<   2007年 09月 ( 69 )   > この月の画像一覧

鶏ささみの梅肉和えスパゲティ

先週はモチベのコンディションもあり、早めに帰宅することが多かった。
ちょっと余裕あると、毎晩のスパゲティにも色がつけられる。
鶏ささみを梅肉で和えた和風スパゲティ。

c0025217_12322930.jpg
c0025217_1232394.jpg

梅干って自分で買ったことなかったんだけど、高いのね。
3~400円がデフォでした。
そんなときはSHOP99。
キュッキュキュ、キュ、キュッキュキュキュ。
梅干も104円でゲット。
惜しげもなくすべて梅肉だけを抽出し、かつお節とだし醤油で味付けした。
そこに茹でたささみと、刻んだ大葉を入れて出来あがり。
ソース的なものがないので、茹であがったパスタにも軽くだし醤油をオリーブオイルで。
あらかじめ絡ませておいたオイルの力で、梅フィリングが満遍なく広がる。
もともとの塩気に醤油やかつお節が加わり、味わいは豊か。
酸味もほどよい感じに中和された。
大葉の香りもよく、ささみも喜んでくれたかな。

思い描いたとおりの仕上がりで、満足満足。
by blue-red-cherry | 2007-09-30 12:37 |

いてつく波動

c0025217_17165163.jpg

先日の「ラジかる」に沢尻エリカが出演した際のひとコマだが、怖すぎる。
視聴者からのメール質問に受け答えするんだが、これは戦場かww

宮崎アナのこうげき!
「沢尻さんが中心の女優会、沢尻会は本当にあるの?」


エリカ様はいてつく波動を使った!
「メディアが勝手にいってるだけなんで(超冷たい目)」
ラジかるチームの呪文の効果が消えた!


中山秀はスクルトを唱えた!
「ないんだよ!これは!」


宮崎アナのこうげき!
「エリカ様の弱点は何ですか?」


エリカ様はいてつく波動を使った!
「ないけど……あっても教えないです(死んだ魚の目)」


パーティーは全滅した……

沢尻エリカに関しては作られたイメージが多すぎてもうわからん。
実際に取材したオレの知り合いは死ぬほど憤慨して帰ってきたし、誇大ではないと思う。
ここ最近映画の宣伝でテレビでまくってるが、スマスマとか堂本兄弟に出てたときはニコニコしまくってたし、相手選んでるのか?
どちらにしろ、これはヒドイww
まあ、気分悪くする人も多いだろうし、やるならとことんやってください。

やっぱ天使はガッキーだけだな。
by blue-red-cherry | 2007-09-29 17:29 | テレビ

まっち棒 渋谷店

今日も松屋。
と行きたいところだったが、午後イチで外苑前で打ち合わせ。
あまり会社にいたくなかったので早めに渋谷に移動し、ラーメンでも食うかと。
ホントは「すずらん」に行きたかったんだけど、12時ちょい前で30人の行列。
昨日は久々の猛暑日で、あえなく断念し、今度は「梵天」にしようかと思ったんだが、こちらも行列だったので、同店2階の「まっち棒」に落ち着いた。

c0025217_13533717.jpg

和歌山セット850円は、ラーメンにサバの早寿司がついたセット。
しかもランチタイムは替え玉1杯無料なので、コストパフォーマンスは上々だ。
サバの押し寿司である早寿司は、普通に美味しい。
ハラペコの胃に、酸味がキク。

c0025217_13553057.jpg
c0025217_13553998.jpg

思えば和歌山ラーメンを食べるのも随分と久しぶり。
それこそまっち棒でしか食べないんだから、池尻か豪徳寺か、どちらにしてもかなり前。
豚骨をベースに醤油を前面に押し出したスープは相変わらず濃厚で美味い。
このしょっぱさがたまらなく、いいよね。
豚骨の流れを汲んでいるのは、極細麺との相性のよさからもわかる。
スープがよく絡んで、美味しいところをムダなく味わえる。
柔らかチャーシューに青ネギ、薄切りのかまぼこと、お決まりの具がまた嬉しい。
もちろん替え玉して、お腹いっぱい。

和歌山ラーメンのスタンダード、めぐりめぐったお店だったけど正解だったかも。
by blue-red-cherry | 2007-09-29 13:59 |

Association is totally fucked up

c0025217_153765.jpg

既に多くのサッカー好きが意見してるし、ほとんど同意見だからあえて書く必要もないんだが、この日記が未来まで続いて、その未来がこの件の反省で素晴らしい未来であることを祈って書き残しておく。

許せないのは、その発言が大きな影響力をもつ大人たちが、子供に夢を与えなきゃいけない大人たちが、「自分たちの正論」を何の疑いもなく、相手の気持ちも世間の反応も顧みずに発したことだ。
さらに胸糞悪いのは、相手の気持ちも世間の反応も顧みないどころか、相手の気持ちになってやったし、世間の反応も顧みてやったとしてる上での発言、としているところだ。

