<   2008年 03月 ( 81 )   > この月の画像一覧

FC東京×京都サンガ J1第3節

c0025217_1952841.jpg

ナビスコ静岡シリーズを1勝1敗で終え、リーグ再開、第3節はホームで京都戦
新旧「都」ダービー。
花見にゃ厳しい春雨の中だったが、試合はなかなかアツかったね。

c0025217_19533143.jpg
c0025217_19533856.jpg
c0025217_19541298.jpg
c0025217_19542785.jpg
c0025217_19543998.jpg

決してうまくいってたとは思わないが、悪くもないカボレ・赤嶺の2トップ。
バーレーン帰りの今ちゃんと羽生さん、木曜日の激務明けの長友と怪我が囁かれた徳永がスタメン。
梶山はさすがに間に合っちゃあ仮病扱いされるが、代わりは浄のボランチ起用。
センターは磐田戦で熟練した技を見せたフジに替えてカズ吉本(カズ山本みたいでヨクネ?)。
個々の選手はちょくちょく出てるので試合感は問題なし。
今はチームが志向しているサッカーへの共通認識もできてるし、不安より出た選手がどんな活躍をするか、期待のほうが大きい。
だが一方で、固定できてないがゆえの連携不足、サイドの崩しのアイデアだったり、低い位置からの裏一発だったり、「決め」の型がないことも気になっている。

c0025217_19545861.jpg
c0025217_1955681.jpg
c0025217_19551546.jpg

モニとカズのコンビは田原対策かと思ったら、田原は先発じゃない。
今季は途中交代での出場が続いていたみたいで、これは後半投入見越した選択だったのかな?
モニの足元は相変わらず笑いを誘うが、カズのはさらに輪をかけて、それこそ笑えればいいんだが心臓がいくつあっても足りない感じで、これは勇気がいるコンビ。
トップがガッツリつかれ、中盤の動きで崩せないときは必ずあり、そういうとき、ディフェンスからのフィード一発って攻め手は必ず必要になってくるわけで。
ここは個々のレベルアップ待ちしかないのか(現時点ではフジが一番マシ)。

加藤久が特別優れてるわけではないと思うので、今後東京は同じような目にあうと思うが、攻めも守りも中盤で優位性を保ちたい東京のサッカーに対し、前へ早い攻撃をしてくる相手が多い。
京都の変則3トップはサイドのスペースへ積極的に顔を出し、そこへの楔のボールで何度も攻めてきた。
この攻撃に対してはセンターのどちらかが出る(引っ張り出される)か、サイドバックがつくか。
攻撃面ではサイドのフォローが求められ、ディフェンスでもこれ、サイドバックに求められるものは大きい。
代表であれだけダイナモっぷりを見せ付けた長友もやっぱり(左だからかなー)、後半最後は息切れしてたし、徳は完全に疲れてて、田原へのマークでぼーっとしちゃってた場面、数回あった。
今のモニ・カズじゃあサイドのフォロー期待できないし、めまぐるしく動く中盤のバランサーを担うボランチの一角にそこまで求めるのも……(エメ、羽生さん同時期用だったら守備面もカバーできるかも)。
ここは今後も狙われそう。
うーん、ディフェンスラインが怖いかも。

c0025217_1955373.jpg
c0025217_19554856.jpg
c0025217_1955543.jpg

攻撃面では今回も大竹劇場。
ジャーン、宮沢がいなくなってからまったく得点の匂いがせず、今季1、2節でショートコーナーの巧な使い方があって、おお!その手があったか!と唸ってたら、大竹のキックですよ。
右から巻いてゴールに迫っても、左からキーパーに逃げても、ニア目にGKとDFのポケット狙っても、ファーで折り返させるボール蹴っても。
ほとんどのキックが何かしら、繋がってる。
ボールスピードもコースも申し分なく、驚くことに、コーナーキックにゴールの予感が漂ってる。
どちらもバタついて落ち着かない開始直後の秒札、カズ(吉本)ゴールに、押し込みながら点が取れなかった前半終了間際の「いい時間帯」に赤嶺どんぴしゃヘッダー。
試合の入り方がうまくなく、「決め」の型がない東京にとって、本当に頼もしい武器です。

