<   2007年 06月 ( 59 )   > この月の画像一覧

FC東京×ヴァンフォーレ甲府 J1第16節

c0025217_1211144.jpg

ミッドウィークのリーグ戦はなぜか、テンションが上がる。
絶賛営業中の同僚たちを尻目に飲むビールの美味さか、オフィスから1時間もかからないインターバルを経て、目の前で繰り広げられるカルチョの熱狂の非現実的さか、いろんな理由はあるがとにかく上がる。
平日味スタだと京王線帰宅ラッシュの弊害があるが、今回も仕事の算段をつけ、馳せ参じた甲斐があった甲府戦

c0025217_12111592.jpg

c0025217_12115324.jpg

つい3日前に喫した悔しい敗戦と、負けられない下位直接対決を制した昨日の試合との大きな違いは、相手。
前線から激しくプレスしてきた浦和とは対照的に、甲府の寄せが甘い。
東京もそこで捕られて繋がれるのは絶対に避けたい、という意思統一がされていて、早めにルーコンか、ノリオ・信男さんの両サイドに散らしてと、かいくぐる戦法をとってはいたが、プレッシャーの弱い中盤で福西や梶山がボールを保持できる時間が多かった。
センターのルーコン・福西・梶山・伊野波とフィジカルに長けた選手が多かったのもあるが、パスサッカーが身上のチーム相手にポゼッションで頭から上回れたのは大きかった。

c0025217_1212855.jpg

攻撃陣で目に付いたのは福西と信男さん。
中2日のハードな連戦の中、ベテランが積極的に決定機を演出した。

信男さんは相変わらず、ボールを持つ前までが完璧。
裏を狙う、ワイドに開く、どちらのタイミングも絶妙で、梶山や福西からかなりいいボールを引き出していた。
動きに無駄がないから徳永も上がりやすそう(使ってあげてないが…)。
対面の一枚DFに連続してクロスを跳ね返されたり、GKとの1対1にまごついたり、ギリギリまでテンション上げといて落とすからなあ。
でもあの運動量と質の高さは大いにチームを助けてる。
相手のサイドを自陣に留めている貢献度もあるだろう。
勝ってるからいいけど、が前提だが。
石川は「オレだったら決めてる」イメージを高めつつ、信男さんの動きを、外から見てる今のうちに学んでおいてピッチで弾けて欲しいな。

福西がゴール前での仕事をしだしてきた。
低い位置での展開力、強靭な体躯を生かしたボールキープ、経験に裏打ちされた華麗なるサボりっぷりはいよいよ凄みを増してきたが、これに加え決定機に顔を出す回数が1試合で2度3度と、増えてきた。
特にルーコンとの縦の関係が機能している。
サイドからのラストパスにも合わせてこれれば、トップ下としてかなりの出来。
伊野波がどっしり構えてこそだが、梶山とともに縦横無尽に暴れて欲しい。

それと、ノリオ!
キレてる、というよりはノってるねえ。
今いちばんゴールへの執着心を感じる。
ゴリゴリ縦へ攻める突破力に、切れ込んで逆足シュートを加えたウインガーとしての動きを超え、逆サイドからの展開ではニアに飛び込んだり、サイドバックのクロスにあわせたり、フォワードとしての動きも板についてきた。
まだ味方も混乱させてそうだがww、信男さんなのかリチェなのか石川なのか、逆サイドと連動しながらポジション替えたりしてくと、かなりオモロイ攻撃ができそう。
とにかく向上心と積極性に溢れてて、見てて楽しい!

c0025217_121247100.jpg
c0025217_12125755.jpg

守備面では伊野波、今ちゃん、フジ。
3人とも読みと、それを生かす寄せの速さ。
中盤の出所と前線の楔がはっきりしてる甲府相手だったこともあるが、3人のインターセプトが何度もハマる。
伊野波の運動量、かなり光ってたなあ。
フジのディフェンスも芸術の域だよねえ。
マジでいいときのカンナバーロみたいですよ。
週末、バレー&マグノ相手に今フジでどこまでやれるか、楽しみ。
今ちゃんは別として、伊野波とフジは奪ってからのぎこちない攻め上がりと覚束ないフィードがまた、たまらないんだよなあww