相手、である川崎は、確かにアウェー・イランでの戦いにチャーター機を手配してもらったという恩義はある。
ここまではJリーグ、GJだし美談だ。
しかし、所謂ベストメンバー規定に抵触するメンバー起用と、ACL敗退が決まったところでこの話を蒸し返す必要がどこにあるのだろうか?
川崎に(というかJリーグ代表チームに)日本を代表してACLをとってほしい、その一心でリーグとしてのサポートをしたんではないのか。
そもそもACLに臨むチームにとっては過酷な日程であり、代表チームの日程も含め動かせない事情があるからこその配慮であり、このサポートが必要になったきっかけは、多少飛躍気味だがJリーグ側にあるという見方もできる。
「○○してやったのに」。
何この恩着せがましさ。
言われなくたって川崎は、その責任を感じてるよ。
負けて辛いのは(しかも超惜敗)彼らなのに、なんの仕打ちだこれ。

もうひとつ、自分たちと同じ考えでいると思い込んでる世間=サポーター。
これは本当に酷い。
「オレたちはサポーターの気持ちを代弁している」。
何この欺瞞。
槍玉にあがっている先発メンバー8人交代で臨んだ試合。
当事者である川崎と柏に与えた影響は、想像だがこんな感じだろう。

<川崎>0-4の負けは悔しい、リーグ優勝が厳しくなってきた今、リーグ<ACL、主力は決戦に向けて温存できたのでウマー(゚д゚)
<柏>4-0で勝ったし、ウマー(゚д゚)、むしろありがとう

誰が損をして、誰に対して失礼だったというんだろう。
そりゃ明らかに舐めてる、っていうケースがないとはいえない。
だけど、そんなことは誰しも分かってるわけだし、そこには確固たる理由がある。
むしろサポーターと呼ばれる人たちはそんなこと百も承知なんだよ。

Jリーグの今の代表である鬼武、Jで最も幸せなクラブに近い浦和を育ててきた犬飼、そして100年構想をおったててJの生みの親のひとりである川渕。
こいつらがこんなこと言ってんだもんなあ。
この世論を彼らはどう受け止めるんだろう。
日本のサッカーに未来があると、信じさせてほしい。
もう二度と、こんな不快な思いはしたくない。
川崎フロンターレのみなさん、お疲れ様でした。
みんなそう思ってますよ、絶対。
by blue-red-cherry | 2007-09-28 22:12 | サッカー(FC東京以外)

鶏ささみのカルボナーラ

伝説のカルボナーラに具をオン、シリーズ第2作目は鶏ささみ。

c0025217_1113765.jpg
c0025217_1114814.jpg

ささみは茹でたりソース作ったりしてる間にポン酢とオリーブオイルに漬けて味付け。
これで味の破綻はない。
ソース作りではいつもより水分を多目にしてみたところ、正解。
いつも水が少なかったんでソースの量が少なくなってたんだな。
薄くなりがちな危険性こそあるものの、卵液と混ぜたあとは火にかけるだけでトロトロ。
火加減でクリーミィさを演出できる。
トロトロなソースの中に、ささみがまとったポン酢ソースが染み出して、美味。
ベーコンとささみ、肉2種はちょっとした贅沢で、嬉しい。

クリームはゆるめくらいがのどごしもよくってちょうどいいかもね。
by blue-red-cherry | 2007-09-28 01:15 |

松屋

今日も松屋だ。
早いの美味いの、やっすいのお。
イライラがどうにも止まらない昨今、ゆっくり食べてたらヤなこと思い出しそうで。

c0025217_0455092.jpg

彩りキムチ牛めしに豚汁セット。
牛と豚のコンボだ。
これにチキンサラダなんかがついたら最強だが、これで十分すぎるボリューム。
彩りキムチがいい。
キムチのほかにじゅんさいやら、何かの茎やら、ナムル調の野菜をミックス。
辛さをまろやかにしつつ、食感もいい。
豚汁も具沢山で満足。
松屋はデフォの味噌汁があんまり美味くないから、ついついクラスアップしちゃうんだよ。

結構お姉さんひとりでくる人とかもいるのね。
松屋、奥深い。
by blue-red-cherry | 2007-09-28 00:52 |

ひとりシャンパンサッカー

小気味よいテンポの華麗なパスサッカー、往年のフランス代表が見せ付けていた時期に名づけられた、シャンパンサッカー。
メッシのプレースタイルはまさにひとりシャンパンサッカー。
彼のドリブルはそこら辺のショートパスより早く、正確で鋭角で華麗。
昨日のサラゴサ戦で見せたこのゴラッソ、美しすぎる。