c0025217_19562946.jpg
c0025217_19563556.jpg
c0025217_19564693.jpg

残念、そこはシジクレイだ、という名言が何度となく頭をよぎった。
前半は中盤の底で激しく当たってパスサッカーをさせず、赤嶺、カボレの裏狙いをケアした後半はリベロの位置でロングボールは跳ね返し、スルーパスはインターセプト。
してやられたなあ。
それでもカボレは脅威だっただろう。
たまにトラップ、あれ?って思うんだけど、でかくなったらなったで長い足伸ばしてマイボールにする。
ダイレで繋げる時はシンプルに、足元深く入っちゃって時間かかる時はきっちりキープと、状況判断に優れてる。
いかんせん、衛星の選手がコロコロ替わるもんだから、ここも決定的なチャンスを生むにはコンビネーションが必要か。
タッチライン際のボールに猛然とダッシュかました場面は総毛だったな。
赤嶺もかなり体張って頑張れるようになってきた。
潰れる場面が多いが結果を出してなんぼのポジションで、やり切ってる感じがする。
羽生も大竹も動けてはいたんだが、シジクレイの牙城(まっすぅ他はよくわからん)あと一歩が足りなかった。

わかってることだが、梶山がいないと良くも悪くもまったく違う。
持ちすぎで取られる場面もほとんどないが、痛いのがダイナミックなサイドチェンジ。
やっぱり梶山の次元歪ませキープは逆サイドに無重力空間を作り、そこにサイドバックを上げるに充分な時間を生む。
浄のボランチはバランサーという意味では恐れ入る視野の広さで、危険地帯に常に顔を出すプレーはさすがと唸らされた。
が、梶山のときもそうだが、あのポジションは相手チームの狙い目にされてて、左足一本の浄だと尚更部が悪かった。
次に梶山が戻ったとき、どう映るかな。

c0025217_19572629.jpg
c0025217_19573449.jpg
c0025217_19574986.jpg

渡辺大剛のシュートはマークについてた大竹が軽いとか、塩田の反応が、とか言う人もいるが、まずはいいシュートだったということ、その次に未然に防げたかも、だと思う。
3点目の田原のボレーも一緒。
ただ試合中に応援席で相手のプレーをいいプレーだと讃える余裕はないけどね。
大竹は前半の2アシスト以外でも、あわやの直接FKに、再三チャンスを生んだコーナーキック、流れの中でも攻守に奔走してた。
塩田も3失点は残念だが、2点は防いでた。
誰がどうこう、というより、全体で落ちる時間をどうするか、のほうが重要だと思う。
課題を克服しては課題を見つけ、前に進む。
怪我人が出ては、代わりのメンバーが活躍する。
大丈夫、歯車は回ってる。

c0025217_1958329.jpg

日本平、磐田と来て明後日は三ツ沢ですか。
生で見たほうが断然面白いサッカーだけに、専スタ願望も募る毎日。
おあずけくらったホーム初勝利は土曜日、札幌戦で。
その前の三ツ沢もシューマイじゃなくて勝ち点を。
連戦、乗り切りたいね。
by blue-red-cherry | 2008-03-31 20:00 | FC東京

手打ちうどん 四国屋

c0025217_23322861.jpg
c0025217_23325171.jpg

土曜、新宿御苑の人ごみに疲れ、昼寝ならぬ夕寝をしてしまい、気付けば夜。
ダラダラとテレビを見たあと、中野坂上から新中野まで歩いて「四国屋」へ。
小料理屋のような静かで落ち着いた雰囲気の中、ビールをやりつつ、肉きざみうどんを頼んだ。

c0025217_23355037.jpg
c0025217_23361259.jpg

透き通ったつゆは強くだしが香り、薄口醤油が確かな存在感を感じさせる上品でいて病み付きになる味。
カウンターの奥で女将さんが打ってる麺がまた力強い。
コシがめちゃくちゃ強い。
幅広だが麺の表面はつるつる、飽きることなく食べやすい。
肉きざみ、具がまたよい。
豚バラは脂身多く、臭みはなく、旨味たっぷり。
新鮮そのもののねぎ、だしを吸い込んだお揚げがジューシーなのは言うまでもない。
トータルで不満は一切なし、美味しいうどんでした。

