<   2007年 08月 ( 65 )   > この月の画像一覧

韓国料理 ワンス 2

「ワンス」、ワンスアゲイン。
……話題の「Mac Cafe」見にガーデンプレイス行ったら長蛇の列。
ニッポン人って行列好きよねー、ホントに。
で、「ワンス」、ワンスモア。

c0025217_113912.jpg

スンドゥブでよかったんだけど、なんとなく同じのはアレなんで日替わり。
この日はテンジャンチゲ。
結局この前のスンドゥブセットと変わらないな。
テンジャンとは味噌のこと。
あさりをはじめ、魚介のダシが香る。
辛さは味噌でマイルドになり、確かなものの、キツくはない。
やっぱりしっかりダシをとってる汁ものは食べ応えがある。
具は変わったところでかぼちゃなんかが入ってた。
スンドゥブの豆腐よろしく、春雨の存在感が際立っており、ボリュームもそこそこ。

何気にオレのランチ事情は、遅れてきた韓流ブームみたいだ。
by blue-red-cherry | 2007-08-31 11:39 |

牛角食堂 渋谷店

火曜の夜、センター街で夕飯。
なんか若返った気分。
焼肉のほうは結構よく行くんだが、こっちは初めての「牛角食堂」

c0025217_2172423.jpg
c0025217_2173211.jpg

仕事帰りに気軽に焼肉、イエー!
ピートロ&ハラミ定食は、それぞれ5、6枚くらいずつ、焼いて食う。
焼肉行くとついついガッツくが、これくらいが適量なのかも。
脂身のジューシーさがたまらないピートロ。
柔らかさと肉汁の旨味に大満足のハラミ。
シャキシャキもやしもバッチリ。
仕事終わりの一杯・生ビールにも、ハラペコに嬉しい白ご飯にもベストマッチ。

肉を焼く。
白いメシで食う。
シンプルだけど、これくらい大雑把なほうがいい。
トラジの肉定食もいいが、オレはこっちのがいいなあ。
恵比寿にできないかな。
by blue-red-cherry | 2007-08-31 02:21 |

サンフレッチェ広島×FC東京 J1第23節

c0025217_9231738.jpg

ホームでそれを見せやがれ、このヤローっ!
……っと遠吠えはこれでおしまい。
久々に現地組のみなさんを勝ち組にできた広島戦をfootnikで観戦した。

勝つときはこんなもんなのか、原采配がドンピシャで当たる。
相変わらず意図の見えづらい交代策にしたって、ドンピシャだもんな。

まずはスタメン、苦肉の策だった赤嶺ワントップ、栗澤左ウイングだったが、相性の悪い広島相手に両者の頑張りが攻守両面でチームを救った。
殊勲の2点目、あれがかなり大きかったと思うが、またしても泥臭く自分の持ち味を生かして結果を出した赤嶺だが、決して特性があるとは思えないワントップでシーサー奮迅。
とにかく競る、とにかく追う。
闘志剥き出しのプレーは迫力十分で、ルーコンとは違った側面でチームを牽引した。
彼のダッシュを号砲に畳み掛けるプレスはまるで雪崩。
実に頼もしくなってきた。
一方で栗澤。
彼も充電期間が功を奏したが、元々賢い選手だし、与えられた役割を完璧にこなす。
前半に一度抜け出されてクロスをあげられた場面があったが、やはり駒野に仕事をされたとき、中の人間は佐藤寿人・森崎どっちか・柏木の3人を捕まえるのが難しかったと思う。
そういう意味では高めの位置から守備重視で相手を押し込んだクリの動きが効いた。