しかし、奮闘してたとはいえ、やられてもおかしくなかったよな。
土肥ちゃんが久しぶりにネ申だったから助かった。
噂に違わぬパスワークをエリア近辺で決められたときは、冷や汗。
たぶん、バレーがいたらやられてたな。
基本押し気味だったけど、リチェの退場以降はともかく、それ以前も決めるべきときに決められず、ずるずるラインが下がる癖(ある程度は仕方ない)は健在で、終盤は(それこそ眠らない街歌ってる最中までw)しんどかった。
連戦で運動量の多い戦いをよく続けてくれてる。
ギリギリの線で踏ん張ってくれてるが、中断まであと2試合。
集中力を持続できるか、鍵になりそうだ。

c0025217_1213124.jpg
c0025217_12132266.jpg

家本劇場もアレだったが、まっすぅにも目が行った。
東京相手にいいとこ見せたいオーラが出すぎww
かなりコンパクトなサッカーを標榜している甲府の最終ライン、攻撃時はもちろん守勢に回ってもラインは高めで、勇気が要るラインコントロールをよく頑張ってたと思う。
あれ、東京にはない文化だから、戻ってきたら面白いかも。
リチェとのバトルwとか、平山との絡みwとか、東京に帰ってきたいのかな?
フィードの正確さといい、オレは結構好きな選手だから戻ってきて欲しいけど。

c0025217_12133436.jpg
c0025217_12134859.jpg

またしても盛りだくさんで支離滅裂な振り返りww
やっぱ勝ち試合のあとはいいとこ多いし、反省点見つけるのも楽しい。
相手に助けられた点も多いし、下位相手にすっきり勝ちきれてないという見方も正しい。
しかし連戦の中で結果を残したことは、大きい。
次はガンバか。
いつも首位イジメは後半戦だが、こっちもあと2つ、勝って終わるか負けて終わるかでは全然違うポジションで中断期間に突入するし、勝ちたいところ。
今年は積極的なので、万博にも行きます。
また勝ち組にさせてくださいませ~。
by blue-red-cherry | 2007-06-21 12:15 | FC東京

フレッシュネスバーガー 2

前回かなりの時間待たされ、もうイカネ、と宣言した会社の近所の「フレッシュネス」
しかし期間限定メニューのアドを見て、即前言撤回。
生ハムアンドクリームチーズに期待大のハモンセラーノサンドを食しに行った。

c0025217_0591588.jpg

前回の怒り以降、社内の人間にヒアリングしたところ、総じて評判は悪かった。
だから期待もしてなかったが、どっこい、今日はスムーズにことが進む。
ランチタイムちょいズレだったとはいえ、ほとんど待たずに済んだ。
限定のハモンセラーノサンドのセット。
ブラッドオレンジソーダとあわせて500円。
これにオレのここでの定番、グリルドチキンも追加した。

c0025217_11340.jpg

ハモンセラーノサンド、ウマー!
生ハムはそれ自体に価値がある、名品らしい。
塩気たっぷり、旨味が凝縮されていて、香りもいい。
でも意外に主役はクリームチーズかも。
マスカルポーネ、よく知らないが、それもブレンドされたチーズは、甘い。
甘さとほどよい酸味、このソースが抜群に美味い。
柔らかい食感が生クリームみたいで、生ハムやトマトとの相性抜群。
塩気を和らげ、かつ、旨味を引き出す。
それ自体に強烈な味はないが、そんな潤滑油的な役割が非常に機能してた。

意固地にならずに来てよかった。
バーガー屋の新作は侮れん。
by blue-red-cherry | 2007-06-21 01:05 |

ローズ・イン・タイドランド

c0025217_14204263.jpg

そもそも奇才テリー・ギリアムを良く知らなかった。
「不思議の国のアリス」の新解釈!みたいな触れ込みに惹かれ、かつ、近所のツタヤでは争奪戦だった「ローズ・イン・タイドランド」をようやく見た。

ちょっとイルマティックすぎ。
オレ、ネクロマンティックな要素はニガテなんですよお。
もう初っ端からぶっ飛んでて、シャブ中の両親に純真無垢なカワユイ娘。
主人公のジェライザ・ローズちゃんは、健気にオヤジのシャブを配合までしやがるんだ。
シュールすぎんなあってこの辺はまだ笑えたんだけど、ジェライザ・ローズちゃんはシャブとかそんな次元をすっ飛ばしてキまくっててさ。
この辺は監督の見せ方がテクニカルなんだろうけど、現実世界とローズちゃんの精神世界の境目がだんだんゆるゆるになってきて、もう何がなんだか、何がなんだか、何がなんだか、さっぱりよ!