かき揚げに卵とじ、メニューはバラエティに富んでるのでぜひまた来たい。
by blue-red-cherry | 2008-03-30 23:53 |

新宿御苑

c0025217_11215567.jpg
c0025217_1122422.jpg
c0025217_11221084.jpg
c0025217_11221755.jpg
c0025217_11222685.jpg
c0025217_11223798.jpg
c0025217_11225122.jpg
c0025217_11225754.jpg
c0025217_1123367.jpg
c0025217_11232391.jpg
c0025217_11233214.jpg
c0025217_11233871.jpg
c0025217_11234352.jpg
c0025217_11234882.jpg
c0025217_1123548.jpg
c0025217_11235988.jpg
c0025217_1124583.jpg

花の命は短い。
人はその儚さと、相反して咲き誇る力強さに魅せられて、普段は見向きもしない公園に殺到する。
来週には散ってしまいそうなので、多聞にもれず、オレも新宿御苑に行ってみた。

アルコール持ち込み禁止、ってあるから自粛したら「持ち込み」禁止なだけで、売店で売ってやがる。
つかそんなの誰も守ってねえ!
そこかしこで、さすがに大宴会ってのはなかったが、それなりに飲んでる食べてるorz。
オレが酒を飲まずに花見なんて、よく雨降らなかったなあ。
口惜しさを感じつつ、連れの豪華なお弁当を頬張る。
こう、素面で花見なんかしてると、いかにいつもの花見で花を見てなかったがわかる。
飲んで騒いで、周囲には退廃が蔓延してた。

ここ新宿御苑は通年、公園として開放しているので四季を楽しむ草花が植えられている。
だから桜の名所、と呼ばれるところの桜だらけの壮観、みたいなのはないが、地面すれすれまで枝葉を伸ばした大島桜、紫がかった濃い目のピンクが美しい陽光など、桜の種類は多く、楽しめる。

花の命が短いから、この時期に愛でるわけだが、毎年この時期はまだ肌寒いのが残念だ。
とはいえ、新宿御苑はまだ7分咲き。
4月中旬くらいが最盛期みたいですよ。
by blue-red-cherry | 2008-03-30 11:34 | その他

カレー豚しゃぶ鍋

春だってのに、夜は冷える。
コンロの不調とあいまって、土鍋を使ってまだ鍋するよ。
しゃぶしゃぶ用の豚バラを、カレー風味の汁でさくっと。

c0025217_21195790.jpg
c0025217_21201388.jpg

具は豚バラ、青梗菜、舞茸、もやし。
中華風の具材になったので、だしは中華風の鶏がらスープの素で。
そこに塩コショウ、しょうゆ、味噌、酒などを入れ味を調えたら、カレーパウダーを大量投入。
野菜から先に茹で、豚バラはサクっとで。
前にカレー鍋作ったときにも思ったが、豚バラはカレーと相性バツグン。
脂身が特にあうんだよなあ。
カレー鍋の汁は結構薄くなりがちで、肝は味噌でコクを出すことかと。

今しばらく、土鍋の達人を目指して。
by blue-red-cherry | 2008-03-29 21:24 |

魚山亭

c0025217_10503140.jpg

2週間ぶりくらいの渋谷ランチ。
宮益坂を登ったところにある宮崎料理の人気店、「魚山亭」
これまたずいぶん昔に先輩に連れてってもらった記憶があるが、夜、飲みだったので記憶は曖昧。

c0025217_1052027.jpg
c0025217_10521164.jpg
c0025217_10522335.jpg
c0025217_10523548.jpg