駒野を抑えたという意味では、浄の頑張りに目頭が熱くなった。
先週埼玉で痛めた足は、そう簡単に完治しないレベルだと思うが、怪我を微塵も感じさせない運動量と精度の高い攻守で、ピンチの目を摘み、チャンスを演出。
件の赤嶺のゴールに繋がったダイビングヘッドパスカット!
浄の出来が良い日はだいたい勝ってるような気がするんだが。
出来がよかったといえばもう片方のSB、徳永。
珍しく良かったww
鉄人・服部公太(フルタイム連続出場150超え!)を石川と2人できっちりケアし、攻めても効果的にその脚力を見せつけた。
徳はこれをアベレージにしてもらわないと。

c0025217_9424790.jpg

じゃあ赤嶺以外のゴールした選手たちについて。
梶山!
年に一度のスーパーゴール、ことしは広島だったか。
最近徐々に枠内に近づいてきてた無回転FKがついに火を噴いた。
かさにかかって攻め込んでた前半、あの時間帯に先制できなかったらムードは変わっていただろうし、あの先制ゴールは非常に大きかった。
重要なゴールではあったが、あれはひとつのオプションで、運動量・体躯を生かした超人的なセンターハーフぶりは今週も健在。
ボディコンタクト、負けないねえ。
ボール全然、獲られないねえ。
ミスパスも目立つが、それだけ攻撃にも絡めてる証拠。
梶山は絶対ボランチ、もしくはセントラルで使うべき。

福西のゴールも完全におまけ感が強いが、彼はホント見せ方が上手いよねー。
実際後半は、チームとしてもキツイ時間帯にあまり動けてなくて、個人的にはノリオを入れるんなら福西出して栗澤残しといたほうが良かったんじゃないかなって思ってた矢先のゴル。
役者だとは思うが、彼もまたその体とテク、経験を生かしたプレーは出色。
確かに収まりの良さは群を抜く。
そこに、さすがにシーズン通じてかみ合ってきた周りの動きが絡むのでチャンスは作れる。
まあ時間限定が良いと思うけど。

そしてそーたー!!
SOTA strikes back soon, ya heard me???
やったよ、期待通りだよ、オジサン、嬉しいよ……。
2点目はアレとして、トドメを刺したハーフボレーは大きい。
所謂、魔の2-0を打ち破る一撃は、相太の真骨頂、胸トラからの強烈なボレー。
短い時間で結果を出したね。
気合いは入ってたけど、空回りしてなかった。
競り合いにことごとく勝ち、ルーコンや赤嶺のようにチェイスを欠かさない。
相太はゴール後のパフォーマンスを考えながらやるくらいがちょうどいいんだろう。
keep it goin' , kid!

最後に、お気づきだとは思いますが、今ちゃん。
彼がこんなに輝いた試合を見るのはいつ以来だろう。
全世界が待ち望んだ、今野ボランチ復帰。
こいつがすべてだった。
今日の試合、開幕戦で逆手にとられまくった鬼プレッシング先方で臨んだにもかかわらず、三倍返し(ゲーフラ最高)が叶ったのは、アンカー・今ちゃんの存在。
中盤は全域が彼のテリトリーで、どこにいてもボールを奪う。
バイタルエリアでのカバーリングも超的確。
ひとたびボールを持ってからも、最終ラインの経験が生きたかシンプルに散らす。
この試合のファーストシュートになった攻め上がりの時点で、今ちゃん復活!はもう確信してたけどね。
梶山と組むボランチはやっぱり日本一だと思う。
そこに栗澤が入った試合のバランスの取れ方はJ屈指。
でもこれが正しい形なんだけどなー、原さん。
ちょっと遅すぎたね。

今ちゃんにCBを強いてた根源のモニはまだまだ怖いなあ。
目処はたった、かもしれないけど相変わらず不安定&以前の迫力がない。
不安定なのは仕様だったっけww
頼むよ、マジで。
低迷の元凶のひとりですよ、アンタは。
男になってくれ、残り試合。
あと、フジはプレスが効いてる試合だとネ申並みに輝くね。
芸術的なインターセプト連発。
マジあの芸当に関しては彼の右に出るものを知らない。
塩田もついにビッグセーブが出た。
大勝の裏で、少なくなかった決定機を跳ね返したのは大きい。
これでノってくるだろう。

