<   2006年 12月 ( 57 )   > この月の画像一覧

喜多方ラーメン 坂内

おえー。
今月3度目の朝帰り。
人間ってお金あると余計なことするよな。
まあでも、久々に会った友人との飲みだったので、よしとしますか。

で、恒例の二日酔いラーメン。
今日はの隣にある、「喜多方ラーメン 坂内」
ここチェーンだからいろんなとこにあるよね。
実家のそばにもある。
でもなぜか、昼時になると瞠がそこそこの込み具合なのに対し、超行列作ってる。
真相を確かめに、そんな大げさな思いはまったくなかったが。

c0025217_217385.jpg


チャーシューメン。
そうだ、これこれ。
麺が見えねーっつうくらいのチャーシュー。
基本的に脂身びっしりで、とろける。
今考えれば、二日酔いの身にゃあ、ヘビーだったが、こんなときこそ食べたくなるのよ。
スープはシンプルな醤油。
いい意味で、インスタントのときみたいな爽快な飲み口。
麺は縮れの太麺。
これまたオレ好みでいいわ。

普通に美味いと思った。
でも、あそこまで行列するのはわからん。
特段安いわけでもないしなー。
あ、チャーシューメン780円は肉の量にしたらいいほうかも。
by blue-red-cherry | 2006-12-29 21:12 |

Re:Re:Re:AFURI(阿夫利)

いくつか行きたかったランチの店が大混雑。
年内の仕事を終えてるところも多いようで、割と閑散としている恵比寿だが、人気店のランチタイムはそれの類ではない。

AFURIの店頭に出されてたブラックボードで、冬メニューをレコメンしてた。
食べたことなかったので、即断。

c0025217_15491759.jpg


冬の味噌つけ麺。
タレはノーマルの味噌、辛味噌、ゆず味噌の3種類。
AFURIといったら、でゆず味噌をチョイスした。
味噌はごまならず、味噌すぎず。
のどごしとコクがいいバランス。
ゆずの風味がかなり香って、味噌であることを忘れるくらい。
美味い。

c0025217_15492613.jpg


麺はいつもの繊細かつ芯のある極細麺ではなく、薄めの平打ち。
弾力があり、食べ応えがある。
具はもちろん、炙りチャーシュー込み込み。
細切りのメンマは麺に絡んでいい感じ。
水菜も、味玉もイーネ。
AFURIは、オレにとってはやや量少なめなので、大盛りにしたが、タレは美味いし、啜り心地はいいし、であっさり完食しちゃった。

とりあえず、美味い。
辛味噌も食べてみたいね。
by blue-red-cherry | 2006-12-29 15:49 |

CoCo壱番屋

ココイチだ。
意外にほとんど行ったことがない。
大体、外であまりカレーを食べない。
かといって、一人暮らしを始めてからは、外でしか食べてないが。

ともかく会社の先輩に連れられ、恵比寿のココイチに。

c0025217_0454182.jpg


滅多にこないもんだから、メニューもまともに選べない。
先輩の注文をまね、フライドチキンカレー400にチーズ。
400はグラム数。
へーきか?と心配したが、思ったほどではない。
というか、カレーは滑らかなルーの影響もあるが、ペロっといけちゃうよな。
フライドチキン、というか唐揚げは、永遠のアイドル。
肉厚が大きいやつ、そこから出てくる肉汁!
たまらない美味しさだ。
チーズもとろけて、まろやか。

久々に食べるとカレー、いいね。
ここ、トッピング変えれば飽きなそうだし、たまに来てもいいかも。
by blue-red-cherry | 2006-12-28 00:48 |

ねぎとろアボガドのジャポネーゼ

和風スパゲティで、新作にチャレンジ。
土砂降りの平日夜、売れ残りで安くなってたねぎとろに、ゴールデンコンビばりの相性を見せるアボガドとあわせたジャポネーゼ。

c0025217_1463388.jpg


またまた快心の出来、キチャッタコレ!!
ラ・ベットラ落合さんの、ちょっとしたプロの気配りを簡単にやらせてくれちゃう説明には、いつもながらに脱帽し、感謝。
ねぎとろとアボガドでスパゲティといったら、茹でたスパゲティに、生のねぎとろ、それにアボガドをのっけて混ぜる、こんなイメージじゃん?
たぶんそれでも美味いんだろうけど、ちと手間かける。
オリーブオイルを熱したフライパンに、塩コショウであらかじめ下味をつけたねぎとろを。
表面に焼き目がついて、全体の半分くらい火が通ったら、中身レア状態で火を止める。
そこにアボガドを混ぜいれ、醤油とわさび、すりごまで最後の調整。
オレはいつもそうするんだけど、茹であがったパスタをオリーブオイルで滑らかさを出して、そこに具を絡めて完成。

c0025217_1544516.jpg


味は言うことなし。
ねぎとろは、塩コショウで下味をつけ、焼いたことで香ばしさが出つつも、本来の旨味はレア状態で閉じ込めてるので失っていない。
アボガドは熟れごろをきっちり選んできたので、濃厚。
ねぎとろと一緒に食せば、トロ気分が増す。
オリーブオイルとの相性もよく、これぞ和洋折衷って感じ。