冷汁定食1200円。
宮崎と言えば冷汁に地鶏。
メインの冷汁のほか、地鶏に干物、漬物がついてご飯はお代わり自由。
ランチの価格としては贅沢な部類に入るが、コストパフォーマンスは妥当か。
地鶏は南蛮風の味付けで、甘酢を吸わせた唐揚げにさらに酸味が利いたタルタルソースがかかる。
これが美味い。
鶏肉がジューシーで柔らかいし、衣も柔らかめながら甘酢が染み込んで味わい深い。
これをメインにしたチキン南蛮定食もあったが、地鶏をメインにしたそっちもかなり気になる。
干物は小骨が多く食べるのに苦労したが、味はいい。
久しぶりに食べる冷汁は、ゴマの風味をベースに、ねぎ、みょうがと香り豊かな薬味がアクセント。
温かい麦ご飯とマッチング。
もう少し温かく、それこそ暑くなってから食べるのもいいかもね。

冷汁定食、バラエティに富んでて満足だが、チキン南蛮がとにかく美味かった。
by blue-red-cherry | 2008-03-29 10:58 |

U-23日本×アンゴラ 国際親善試合

c0025217_16533116.jpg

忙しさはあったが、飲み屋に行く感覚があれば国立往復もなしではなかったものの、まだ朝夕肌寒いし、梶山怪我したし相太一皮剥けてないとか言われるしで、footnikで見ることにしたアンゴラ戦
アテネの五輪のときはもうちょい人いたよね、footnikも国立も。

予想外に楽しく見れた。
監督がどうこうとか、今更テストかよ!とか、一貫性がないこととか、抜きにすれば。
やっぱりピッチでプレーするのは選手なわけで、最終メンバー生き残りをかけ必死なモチベーションで臨んだ選手たちは総じて動きがよく、運動量も多く、勝負する意識も高く、なんだかんだで覇気のないチームの今までの流からしたら、かなりアグレッシブにやってたように思う。
それがチームの評価とか強化とは別にして。
だって、本大会でレギュラー候補、というかずっとこのチームを引っ張ってきたメンバーはほとんどいなかったし。
テストの場としてみれば、意味はあったんじゃないでしょうか。
この時期それでいいかどうかは別として、ってしつこいな。

日テレのようわからん人たちですら最終的には認めざるを得ない、って感じで絶賛してた長友が一番成果を挙げたでしょう。
90分上下動しまくり。
前では仕掛け、後ろではだいぶ体格差でハンデある相手にガツガツ当たる1対1も常に沸かす。
豊田が決めたゴールへのアシストは繰り返しの積み重ねが生んだ。
城福サッカーでも運動量多くやってるが、東京で見たフル出場2試合のほうが疲労しているように見えた。
城福サッカーのほうが求められるのか、もしくは元来やってた右での出場で水を得た魚になったのか。
ウイングバックではあったが、あのクオリティーを維持すれば徳永も絶対ではない。
でもなんだろうね、嬉しいんだけどみんなに知られるちょっとした寂しさww

豊田は結果出したし、忠成も運動量多く、効いてたと思う。
が、やっぱ相太はちょっと違う。
確かにポストタイプの選手の中でも動きは遅いほうだと思うし、昨日みたいに獲ったら全員GO!みたいなサッカーだとリズムを崩しかねないかもしれない。
だけど、豊田とか忠成ってなんか、規定の範囲内な気がするんだよなあ。
で、相太は規格外。
体の強さも頭抜けてるのももちろんだし、何気にドリブルうまかったり、最近あんまみないけど対空胸トラでボール収めたり。
何かやりそうな気がするっていう、根拠とも呼べない根拠でピッチに入れちゃう選手っているじゃん?
それ。
長いリーグ戦で勝ち点積み重ねてって中だと使い方も慎重になるかもしれないけど、短期決戦、それも世界が相手のオリンピック本戦で、やってくれそうな期待感は平山くらいしか持ってないような気がする。

