはゆずこしょうを大胆に使った和風スパゲティ。

c0025217_1355276.jpg


例によってにんにくとオリーブオイルは大量に使用。
ゆずこしょうも大量に使用。
赤唐辛子をゆずこしょうにバトンタッチした感じかな。
みょうがは大きめに、オクラは小口切りに、それぞれ処理して和える。
しゃきしゃき感とネバネバがどちらも楽しい。
味はというと…。
アリオリってなんかものたんない。
外でもペペロンチーノとか滅多に頼まないし、どうも味が薄く感じる。
にんにくとオリーブオイルの香りや味は濃厚なんだけど、どうも淡白。

結局味ポンかけて食べたのはナイショだ。
by blue-red-cherry | 2006-10-24 13:58 |