普通にやってもそれなりに美味いものが、ちょっとの工夫でもっとよくなる、いい例。
by blue-red-cherry | 2006-12-27 01:58 |

Re:恵比寿餃子 大豊記

今も暴風雨、しかも雷鳴轟く都内某我が家。
今日はひっさびさに本気雨ですっかり寒くなった。
明日はこれで最高気温18℃だっつうんだから、いよいよヤバイのか。

寒い日は自然と辛いものが食べたくなる。
ホントはトラジでジャン麺初挑戦が狙いだったんだけど、入りずらい理由があって。
なくなく諦めたら大豊記の麻婆豆腐の文字が見えたので即決。

c0025217_1353412.jpg


山椒フレーバーがたっぷり味わえる、所謂四川風。
これは嬉しい。
辛さが舌から脳天を直撃!とまでは辛くなかったが、どちらかというと旨味優先。
グルタミン酸が多く含まれてる感じでペロっといける。
何より、豆腐!
丸々この形で出てきた麻婆豆腐には初めて出会った。
まあご想像どおり食べるときは一緒なんだけどな。
穀米入りのご飯は大盛りにしたら、ホントにてんこ盛り。
昼時にはこれまた嬉しい。
イベリコが売りの水餃子、マジで美味いザーサイも健在だ。

もうちょっと辛いほうが、今日の寒さ対策としてはよかった。
しかし、ここのザーサイ、マジで美味い。
メニューで一番美味いかもって言ったら怒られるかな??
by blue-red-cherry | 2006-12-27 01:42 |

ハーブチキンのマヨカルボ

25日の夜は、いつもの仕事帰りの一人メシ。
街もなんだかクリスマスは終戦ムードだったが、なんとなく、せっかくだからクリスマスモードを引っ張りつつ、チキンを食べることにした。

とはいえ、平日遅い時間の自炊は変わらず、パスタ。
ミックスハーブをたっぷり塗した自家製ハーブチキンをマヨカルボソースで。

c0025217_1123582.jpg


どですかどですか、なかなかに豪華に見えるでしょ?
ハーブチキンは、オリーブオイルを塗ったくった鶏むね肉に、ミックスハーブと塩コショウを大量に塗して、表面がいい色と香りを出すまで焼き上げて切る。
マヨカルボソースはいつもどおりの卵黄+マヨ+オーリオ+黒コショウ+パルメザン。
メデタイ日なので、特別に目玉焼き(もち半熟)も乗っけてみた。

c0025217_1185716.jpg


ハーブチキンは焼き加減も絶妙で、香りも見た目も、味も最高。
目と鼻と口で満喫した。
マヨカルボソースは、楽チンな上に万能!
チキンにも目玉焼きとも相性よし。
1個1個がしっかり味も食べ応えもあるものなので、ごちゃごちゃするかと思ったけど、意外にそうでもなくて、麺とチキン、麺と卵、卵とチキン、どうあわせても美味い。


心躍る、パーティー仕様のスパゲティができた。
by blue-red-cherry | 2006-12-27 01:21 |

東池袋大勝軒

何度か閉店の噂も上がりつつ、つけめんの元祖として行列のできる店の代名詞として、ラーメンブームの礎を築いた東池袋大勝軒が、07年2月、いよいよ閉店するらしい。

幸運なことに、オレのつけ麺原体験はココ、大勝軒。
学生時代、授業をさぼってはよく並んでたものだ。
しかし、社会人となったあとはとんとご無沙汰。
実に4、5年ぶりに訪れた。

c0025217_030507.jpg


伝説の大将、山岸さんこそ見当たらなかったが、大勝軒の風景は昔のまま。
この日は開店11時に対し、10時には店着。
記憶する限り最も早く列についたが、これまた記憶する限り、いつも並んでた列の半分くらい前に並べたんだが、唯一変わっていたのは、店の前に広がる景色。
そもそも、元祖大勝軒が閉めなければならない理由、この地区の都市化、区画整理の進みっぷりに、かなり驚く。
昔では考えられなかった高いビルが、大勝軒の前に立っていた。
正直、哀しかった。
なんというか、こうやって時が流れてるんだなあって。
人の気持ちとは違う部分で、動いてるものなんだなあって。