何はともあれ連敗脱出。
またしても、「勝ち試合は全員7.0」的なレビューになっちゃった(モニは違うww)。
ただ、広島がgdgdだったのは忘れてはいけない。
浦和と柏にもこれに近い出来で敗れている。
ルーコンや伊野波が戻ったり、連戦の疲れもあるだろう。
メンバーの入れ替えはちと怖いが、まずは続けること。
怖がらずに全力プレッシングサッカーだよ。
また立ち返ったよ、シーズン初めに。
とにかく次、ホームでも勝たないと。
勝って兜の緒を締めろ、というか一寸も浮かれられないのはわかってるはず。

12位・13位直接対決を制したのは素晴らしい。
さあ、次は11位・12位直接対決だよ!
by blue-red-cherry | 2007-08-30 10:10 | FC東京

24 -TWENTY FOUR- シーズン3

c0025217_18195994.jpg

「―シーズン3」完了。
いよいよデカくなってきたね、スケールが。
若干のネタバレも含むので、未見の人は読まないでください。


今回のテーマはバイオテロ。
序盤から畳み掛ける展開で、敵味方入り乱れキャラ登場しまくり。
そんな流れで24話進むわけだから、結果として前半部は壮大な前振りってことか。

「2」からの3年というスパンは結構なブランクで、基礎メンバーの設定変更に戸惑う。
特にジャックが行ってた潜入捜査の影響は最後まで尾を引くが、すごい捜査官だ。
CTUのメンバーもひっちゃかめっちゃか。
トニーとミシェルは想定内だが、キムは……。
あとクロエとアダムは慣れるまでウザくってww
今じゃお気に入りだけど。

まあダディケイテッド・ライアン・シャペルなんだけどね。
大統領サイドのストーリーはスケールこそ派手化だが、中身は昼ドラ化。
もうどろっどろですよ。
あ、サンダースの娘が可愛かったのは書き残しておく。

今回はとにかく24時間にいろんなこと起きすぎで、飽きない。
むしろついてくのが大変なくらい。
しかし、アクションシーンもかなり本格的だし、ドラマ部分も濃厚。
最高傑作にあげる人が多いのも頷ける。
さらにいえば、今シーズン4を見てるんだが、メンバーの入れ替えも含め、今回でここまでのひとつの区切りって見方もできる内容で、見逃しは厳禁。
アイツとアイツがここで死ぬとはね……。

もう止まりませんww
ディスカスと近所のTSUTAYAを交互に利用しつつ、ギアあげて追いつくぜ!
by blue-red-cherry | 2007-08-29 18:21 | テレビ

節骨麺たいぞう 恵比寿店 8

予定通り、自身の坦々麺の好みを確かめるために「たいぞう」へ。
まる辛坦々麺を久々に頼む。

c0025217_11283468.jpg
c0025217_1128539.jpg

ああ、これが好きだわ、やっぱり。
Wスープがベースになってるのがすべて。
味噌系、胡麻系、ラー系、坦々麺の構成要素とWスープの融合。
これだけ旨味の要素がそろって食い合わない、奇跡的。
しかもマイフェイバリット・太麺。
肉味噌じゃないひき肉も、肉の味ダイレクトで美味い。

所謂本家・坦々麺も食べますが、オレはどうやらラーメン屋の坦々麺が好きみたい。
ほかにも探してみよっと。
by blue-red-cherry | 2007-08-29 11:29 |

SOTA Strikes back soon!! (...maybe)

シーズン前から思い返せば、どんだけ叩かれただろうか。
出る杭は打たれるとはいえ、190オーバーのフォワードは目立ちすぎるのかな。
ゴタゴタの末に移籍してきて、いつの間にか東京の一員になった平山相太。

東京に来てからの彼は、デブだの鈍重だの散々な言われようだが、オレは好き。
なんつったってあのクライファートが好きだったんだからww
抜きん出る高さ、予測できない懐の深さ。
ああいう日本人離れしたところには魅かれざるを得ない。
でも確かに、釜本以来と期待された高校時代から、アテネ組の期待の星としてもてはやされては挫折、暗黒の大学時代(ここがかなり余計だった)を経てオランダにて復活、と浮き沈みの激しいキャリアにて幾度か輝きを放ったポテンシャルに比べれば、今の彼の働きには大いに不満だ。

