<   2008年 01月 ( 83 )   > この月の画像一覧

日本×ボスニア・ヘルツェゴビナ キリンチャレンジカップ2008

W杯予選直前の調整マッチ、第2戦
この時期のこの試合、監督も選手も違うけど、サイクルはずーっと一緒なんだなあ。
ジーコんときはキャバクラ7がこの頃か。

c0025217_11341114.jpg

チリ戦に比べると格段とスムースだった気がするが、ボスニアのプレスがほとんどなかったのも事実。
交代するまでとにかく、中村憲剛のプレーが良かった。
巧いなあ、憲剛。
遠藤や大久保、フォワード陣と絡んだ中央やペナ付近でのショートパス交換、前回の試合の反省点だったサイドチェンジによる活性化、どれをとっても良かった。
もらえる、蹴れる、ポジショニングが良かったように思う。
運動量も多かったし、あとはフィニッシュにもう少し絡めればなお良し。
1ボランチに3枚オフェンシブを置く中盤の構成だったが、憲剛はバランサーとして、どちらかというとボランチに近い動きをしていた。
今のままで行くなら、守備専の鈴木啓太とバランサーの憲剛の固定、そこにパサータイプ(遠藤?もしくは今ちゃん動くバランサーで憲剛がここ?)+セカンドトップ系(大久保?山瀬?)か、サイドに置く(山岸?誰か?)の組み合わせなのかな。
遠藤がイマイチっぽいので憲剛は今、外せないように見える。

c0025217_11342816.jpg

憲剛と代わって入った今ちゃんがキレキレ。
代表では中盤のプレーを目にすること自体久しぶりだが、積極性は今まででいちばんだったのでは。
がむしゃらなようで的確かつ強烈にプレスにいけてたし、攻撃面でも捌き、サポートともに質量が高かった。
鈴木啓太がいたからのあのプレーだったと思うが、岡田監督の頭ん中ではどういう位置づけなんだろうな。
啓太の控えとして考えられてるのであれば、今回とは違うプレーが求められるだろう。
ただし持ち味は今回のように、相手を潰す・奪う、攻撃でも積極的に前へ出る、プレー。
となると、啓太とは共存、ポジションを争うのは遠藤や憲剛なのか?
とにかくキレのある今ちゃんが見れてよかった。
今年も東京のキャプテンは頼もしそうだ。

それ以外では、前の試合からのインターバルで練習で力を入れてたというサイドアタック。
内田、期待されてるんだなあ。
当たりの弱さと守備の軽さが大いにきになるが、運動量と上がりのタイミングはかなりいい。
クロスの選択肢もオーソドックスに上げるだけではなく、グラウンダー、マイナスと種類が多そうだ。
もう少し慣れれば積極性も増すはずだし、攻撃陣との連携は試合毎に上がっている。
加地との競争はしばらく続くだろうが、弱点を克服すれば抜ける日もそう遠くない気がする。
駒野も安定した上がりを見せていた。
最近富に思うが、今のサッカー、面白くするもつまらなくするもサイドバックの比重が重くなっている気がする。
やはりSBがよく上がるチームは攻撃の厚みが違うし、フットサルでいうアラっぽく、タッチラインを背にして受けて始まるサイドからのビルドアップも欠かせないし、うん。
あと山瀬。
あれぐらいはやれて当然の選手だから。
羽生さんもいるし、コマはそろってる。

さて、岡田さんは高原のコンディションをいつまで待つ(信じる)かね。
万全を期して予選に臨むなら、高原と遠藤より、昨日の時点ではほかの選手を推したいところ。
両サイドバックは終始上下動が大前提で、トップは巻と大久保、中盤に山瀬、憲剛、今野、啓太、なんてどうでしょう。
勝ちは確信してるが、初戦だし、何かあるかも。
まだチケットあるのかな。
予選だし、見に行こうかな。
by blue-red-cherry | 2008-01-31 11:34 | サッカー(FC東京以外)