後半に差し掛かり、魔女キャラやイカレボーイフレンドが出てきた辺りからはもう、めくるめくKITTY GUY見本市みたいな展開。
こういうキャラたちって得てしてスーパー純粋培養だったりするから、そのまっすぐさがときとして胸に痛かったりすんだよな。
その辺を、ローズ役のジョデル・フェルランドちゃんが好演してる。
子供の不器用さとズルさの危ういラインと、それに大人が感じる、怖さ、みたいなのが凄く伝わってきた。

演者が少なくって、ロケーションもだだっ広かったりするもんで、絵的にはなんだか抽象画を見てる感じ。
映像面の世界観がストーリーを引っ張ってる感じもするかな。

とかなんとかいいながら、わけわかんなくなって半分舟こいでたww
思ったよりイルすぎて、自分のノーマルっぷりを再確認しました。
by blue-red-cherry | 2007-06-20 14:21 | 映画

びっくり寿司 恵比寿店 4

オレさまの生誕記念日っつうことで、めでたいので寿司を食らう。
びっくり寿司ですが、何か?

c0025217_10331355.jpg

限定20食のスペシャル膳に滑り込みセーフで有り付く。
竹クラスの握りが8貫に、茶碗蒸し、さばと思しき白身魚の塩焼き、そしてお椀。
これで1050円は破格じゃなかろうか。

c0025217_10332861.jpg
c0025217_10333728.jpg

海老の頭が三尾ほど入ったお椀が、だし出まくりで美味い。
キンキンに冷えた店内で汁物啜るのも夏の醍醐味。
握りはどれも粒揃い。
好きなものは最後派なんだが、最後に食べた中トロのとろけっぷり、ポイント高い。
身が締まった平目も良かった。
ぷちぷちとした食感と弾ける旨味、いくらの軍艦も最高。
だしがたっぷり効いた茶碗蒸し、チーズのせがとけて味わい深いさば塩焼きも美味。
バラエティに富んでるだけじゃなく、ひとつひとつも期待以上で満たされました。

新たな一年も、美味いもん食うぞー。
おー。
by blue-red-cherry | 2007-06-20 10:33 |

リストランテ Massa

一番付き合いの浅いマイメンが突然、臨時収入があったから奢ってくれると。
奇しくも誕生日を翌日(つまり今日)に控えたランチタイム、せっかくなので乗る。
誕生日だと告げると、きちんとしたお店を提案される。
どうせなら、と前から行ってみたかったイタリアンの人気店に行くことにした。
「料理の鉄人」で「イタリアンの鉄人」を務めたシェフの「リストランテ Massa」
ランチコースを手打ちパスタにグレードアップして奢ってもらった(サンキュー)。

c0025217_1261490.jpg
c0025217_1262568.jpg

薩摩芋の冷製スープに、タスマニア産スモークサーモンとポテトのサラダ。
どちらもコースメニューでも頼まなきゃ、出会わなかったであろう代物。
薩摩芋も、ビシソワーズも得意ではないが、このスープは美味い。
口どけがとにかくまろやかで、かつしっかりと塩味もついてくる。
外が暑かっただけに、最初に冷製スープにありつけるのはありがたい。
サーモンとポテトのサラダは、ビネガーの効いたドレッシングによく合う。
ポテトにもサーモンにも、細かく味付けがされており、抜かりない。
バジルとオリーブオイルの香りが強烈にイタリアンを感じさせる。

c0025217_130596.jpg

メインのスパゲティは、桜海老と万願寺唐辛子のクリームソーススパゲティを選んだ。
京都は舞鶴で生まれたという万願寺唐辛子、初めて食べたけど、甘い。
唐辛子だけど、野菜の甘味を感じさせる。
桜海老の塩気に対する、最高のカウンター。
両メインの具材がそれぞれ主張の強い味を持っているだけにソースは控えめ。
まろみととろみ、あくまで具とパスタを生かすための脇役に徹している。
わざわざ500円追加して食べた、この店自慢の手打ちパスタ。
太い!
コシの強さがハンパじゃない。
讃岐うどんや、沖縄そばにも勝るとも劣らない。
もはやパスタの域を脱しているような気もするが、こうソースと具とのコンビはどこをどう切ってもスパゲティになってるんだな。
メインの一皿は、食べ応え十分。