FCバルセロナ×サラゴサ
c0025217_1647366.jpg

かの5人抜きを思わす位置からのドリブル突破にはじまり、流れ気味、ミスパスともとれないパスにアンリが反応してダイレクトに流し込む。
一連の流れに一切の無駄はなく、ただただ圧倒される。
齢を重ねるにつれ、凄みを増してきたメッシ。
そのスピードには誰も並べない。
アンリもロナウジーニョも、ついてくの大変だろうな。
そして世界最高峰のスピードに、左足の凄みは在りし日のストイチコフを髣髴とさせる、鋭い振り、強烈なパンチ力。
逆境を跳ね除けて得た体躯からなる強引な突破も目が離せない。
というかもう、メッシから目が離せない。

IMPOSSIBLE IS NOTHING -Lionel Messi-
c0025217_16481741.jpg

このCM、好き。
嫌味がまったくない。
メッシの言葉はすごく素直で、受け取る側も素直にさせる。

Now I realise,sometimes bad things turn out good.

めちゃくちゃいいよ、この言葉。
リオネル・メッシという選手と同じ時代に生きれたこと、幸せに思う。
by blue-red-cherry | 2007-09-27 16:48 | サッカー(FC東京以外)

松屋

悩みが尽きない。
とりあえず店名のあとの数字でカウントするのをやめることにした。
何か、変化がないと気が狂いそうだ。
「松屋」で無我夢中に、豚丼を啜った。

c0025217_9571236.jpg

豚丼大盛りって、結構な量だな。
テーブルにあった簡易メニューには、肉Wとか、そんな頼み方もできるみたい。
メニューも知らない間にすごいバリエーションになってるし。
節約という観点からも、飽きのこないメニュー展開にのっかってくことは、ありだな。
あと、生野菜。
完全に野菜不足は明白だったので、なんか体にいいことした気分。
ただ、ドレッシングかけすぎで塩分摂りすぎた感もあり、そんなもんだ。

また3連休こないかなあ。
by blue-red-cherry | 2007-09-27 10:00 |

瞠 恵比寿店 7

(前回の続きより)節約だなんだというのであれば、ランチをどうにかせねばならない。
それはわかっていたんだが、朝からラーメンサイトばっか見てたらきちゃったよ「瞠」
まだ食べたことのない、わんたん麺を求めて。

c0025217_8583687.jpg
c0025217_8584775.jpg

普通にわんたん麺にしようかと思ったが、瞠といえばつけ麺なのでわんたんつけ麺に。
いつもどおり、魚介のパンチが効いたWスープだが、いつもと若干違う気がした。
恐らくわんたん、わんたんのフィリングである肉団子から出た動物性の脂だろう。
微妙に動物と魚介のだしのバランスが崩れたとみた。
さて、わんたんだがまずは形状が独特。
いわば八つ橋のような平たい形で、フィリングも同様に平たく潰されている。
フィリングはなぜか固めの歯応えで、旨味を思いっきり凝縮した感じ。
特段個性はないが、十分美味しい。
皮も崩れることなく丁寧に作られており、普通に美味い。
魚介系にわんたん、というのが初めてだったが、もうちょい魚介魚介したところにわんたん、だったらもっとよかった気がする。
しかし、全部食べ終わってスープ割りするころにはいつもの瞠フレーバー。
具が単純に倍増しtげるだけに、お腹の満足度は高い。

わんたん麺、だったらどうだったろう。
それに昨日見たところ、夏の冷やしに続き、限定で味噌が始まってた。
最近頑張るなあ。
また行かないとなあ。
by blue-red-cherry | 2007-09-26 09:04 |

鶏ささみとえのきのバター醤油スパゲティ

ある事情で未来に向けた諸費用を調べてみて愕然とした。
リバウンドで急にお金を使うことが惜しくなる。
思い返せば、一時期に比べるとここ数ヶ月は気が大きくなっていたようだ。
庶民の味方、鶏ささみときのこに頼ったスパゲティ。

c0025217_8504628.jpg
c0025217_8505761.jpg

鶏ささみはホントすばらしい。
安いし、美味しいし、脂肪分も少ない。
えのきは1束、ちょっと多いかなと思ったが、バターで炒めるとググっと縮まり適量。
醤油で香ばしさと味を調えたところに茹でて小さくちぎったささみを入れてソース完成。
バターやらきのこのぬめりやらでトロトロになっているので、パスタと絡みがいい。
きのこ自体の風味がとてもよく、秋は重宝しそう。
小さくちぎったささみがそこかしこに散らばっているので、どこを食べても満足感あり。

彩り的にはもう一色ほしいところだが、しばらくは我慢する。
by blue-red-cherry | 2007-09-26 08:55 |