10時半には店の中に入る。
開店同時に入店なんて、画期的だ。
しばしまった末に出てきた、特製もりそばは、当時のまんま。
甘味と酸味、これぞつけ麺の汁!
大判のチャーシューが懐かしい。
2枚以上のサービスもそのままだ。
そして太く、もちもちで張りとコシがある麺。
これぞ大勝軒だ。
頼まなくたってフルボリューム。
学生のときは若さに任せて大盛り頼んで自爆したっけ…。

マスターピースはいつの時代も色あせない。
音楽と違って、形としては残らないが、ココを巣立って日本のあちこちで頑張ってるお弟子さんの店を楽しみつつ、ここの味を舌に、脳裏に刻み付けておこう。
by blue-red-cherry | 2006-12-27 00:45 |

クリスマスライド

横浜はいい街だ。
というか、みなとみらいか。
道は広いし、景観を損ねるものが少ない。
街自体が、景観を保つ、その景観に自信と誇りを持っている。

そんな街がカップルだらけになったクリスマス。
人多すぎはご愛嬌。
ステキなムード作りに感謝。
また行きたい。


コスモワールド
c0025217_141173.jpg

ドッグヤードガーデン
c0025217_144636.jpg

コスモワールド・サンクスキャンドル
c0025217_15830.jpg

みなとみらいオフィスビル全館点灯
c0025217_171880.jpg

コスモワールド
c0025217_173789.jpg

クイーンズスクエア
c0025217_181193.jpg

ランドマークタワー
c0025217_191421.jpg

赤レンガ倉庫
c0025217_113232.jpg

赤レンガ倉庫・サンクスキャンドル
c0025217_1133297.jpg



Merry X'mas and Happy New Year!!

c0025217_1103850.jpg




…ってどうにかならんのか、今週の出勤。
by blue-red-cherry | 2006-12-26 01:11 | その他

SHUTTERS

クリスマスイブの昼飯。
予約してたケーキを受け取り、一旦帰宅して冷蔵庫に入れてからまた街に出る、という気合いの入りようで昼からペコペコ。
一度来たことはあったが、名物を食べ逃していた「SHUTTERS」の近場にある店舗に。

c0025217_23514019.jpg


こいつが念願の、SHUTTERS名物・スペアリブ。
4切れで1500円、高いか安いかは、各々の価値観。
タレは10種類くらいあるが、頼んだのは店一番人気の醤油味。
めちゃくちゃ染みてます。
めちゃくちゃ柔らかいです。
店員さんにナイフ使わずにフォークだけで食べてください、って言われるほど。
で、実際ナイフいらない。
さらに、がっつくときは手でいったれ。
骨の周りは味が凝縮されてて、かなり美味い。
脂身もたっぷりで、肉喰らったって感じ。
骨付きをしゃぶる感覚って、ほんと野蛮で、感覚的に肉と対峙するのが嘘がなくてイイ。

c0025217_2355556.jpg


ひょっとしたら平日ランチとかだったら何かつくのかもしれないんだが、普通では、完全に単品メニューのスペアリブ。
結構なボリュームがあるのを知らず、メニューの段階ではトーストも注文しといた。
写真は明太子マヨネーズと、ほたてマヨネーズ。
これに明太子バターと、あともひとつ何か忘れた、4種類から2種の組合せが選べる。
当然マヨラーのチョイスをしたんだが、これまた美味い。
マヨも明太子もほたてもばっちり味がする。
パンの焼き加減も丁度よく、香ばしさも楽しめてよし。

c0025217_23584393.jpg


相当な腹の減りようだったので、まだ食えたオレ。
連れの頼んだ、ハーブとトマトのスパゲティももらう。
久々に外でスパゲティ食べたが、美味い。
しっかり作ったトマトソースと、オレのホールトマトほぼまんまとでは比べられないか。
パスタももっちり、むちむちで、ここも完敗。
まあ、当然だの。
外に学ぶことはたくさんあるなー。


昼にしちゃあ、ちと豪華」だが、たまにゃいいもんだ。
by blue-red-cherry | 2006-12-26 00:37 |

ねぎラーメン

持病の二日酔い。
今週は2度も朝帰りで、いよいよ師走って感じだなあ。
何も食べる気がしなかったんだけど、さすがに夜になったら腹減った。
残り物の即席ラーメンに、ねぎを辛目に味付け、乗っけた。

c0025217_144597.jpg


この即席ラーメンの、シンプルな醤油味ってたまに食うと、いいよね。
なんともあっさりしてて、のみやすい。
白髪ねぎは、大量のラー油とコショウ、ちょこっと醤油を足して混ぜ漬ける。
いろんな店で見ることができる、所謂ねぎラーメンっぽくなった。
あっさりスープに、結構辛目のねぎがいいアクセント。


ラーメンはいいんだけど、二日酔い、いい加減やだな…。
by blue-red-cherry | 2006-12-24 01:47 |