c0025217_1365059.jpg

最後はデザート(あとエスプレッソ)で締め。
これも日替わりのようだが、オレのはティラミス。
苦味と甘味が6:4くらい。
大人の階段をまたひとつ登ったオレに相応な渋みってとこですかねw
付け合せのフルーツにもスイカというナイス気配り。
最後まで繊細な作りには、お見逸れいたしやした。

ごちそうさまでした。
1時間半くらい、優雅なランチだったなあ。
誕生日も、悪くない。
by blue-red-cherry | 2007-06-19 01:39 |

FC東京×浦和レッズ J1第15節

c0025217_984423.jpg
試合後、新宿にてヤケ肉して帰宅。
どうしても勝ちたかった浦和戦
まだ半分以上残ってはいるが、昨日勝ってれば混線リーグに一気に乗っかれたが、敗戦でどちらかというと、下位グループの争いに名乗りを挙げてしまった。

G大阪

2位集団

下位集団 ←ココ

c0025217_985845.jpg
c0025217_991237.jpg
c0025217_9101959.jpg

またしても大挙してくれた浦和だが、固い。
ここ数年の試合では本当にこちらの良さを消すサッカーを徹底してくる。
ことしは民放の放送も減ったからあまり見てなくて分からんが、普段からああなのかな。
両SBの上がりはほとんどなく(山田はそこそこあったが)、ボランチも守備優先。
センターの2人に鈴木啓太も混ざって、ルーコンをガッツリ封じられた。
一方で攻撃面では東京のプレッシングをかいくぐる。
基本はワシントン狙い、もしくはサイドから起点を作る。
とにかく中盤の網をかいくぐる。
梶山・伊野波のコンビは昨日も運動量豊富だったと思うが、この攻撃の前に空回り。
気持ちが前がかり、前からボールを奪おうとするため、ワシントンからこぼれたセカンドボールをことごとく拾われてしまっていた(特に前半)。
あの状況だったら、ワシントンと田中のところを潰す、もしくは落としたポンテを潰す、それか楔の出所になる長谷部・鈴木を潰す、といった明確なビジョンがあったほうがよかったかも。
また、サイドで起点を作られてしまったのも、流れをつかめない一因になった。
前半は徳永が相馬の後手後手に回ってしまい、あのサイドを蹂躙された。
相馬のキレも良かったが、あそこはしっかり抑えないと、徳永。

c0025217_9152783.jpg

失点は2点とも悔やまれる形だが、仕方ない。
ルーコンのオウンゴールを誰が責められるだろう。
今野とフジのセンターバックはワシントン・田中達也の強力2トップをよく抑えてた。
田中に対しては入るボールを奪いに行き、ワシントンにはしっかり体をぶつける。
受け渡しもスムーズで、あれだけ楔を入れられたのに、よく抑えた。

c0025217_915492.jpg
c0025217_916191.jpg
c0025217_9161386.jpg
c0025217_9164239.jpg

なんだか煮え切らない感じだが、後半浦和の運動量が激減した中、やはり点が取れなかったのが大きな問題か。
22本も打ってたとは信じがたいが、それだけ外してたんだろう。
カウントには苦し紛れのミドルが半分くらいありそうだし。
もう、ここは個人の問題。
ノリオの右が枠に飛ぶとか、梶山も伊野波も、そうだ。
それにルーコンも福西もガンガン、ペナ内に詰めていく、とかね。
あれだけ長所に蓋をされると、より高いレベルが求められる。
ノリオと信男さんは前半からよく動いてたが、浦和クラスが相手だとやはりSBと絡んでの2弾ロケットでいかないと中々崩せない。
アーリーなんかでクロスを放り込んだとしても、また中が固い。
そこはクロスの質、サイドの抉り具合なんかで工夫するしかない(徳、惜しいのあったな)。
個人力と組織力、両方でまだ、高みに上るための課題があるね。
まったく入る気配のないセットプレーは、もはや忌々しき問題だ。