チキンソテー マスタードソース

代表戦のためにさっさと帰社。
TBSの番組表に煽られてキックオフ時間見なかったのもあれなんだが、19時前に連れの家に着くも、20分、CMの垂れ流しを見るハメに。
あとメール5本は処理できたな。
早く帰れるのはいいことだ。
のんびり試合を見ながら、チキンソテーをゴチになった。

c0025217_10342217.jpg
c0025217_10343520.jpg

マスタードソースの酸味と程よい刺激がいい。
醤油とみりんを加えた甘しょっぱさも、柔らかいチキンに合う。
付け合せのしめじと玉ねぎのソテーもまたしかり。
こういう手間って、オレの大雑把な料理にはないものなので、嬉しい。

美味しくいただきました。
ごちそうさま。
ところでアベール王子のドラフトワンを一緒に飲んだんだが、アルコールをまったく感じなかったぞ。
黄色いペリエ飲んでるみたいだった。
スッキリしすぎ?
by blue-red-cherry | 2008-01-31 10:34 |

キムチチゲ風豚しゃぶ

土鍋で豚しゃぶ、2日目はキムチチゲ風に。
韓国に近しい友人に聞いたところ、チゲという言葉はすでに「鍋」を意味するので、チゲ鍋は鍋鍋なんだそうだ。
キムチチゲ風豚しゃぶは意味的にあり、キムチ鍋風豚しゃぶってところだな。

c0025217_1751462.jpg
c0025217_1752614.jpg
c0025217_1754062.jpg

白だしを入れたスープにさらにだし入り味噌を溶いてベースを作り、キムチ100㌘、もやしも100㌘、肉はもうちょい入れた。
味噌とキムチの汁にそれぞれ味がしっかりしてて、特に調味料の必要なし。
そうだ、生にんにくをすりおろして入れたんだった。
これで全体的に深いコクが出て、旨味がワンランク増した感じかも。
豚キムチはベストカップル。
和風のだしもなぜか良く合う。
さすがにこればっかりはワインではなく、ビールをお供にしちゃったよ。
でもって最後にうどんまで。
このキムチチゲうどんってのもまた、美味いんですよ。

土鍋で作ると極寒の我が家でもかなりの間、アツアツ保てるんだよなあ。
しかもなんだか料理した気になるし、美味そうに見えるし。
いい買い物だったわ。
by blue-red-cherry | 2008-01-30 17:05 |

TOWER CAFE

もうかれこれ2ヶ月くらい、平日は昼も夜もひとりメシがほとんど(飲み除く)。
となるといける店も、特に昼だけど限られてきちゃって、さっさと済ます店が多い。
一方で昼休みをメシ+読書に当てたいという思いもあり……と思ってたらいいとこがあった。
「TOWER CAFE」
リキッドルームと併設で音楽に満ちたオサレなカフェ、打ち合わせとかで使ってたけど、初めてランチに行ったらめちゃくちゃチルれるナイスなスポットだった。

c0025217_10421255.jpg
c0025217_10423633.jpg

嬉しい誤算がメシのクオリティ。
プレート、スパゲティ、サンドイッチ、カレーなど5種類くらいがランチメニューで、 内容は週替わり。
ふくろ茸とアボガドのタイカレーを頼んだんだけど、タイカレーと名のつくもの(そんなに食べてないが)では今まででいちばん美味かった。
タイカレーとかこういうやつって結構ルウが水っぽいサラサラ系なイメージなんだけど、ここのはそれなりにクリーミーで、濃厚さと滑らかさのバランスがすごく適度。
何にでも合うアボガドはクリーミーさを助長し、マッシュルーム的なふくろ茸もルウを壊さず、かつ食感と香りで貢献。
さらにチキンもごろごろ入ってて、そこまで期待してなかっただけに異常な満足感を得た。

でもってドリンクはフリー。
コーヒーお代わりしながら読書にふける。
んー、ナイス。
週一来たいところだな。
by blue-red-cherry | 2008-01-30 10:43 |

LOST シーズン1

c0025217_22215591.jpg

パンドラの箱を開けてしまった。
「LOST」シーズン1を見終わったが、実に面白い。

飛行機の墜落事故により強いられた未知の島での漂流生活、生き残った40名強を襲う未知の恐怖、というアドベンチャー的な側面がパブリックイメージだと思うが、ディテールとして、展開の起伏としてその設定が充分に守られ機能しつつ、一方でこの物語を支えるのは「対自分」の構図、人間の内面性だった。
設定ベースで見えざる恐怖と戦うって部分はもちろんスリリングで面白い。
シーズン見終わってもその存在は見えそで見えてこないし、それと、墜落して文明のない島で救出が来ない=サバイバルだから、衣食住をかけたリアルな焦燥の描かれ方も納得がいく。
そうそう、思い込みを裏切られたところでいえば、シーズン1本見終わったら「24」みたいに一応の決着を見るのかと思ってたら、全然コンティニューでやんの。
あれ、本国でリアルタイムで見てたら相当生殺しなんだろな。