岡ちゃんはJ2くらい見とけよと思うが、オレもU-20W杯以来に見た香川。
早速持ち上げられてるけど、危険なエリアで堂々と、自分のサッカー見せてたね。
っていつも見てないから彼のサッカーどんなもんかわからないけど。
なんか嗅覚が鋭い選手なのかな。
そして危険なエリアで一撃必殺の仕事をする。
ゆっくり1試合見てみたら、楽しそう。
夢の島で見たときよりはだいぶコンディションがよさそうだった梅崎ももっと頑張れ。
ボランチ青山も結構よかった。
連携とかは関係ない試合だったのであのポジだとわからない部分多いけど、悪くない。
本田拓也嫌いだから、応援する。

c0025217_1654384.jpg

5月のトゥーロンでがっつりチーム作る気なのかな。
あの中国でオリンピックなんて……ってオレも思うけど、選手としては出れるもんなら出たいよね、オリンピック。
年齢制限で出れる選手はごくごく限られてるだけに、世界の強豪でもOAで出たいっていう人もいるもんね。
予選でメッシ、アグエロの最強アルゼンチンとあたる、とか想像すると見てみたい気もする。
まあなんだかんだ、文句はあるが、一生懸命な選手たち見てたら応援しようって気になりました。
by blue-red-cherry | 2008-03-28 17:01 | サッカー(FC東京以外)

麺屋武蔵 青山

朝から外回りで青山一丁目へ。
割とお得意様になりそうで、これからここへ通う頻度も高くなるかもしれない。
お決まりの「麺屋武蔵 青山」で昼。
ド昼時だったが、運良く並びは店内のみ。
食べてる最中に行列が増幅する、ラッキーな展開。

c0025217_8412395.jpg
c0025217_8413429.jpg
c0025217_8414375.jpg

醤油、塩、と食べてきたので今回はつけ麺。
スープは魚介と動物がせめぎ合う濃厚なWではなく、あっさり目のガラスープに武蔵らしく煮干のだしを搾り出した魚介醤油。
まっすぐな味。
麺は幅広の中太麺。
つけ麺にもってこいの太さや堅さ、ぼそっとすることなく、薄めだが弾力もある。
蒸され気味のチャーシューはとろける柔らかさで、トッピングの味玉は外にしっかりと歯応えを感じさせながら、黄身に到達すればとろとろの甘味が溢れ出す。
最後のスープ割りではより魚介の味が楽しめ、所謂本来の武蔵っぽいスープを堪能。
ストレートなつけ汁と、この割りスープで2度美味しい。

武蔵ブランドでも青山は長く続いているが、安定して美味しいってのが支えてる気がする。
by blue-red-cherry | 2008-03-28 08:48 | ラーメン

バーレーン×日本 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選

c0025217_22155027.jpg

五輪代表の試合終わりになぜか昨日のA代表の試合を見た記憶と記録を残しとく。
最近足りないなあと思ってた、どうせやるなら角澤がよかったテロ朝実況が物足りなかったバーレーン戦

つなぐサッカーを志向してたチームを率いる岡田監督は、試合後のインタビューで速攻がやりたかったと言っていた。
つなぐサッカーを志向してた前監督の時代と変らないメンバーに、就任からの時間をかけて速攻を教えていたとは思えない。
少なくとも就任の挨拶ではそう言っていた記憶はない。
サッカーというゲームって、もちろんそれだけじゃないけど、試合に臨むにあたって「自分たちのサッカーをする」、「相手の良さを消す」ってのは同義になることもあるかもしれないが、そのどっちかだったり、何か目標がないチームのサッカーは見るに耐えない。
それでもさっきの五輪代表の試合のように、個々に高いモチベーションがある場合は違ってくるのかもしれないが。
昨日見た日本代表は、指揮官の言ってたような速攻を狙ってたとも思えないし(出来なかっただけか)、高さと速さのある2トップに本職は中澤だけで今ちゃんと阿部の対人の強さ(知っての通り、中盤での話なんですが)に賭けた残念な布陣から始まり、どうも意図が不明瞭で、実際グラウンドでもやり切れてないように見えた。
運動量もなくはないんだろうけど、使い切れてない。
不完全燃焼のエネルギーが充満してた感じ。

繋いで崩せって言われすぎてんのかってくらい繋いで繋いで崩して決められなかったチームが、繋ぐなって脅されてるかのように、あの炎のサイドバックでケータイ大喜利で爆笑の嵐を生んでいた松木安太郎にすら落ち着け落ち着け、と言われるほど必要以上に縦に急ぐサッカーをしてた。
目を疑った。
2トップもスペースを作れなければ、サイドも有効に使えない。
そもそも起点にしたい両者に対するフォローがほとんどない。
うーむ。