c0025217_917042.jpg

悔しくて悔しくてたまらないからヤケ肉だったんだけど、まあ、仕方ないか。
なんつうか、浦和にはJ2に落ちるか、J1より上のリーグいくか、してほしいww
スタの割りは混乱するし(Taco Delio、生ビールのブースがあっち側ってどーよ!?)、京王線はすげー混むし、何より試合がつまらんし……正直浦和戦は疲れる。
それより、最初に書いたが、昨日の勝敗はリーグの位置的に結構大きかった。
昨日の結果で3位とは7差、一方降格圏まで3差。
下位が結果を残しているだけに、油断ならない状況に。
これで水曜の甲府戦はますます負けられなくなった。
その次に好調のガンバ、鹿島と続くだけに、マジで負けられない。
戦いながらチーム力を上積みしていかないとこの混線リーグ、何が起こるかわからない。
もともと上昇志向の強い梶山・伊野波に伸び白はあるし、ノリオも右で打ったり中であわせたり、プレーの幅を広げつつあるし、赤嶺も爪を研いでいるだろう。
下を向く必要はないし、下を向いてる暇はない。
戦うしか、ない。
by blue-red-cherry | 2007-06-18 09:18 | FC東京

洋食亭ブラームス 自由ヶ丘店

こっちに越してきて最初にハマったお店がここ「洋食亭ブラームス」
いかにもな土地のイメージとのマッチングで入ってみたが、そのクオリティにやられた。
カツカレー、オムライス、何食っても美味い。
結構値が張るもんでなかなか行く機会がないが、ボーナス出たし、たまにはね。

c0025217_10562893.jpg

スモークサーモンのサラダから始まるセットメニュー。
豚ヒレ肉のカツレツをメインにしたセットは1780円。
このサラダにライス、グラスビールがつく。
結構いいお値段だが、メインの登場で納得させられた。

c0025217_10573991.jpg
c0025217_10575066.jpg

カツレツでかっ!
欧米か!
見た目だけで満足するよ。
ナイフを入れればするっと切れる柔らかさ。
かつ、薄めの衣もしっかりサクっと食感が楽しめる。
何よりこの洋食屋のグレードを証明しているデミグラスソースがいい。
酸味と苦味を強く感じさせる大人な味わいが、肉汁溢れるカツレツを締める。
付け合せの幅広パスタもあって、ライスとともにボリュームはフル。
味、ボリュームの両面でパーフェクトなディナー。

高い、でも美味い。
高いっていってもそんなに馬鹿高いわけじゃないし、ここはホントに好き。
ああ、またハヤシライスも食べてーなー。
月イチくらいならありかな。
by blue-red-cherry | 2007-06-17 11:02 |

博多一風堂 恵比寿店

ラーメン好きなら誰もが知ってる超有名店「博多一風堂」
恵比寿のラーメン、こんだけ食べてて、そういえば恵比寿の一風堂は未食。
あんまりトンコツラーメンが好きではないってのもあるが、避けてたわけでもないんだが。
とにかくラーメンが食べたくなって、気温30℃の真夏日にわざわざ訪問した。

c0025217_1039435.jpg
c0025217_10395651.jpg

ランチセットは好みのラーメンにひと口餃子とライス(おかわり自由)がついて850円。
これはお得じゃないか!
知らなかった。
この日は夜、もつ鍋大会があったので八分目にしといたが、今度は馬鹿食いだな。
ひと口餃子には柚子胡椒がついていて、美味い。
アレくらいならにんにくも気にならないだろう。
昼からビールが欲しくなる組み合わせだ。
ラーメンはこってりの赤丸をチョイス。
メインのトンコツにマー油と思しき黒目のオイル、辛みそが中央に乗る。

c0025217_1043401.jpg

This is 博多トンコツ。
極細麺、太麺好きだが本格派のそれは素直に美味い。
濃厚なスープを絡めとる。
具ももやしにきくらげ、あさつきとオーソドックス。
チャーシューは脂身強めで、その柔らかさが印象深い。
こってりとはいうものの、天一のそれなんかに比べれば全然飲みやすい。
スープまで飲み干せる。