こっちの主役もジャックなんだが、あっちのジャックはキャラ込み、しかも愛着出てからカッコよく見えてきたんだけど、こっちのジャックは素でベッカムとかトム・クルーズ系のイケメン。
男前すぎるが、ケイトは超美形だし、役柄まんまワガママセレビッチなシャノン、いかにもアメリカな美人のクレアと、綺麗どころは多いし、サイードはセクシーな男で有名らしいじゃん??
ソーヤーもかなりいい線いってると思う。
愛嬌でいえばハーリーとか、マイケルとか。
痛いキャラとしてはチャーリーとか、ロックも痛いほうに入れとこうか。
あと、お騒がせコリアン夫婦のジンとサンもいいよね。
見たことあると思ったらジンは「24」のエージェント・ベーカーだったのか。
……っとキャラ立ちが。
テーマとして個々人の内面と向き合うってのがあるから、何通りもストーリーが必要だし、伏線だらけというか群像劇というか、大きな一つの物語の中でみながみな割りと深く描かれてて、キャラへの思いいれや興味も必然的に強くなる。
結果として作品全体への思いも強くなってるかもしれない。
あくまでジャックありきの「24」とはそこが決定的に違う。

というわけで、オレの眠れない夜は続くのである。
by blue-red-cherry | 2008-01-29 22:22 | テレビ

トマト豚しゃぶ

日曜、久々にフルコートのサッカー参戦。
やっぱりボールが重く感じるし、フィードやクロスはもとより、トラップ自体に神経を使う。
フットサルではフィクソと呼ばれる最後尾をやることが多いが、フルコートではサイドバック。
調子に乗って上下動しまくってたら、あっさり週明けも筋肉痛。
そんな夜の豚しゃぶはビタミンたっぷりのトマトでイタリア風。

c0025217_14593123.jpg
c0025217_14594356.jpg
c0025217_14595311.jpg

ホールトマト1/2缶に水1カップ強、チキンコンソメ一片でスープ作り。
にんにくを刻んでレタスをオリーブオイルで炒め、強めの塩コショウで味付け。
油もそのままに、味付けとしてスープに入れちゃう。
豚しゃぶといっても我が家にカセットコンロの類はないので、キッチンで土鍋で仕上げたものを食べる。
もろもろレタスが入って味がついた土鍋のトマトスープに豚しゃぶ肉を入れてある程度火が通ったところで引き上げた。
レタスから十分な塩気が広がり、酸味と重なりあったトマトスープの味はなかなかのもの。
豚しゃぶ肉もスープの旨味をキレイに吸い取ってくれて、いい按配。
ガーリックオイルが染み込んだレタスも美味しい。
最後はたまたま昨日友人にもらった生パスタで締め。
炭水化物抜きのビール→ワインでヘルシーにきてたが、この鍋を生パスタで締める欲求には抗えず。
もちもちの食感がナイスな嬉しい差し入れでした、39。

150円くらいの土鍋がフル稼働中の、2007-08冬。
by blue-red-cherry | 2008-01-29 15:00 |

サリュー

たまに行くならこんな店、なのかな。
ラーメン、うどん、スパゲティ、定食、中華、オレん中でのプライオリティーは著しく低い、というか縁のないフレンチレストランでランチ。
仕事絡まないとありえないね。
恵比寿は「サリュー」
有閑マダミーたちで賑わう店内に、ズる寸前の腰履きバギーで勇敢に立ち向かってきたぜ、ホミー。

c0025217_11222324.jpg
c0025217_11223330.jpg
c0025217_11224515.jpg

前菜、メイン、デザートに食後のドリンクがついて2500円。
前菜はホタテとベーコンにトリュフで香りとアクセントをつけたコーンポタージュ。
繊細です。
トリュフはかなーり細かく散りばめられてたが、さすがの存在感で香りが強い。
メインは鴨肉のなんちゃらかんちゃらコンフィ。
コンフィは肉をそれ自身の脂で煮てその脂の中で保存するという独特の方法である、らしい。
鴨は蕎麦でしか縁がないが、身が締まってて、かつそれなりに脂身もあり、旨味こそ少ないものの結構好き。
グリルともローストともいえない感じがコンフィなのか、もろもろ閉じ込めた感じ。
ちょっとオレには薄味だったかな。
アップルとシナモンの鉄板コンビのデザートはエライ美味かった。