c0025217_1717848.jpg

彼の高校時代、ヘラクレスでの活躍を集めたハイライト集を見た。
相太は「ファンニステルローイのビデオ見て頑張ります」、とか言ってたらしいが、自分のゴール集を見たほうがいいんじゃないか?
原さんに連日叩き込まれてるという割りにまったく入る気配がしない(クロスをあげる側の問題も根深い)ヘディングをバンバンぶち込んでるじゃないか。
そうそう、最近見ないから忘れてたけど相手がヘッドで競るところのボールを胸トラして足元で振りぬくあのスタイル、あれぞ相太の形じゃないか。
柔らかいトラップから落ち着いて自分の得意なゾーンへ持ち込むテクニック。
デカイ・強いだけじゃなく、身のこなしも生かしたボディーコンタクト。
できるはず、できるはずだよ、平山相太。

この前の浦和戦みたいに空回りするかもしれない。
それでも我武者羅に戦い続けろ。
今戦わないでいつ戦う?
怪我人のボールも返さない(それ自体は褒められたもんじゃないが)、ヒール気質の負けん気、そこもキライじゃない。
沈みそうな東京を、引っ張り揚げてくれよ。
追い詰められた男の爆発に期待する。

誰がなんといおうと、周りは気にするな。
自分を信じていれば、勝利はついてくる。
by blue-red-cherry | 2007-08-28 17:18 | FC東京

京鼎樓 恵比寿本店 2

結婚式の2次会明けの月曜、もちろん二日酔いだ。
ただし、3次会はなく、飲み足りなさもひとり家飲みで紛らわしたので症状は軽い。
ちょいリッチ中華ランチで「京鼎樓」
酸辣湯麺が食べたかったのよ。

c0025217_132140.jpg
c0025217_133281.jpg

しかし、残念なことに小龍包のセット対象の麺に酸辣湯麺の名はなし。
プラスオンしてもできないと断られ、かといってここで小龍包を食べないわけにはいかないので、仕方なく坦々麺のセットを選んだ。
坦々麺はかなりペースト状のゴマが締める、とろとろ超えてドロドロなスープ。
表面を抜ければ醤油ベースのスープに出会えるが、ゴマが強いとろみをだしている。
ラー油などの香辛料もふんだんで、香りがいい。
辛さは適度、といったところ。
肉味噌にネギ、青梗葉と具も基本に忠実で、まあ普通に美味しい。
でも、食べててオレもしかしたら生粋の坦々麺好きとはいえないかも、な気がしてきた。
ストレートなあっさりスープ+味噌系、ジャン系だと物足りないんだよな。
だから、トンコツだか魚介だかのエッセンスもあるラーメン屋の坦々麺が好きだったり。
これを確かめるために、近いうちに「たいぞう」か「光麺」、試さないと。

c0025217_19527.jpg
c0025217_191539.jpg

小龍包は相変わらずうめえ!
この肉汁を閉じ込めて饅頭作るなんて、中国四千年の食は素晴らしいな。
中華料理ってホントに美味いけど、その中国の食材危機が騒がれるなんて……。
それはさておき、今回はさしちょこ的な皿の上で包みを破り、啜るという食べ方を発見。
これなら肉汁を余すことなく堪能できる。
ナイス発見だったぜ。

二日酔いでラーメンを欲するのは我ながらどうかと思うんだが、酸味を欲するのはたぶん、医学的見地からも証明できそうだよな。
酸辣湯麺、そういう意味ではキング・オブ・二日酔い麺のひとつだと思う。
でも小龍包食べないわけにはいかないし、ここじゃあ食えないかもな。
悔しいから、小龍包には酢をいっぱいかけといたっす。
by blue-red-cherry | 2007-08-28 01:13 |

ラ・リューシェ 3

またまた行ってきました、「ラ・リューシェ」。
こんだけハマってれば、どれだけ美味いかが伝わるかな?