普通に美味かったな。
ボリューム含め、また通いそう。
by blue-red-cherry | 2007-06-17 10:47 |

豚ロース味噌漬けソテー丼

よくスーパーで見かける味噌漬けもの。
ホルモンやらなんやらに並んで必ずあるのがポークソテーやトンカツ用の豚ロース。
豚ロース1枚肉を使ってポークソテーはよく作るが、味噌漬けはあまり買わない。
お目当ての肉がなかったので、手抜きも兼ねて買ってみた。

c0025217_10282370.jpg

雪国もやしを下に敷いた。
ソテーとかステーキにはもやし。
200gで48円は、もやし界の相場からいくと、ちと高級。
さて、味噌漬けされた豚ロースだが、何もせずにそのまま焼いてみた。
フライパンでサラダ油とにんにくを先に熱して香り付け。
味噌とにんにくの香ばしさが混ざって、食欲を煽る。
何より、肉厚の豚ロースはそれだけで興奮するよ。

c0025217_1031254.jpg

結果からいうと、あんまり味噌漬けされた感じはしなかったなあ。
その、普通にポークソテー。
そりゃ若干の風味はあったけど、にんにくのがよっぽど強かった。
かといって不味かったわけではなく、ポークソテー丼としては大満足。
やっぱマダマダ脂身が好き。
あの疑り深くない、正直な味が、スキ。

丼は手間隙かけずに豪快にいくに限るね。
by blue-red-cherry | 2007-06-17 10:33 |

舞妓Haaaan!!!

c0025217_1511577.jpg
実は2週間ほど前、試写会で見ていた「舞妓Haaaan!!!」
ネタバレはどちらにしろしないが、公開まで書かないでおいた。

序盤から畳み掛ける。
抱腹絶倒って言葉がしっくりくるくらい笑える。
テンポのいい展開にはセンスの良さを感じるが、ベタなキャプションや舞台回しのパッチワーク感、ギリギリのセンスで攻めてくる辺りも抜け目ない。
アクションあり、ミュージカルあり、で最初の30分くらいで元取れる。
しかし、ストーリーはなんつうか、破天荒な飛び方はするが、軸はしっかり起承転結、バックグラウンドのエピソードもしっかりしてたりなんかするもんだから「弥次喜多」よりはまともに楽しめるww
ハチャメチャだが、最近心の胃酸過多気味なオレの胸にはキュンとキタ。

演者がまた、素晴らしい。
クドカンとともに歩んできた阿部サダヲの主役抜擢はフロックじゃない。
ソープ通いの警官から始まり、シリアスな医者までこなす阿部サダヲだが、こう、変幻自在でいろんなキャラが出てくるキャラ(今回の主役・鬼塚公彦)はピッタリ。
シーンごとにカメレオンのように、色を変えていく芸達者ぶりが楽しい。
器用だが、勢いで乗り切ったりする馬力もある。
4番じゃないが、クリーンナップ張れるプレーヤーだな。
名バイプレーヤーにも引き続きなってくれると思うけど。

堤真一もカッコいい。
お座敷荒らしの野球選手、ハマりすぎww
最近、佐藤浩市が凄く好きなことに気づいたんだが(「クライマーズ・ハイ」のときに気づいてたかも)、堤真一の場合はあそこまで完璧な感じ(ともすれば嫌味な感じ)がなく、もっと庶民的というか、超成金の野球選手演じても全然むかつかない。
柴咲コウは可愛いんだけど、舞妓姿よりOL姿のが可愛い。

あと、京都っぷり。
いきてー、花街。
舞妓遊びとか、そんなん到底無理だし、一生のうちに一度くらいチャンスがあればいいから、とりあえず雰囲気見てみたい。
実は近日京都旅行予定なので、鬼塚少年のようにデバガメってくるぜ。
舞妓・芸妓はみんな、凄く可愛いんだけど、京野ことみ。
ハマってたなあ。
アレは中学生が優しくされたらトラウマになるよ、うん。
この映画のハイライトだな。
あ、酒井若菜舞妓はん、も可愛かった。

花街遊びの奥深さも知れるし、何より元気になる。
6月病のアナタの心を癒すでしょう……。
by blue-red-cherry | 2007-06-16 15:11 | 映画