こういう丁寧な料理に触れると自分の料理がいかに大味なのかがわかる。
それが好きなんですけどね。
たまに行くなら……にしてもフレンチは自分のためには選ばないな、美味しかったけど。
by blue-red-cherry | 2008-01-29 11:22 |

厚切りハムとキャベツのオイルスパゲティ

人ん家行って、「何か作ろうか?」っと残り物で料理しちゃう感じ、結構良くない?
お連れさんのうちの冷蔵庫から、肉厚のハムと適量のキャベツを発見し、スパゲティ。
オリーブオイルとパスタ、それに火元と水と塩があれば、スパゲティはどこでもできる。

c0025217_1103763.jpg
c0025217_1105761.jpg

にんにくがなかったのは残念だったが、オリーブオイルをベースに、厚切りのハム、キャベツを細かく刻んで炒める。
火が通ってもさらにオリーブオイルを足して熱し、簡易オイルソースを作ってパスタを絡める。
若干味は薄めだったが、ハムとキャベツにしっかり塩コショウしといたので、絡めて食べれば十分な量。
上出来。

最近はレシピを見ながら作るってよりは、スーパーを物色して素材から何を作るか、って感じになってきてる。
頭の中は食のことでいっぱいだ。
by blue-red-cherry | 2008-01-29 11:01 |

ミスタードーナツ

生活圏内にないと寂しかったりガッカリしたりする「ミスタードーナツ」
あれだけ楽しみにしてたのに、シンプソンズの映画とのコラボ商品を食べ逃した。
これも自宅に仕事場、実家と遊び場を含めて、生活圏内にないからだ。
疎遠になりがちだが、たまに食べると美味いんだよなー。
近くにできないかな。

c0025217_20592693.jpg
c0025217_20594193.jpg
c0025217_210921.jpg

リッチドーナツの新シリーズ
リッチドーナツの背景には昨今のドーナツブームがあるはずだから、クリスピーを意識したか、食感にこだわった感じがする、今回のイースト・シェル。
エアリーな食感はふわっふわで、空気を食べる感じ、クリスピーとは違うけど、空洞を含んだパンの食感ってある意味期待を裏切るから楽しい。
まさにフィルドして、満たしてるフィリングにスグありつけるのがこのドーナツのサイッコーなところ。
生クリーマーなオレとしてはエンゼルクリームはまさに、食べた瞬間、目の前に天使が見える。
柔らかい生地にとろける甘さのクリーム、たまりません。
カスタードは若干濃度が濃いっつうか固めで、もう少し滑らかさが欲しいかな。

100円セール開催中のお店は、長蛇の列だった。
愛され続けてるのはいいことだけど、身近な感じが売りだと思うんだよなー。
セール対象外のリッチドーナツを食べながら、やっぱり身の回りにあってほしい、改めて思いました。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 21:00 |

豚バラと鶏むね肉と白菜の重ね鍋

わずかなスパンで再び重ね鍋。
豚バラの成功に味を占め、さらに良くなりそうなアイデアを持ち寄って、アゲイン。

c0025217_18435130.jpg
c0025217_1844352.jpg
c0025217_18441059.jpg

豚じゃ飽きるかなーなんて話してたら、鶏むね肉の薄切りなんて、見たことない感じの肉のパックを発見。
それと香味の部分では白菜・しょうがに加え大葉を加えてみた。
蒸すと素材の風味とエキスが全体に広がるのかな。
調味料で味付けするのもいいけど、素材の中から出る旨味ってのはなかなか得難いもんがある。
どうかな、と思ってた鶏むね肉も、締まった肉らしい歯応えがあって美味しかった。
大葉の爽やかさは量があっても食べやすく、この鍋、かなりお気に入り。

またやるね、確実に。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 18:44 |