こう振り返ってみると誰も印象に残ってない。
予選である以上、結果を残せばそれで良し、なんだが、勝ってたとしたら結果以外何もなかったという試合だった。
昨日、テレビで見るまで3次予選のレギュレーションは1位抜けだと思ってたんだが、2位までいけるらしい。
まだオマーンとはこの予選で戦ってないから分からないけど、ないとは言い切れなくなってきたな、敗退も。
4年前だったら最終予選であたってた相手と戦ってる現状の過酷さもあるけど、正直、この段階は強さを見せ付けるチームになってほしいんだが。

なんだかんだで3次予選は突破するはず。
だけど、このチームの問題は未来が見えないとこにある。
by blue-red-cherry | 2008-03-27 22:17 | サッカー(FC東京以外)

豚肉とチンゲンサイの中華風炊き込みごはん

ガスコンロイズデッド(片方)という未曾有の危機に瀕した我が家の自炊事情。
しゃーないのでコンロ片方でできそうな土鍋料理でしのぐことにする。
ググってたどり着いたのは何かとお世話になってる「はなまるマーケット」のレシピ
23時20分からの代表戦なら余裕で帰ってこれるなー、と思ったら今週は週明けから連休リバウンドでハード。
ギリで駆け込みながら、代表戦の前半戦に被りながらのクッキングゥ~で、土鍋炊き込みごはん。

c0025217_1857025.jpg
c0025217_1857205.jpg

炊き込みごはんったら大変そうだが、意外とそうでもない。
洗った米と水、塩コショウにオイスターソース、醤油、しょうがのみじん切りなどの調味料でひとまず混ぜる。
次に青梗菜の茎の部分を刻み、レシピではしいたけだったのを舞茸に替えたものを細かく分けいれ、さっと茹でた豚バラを入れる。
これで火にかけること20分程度。
完璧に火は通ってるが、最後に、青梗菜の葉の部分を入れて10分蒸して出来上がり。
時間はかかるが実作業はそれほどでもない。
待った分だけ美味くなる、そんな感じ。
香りが強く、かつ味の決め手のオイスターソースが全体に行き渡った、ほんのり茶色いごはん。
鍋底あたりにはおこげもできててめちゃめちゃ香ばしい。
豚バラも野菜もそのエキスをごはんに移しつつ、自身は柔らかくジューシーさを失ってない。
レシピの時間配分が素晴らしいんだと思うが、ごはんもふっくら、べちゃっとせず、普通に炊くより美味いかも。
熱々が美味い、いいレシピだった。

ごはんを炊く量とか、かなりビンゴ。
味の濃さで多少物足りなさを感じた分とか調整しつつ、これを参考に応用編をやってみよう。
なにしろ、しばらくコンロは片方だけメーン。
by blue-red-cherry | 2008-03-27 19:01 |

ウェンディーズ

ホームページからクーポンをダウンロードして「ウェンディーズ」へ。
ひとり読みかけの本を終わらせに。

c0025217_14285980.jpg
c0025217_14291341.jpg
c0025217_14292561.jpg
c0025217_14293529.jpg

良くない意味でヤバそうな匂いもする、ねぎ焼肉ウェンディーズを食べた。
チリフライチーズをセットにしたので、バーガーが外れても無問題。
ドリンクはジンジャーエール。
ほんのりストライプになってコップのデザイン変わってたけど、爽やかでいいじゃん。
ビーフパティに定評のあるウェンディーズだからこその焼肉バーガー。
ダブルにしたらそれなりの肉厚。
確かに肉は美味いし、ピリ辛も若干混じったコリアンBBQソースともいえるソースも悪くない。
そもそも焼肉をコリアンBBQと称すむきもあるわけだし、ハンバーガーもなしではないのかも。
サンチュとねぎっていう野菜のアレンジもフレッシュでよし。
と概ねいいんだが、ふと思ってしまった。
焼肉はご飯だろ、と。

今回のチリフライチーズは可もなく不可もなく。
チーズ欲張るんなら、チーズソース別売りで買って足そうかな。
ちなみに本は読み終わってない。
by blue-red-cherry | 2008-03-27 14:29 |