c0025217_0382084.jpg

今回はランチ後まもないときの訪問だったので、ダブルを1カップにしといた。
イチジクのアイス・フィグと、ゴールデンパイナップルのソルベ・アナナ。
食べたいとは思ったものの、実はイチジク、一度しか食べたことがない。
それもつい先日、フレンチのコースの一部でちょろっと口にしただけ。
だから、あんまり評価できない。
感覚としてはストロベリーのアイスに近かった気がする。
イチジク好きの人にはどうなんだろうね。
アイスだから濃厚で、滑らかな喉ごしがよろしい感じでした。

一方、アナナ、パイナップルのソルベは例によって間違いない。
完全にパイナップル、それも旨味が凝縮されている。
思ったんだけど、新宿のアルタのちょい先、歌舞伎町に向かうところの果物屋が名物として出してるフルーツを凍らせたスティック、あれに近い。
素材そのものを凍らせてる感じ。
しかもあれはまんまだけど、しっかりスイーツとして仕上げてるから無駄がない上に繊細。
フルーツをそれ自体で味わう以外の食べ方としては、オレが知る限り最高だな。

期間限定じゃなくても絶対繁盛すると思うけど、それでしかやれない何かがある。
採算なのか、工程なのかはわからんが、とにかくこのスペシャルなお店とそのスイーツをもうちょい、楽しませてもらいます。
by blue-red-cherry | 2007-08-28 00:58 |

松井大輔の華麗なるボレー

c0025217_15191070.jpg

今朝見たル・マン、松井大輔の今シーズン初ゴールがカッコ良すぎなので貼っとく。
自陣でボールを受けてからゴールにいたるまで、一切ムダなし。
限りなく完璧に近いゴール。
一人の素晴らしい動きに対し、クロスをあげた選手はもちろん、松井のうしろにフリーで控えてたFWの選手ら、全員が連動している。
これもひとつのビルドアップだな。

しかし、松井は上手い。
ドリブラー(前にも書いたがあの上半身で仕掛けるムーブ、最高の武器)としての印象が強い松井だが、ボレーも上手い。
そしてヒールキックも巧(たくみ)すぎ。
普段から練習してるんだろうなあ。
そんな松井の魅力が詰まったプレー集、ご覧あれ。

c0025217_15195226.jpg

松井のゴールのほかに森本の初先発・1ゴール1アシストなんてニュースもあった今朝。
月曜日に海外組の活躍を知ってワクワクするってのはいいやね。
ペルージャ・ローマ時代のヒデとか、毎週楽しみだったなあ。
松井も森本も去年は怪我に泣かされた。
まずは1年、怪我なく実力を発揮してほしい。
そうすれば2人とも、代表のユニフォームを着た姿で見られる日も遠くないはず。
先日のカメルーン戦での田中達也、大久保の活き活きっぷりを見る限り、オシムジャパンでの松井のフィットは期待できそう。
またアテネ組か。
森本は反町さんを救うことになるかも知れない。

そんな日を思い、妄想を膨らまし、仕事が手につかない月曜午後。
by blue-red-cherry | 2007-08-27 15:21 | サッカー(FC東京以外)

ウェンディーズ 4 

待望の新作登場。
3ヶ月ぶりの友人の結婚式2次会前の腹ごしらえで「ウェンディーズ」に。

c0025217_12132876.jpg
c0025217_12134653.jpg

ボロネーゼバーガー。
ネーミングはさておき、美味しいじゃないの。
トマトソースはバーガーライクなケチャップのそれとは一線を画し、スパゲティやリゾットで使われそうな、きちんと煮込まれた深い味わい。
ひき肉もたっぷりで、ミートパティとともに肉の味も堪能できる。
見た目はモスバーガーっぽいけど、まったく別もん。
ありそでなかったイタリアンバーガー、美味いっす。

c0025217_1214211.jpg

セットのフレンチフライは例によってグレードアップ。
こちらも新作のベーコンチーズフライをチョイスした。
ここのフライチーズはガチだよな~。
人によるけど、チーズの量が大体満足いく量いれてくれる。
その上にスモーキーなベーコン、さらにスモーキーなチーズがのる。
まずいわけがないでしょ。

フライチーズで一杯やりたくなってきた。
酒売らないかな。
by blue-red-cherry | 2007-08-27 12:14 |