<   2010年 01月 ( 69 )   > この月の画像一覧

マンチェスター・ユナイテッド×マンチェスター・シティ 2009/10 カーリングカップ準決勝 2ndレグ

c0025217_2056385.jpgc0025217_20561030.jpg
c0025217_20561690.jpgc0025217_20562598.jpg
c0025217_20563098.jpgc0025217_20563633.jpg
c0025217_20564346.jpgc0025217_20565041.jpg

決勝進出をかけ、リーグ戦とあわせて今年3度目のマンチェスターダービー。
打ち合いとなったリーグ戦、シティの策がハマった1stレグ、そしてこの2ndレグ。
どの試合もハイテンション、アグレッシブな名勝負が続いている。
シティが地力をつけてきている証拠だろう。

4バックと3枚のセンターでしっかり守るシティ。
バリーが復調気味で、デヨング、サバレタも固い仕事をする。
なんとか点が欲しいユナイテッドを前に、守備ありきのシティは引いてのスタートだが、中盤はしっかりホルダーにプレッシャーをかけ、吸収されることがないのでセカンド争いも五分。
さらに前線にはテベス、ベラミー、ライトフィリップスとスピードある3枚が控えており、時折見せる鋭いカウンターは驚異的。
守勢ではあるが、手負いのユナイテッドを向こうに、確かな戦いを見せる。

一方のユナイテッドは早め、早めに縦に入れてきた。
絶好調のルーニーに預けるほか、ナニとギグスをワイドに広げ、クロスを供給させる。
基本的にボールポゼッションはユナイテッドにあり、しかし寸でのところ、バイタルもエリアもシティに守りきられた前半だった。
前節4ゴールのルーニーも1トップ、前線でボヤタとコンパニに激しく寄せられた状態では仕事できず。
シティが集中できてたってのもあるけど、ここ最近ユナイテッドを見てていつも感じてた物足りなさ、セントラルハーフの攻撃への関与がいまひとつなのは、この前半も変わらなかった。

やはりそこがキーだったようで、後半、ユナイテッドがポゼッション、シティはしっかり守ってカウンターという構図が変わらない中、スコールズ、フレッチャー、キャリックが代わる代わる前線へ飛び出すシーンが増えてくると早速、51分、左に開いたルーニーの素晴らしいサイドチェンジからギグス粘り、リフレクションをバイタルに上がっていたスコールズが左隅に流し込んで先制。
この時点で2試合トータルスコアが並び、満員のオールドトラフォードは熱狂。
さらに畳み掛けるユナイテッドは攻勢を強め、引きながらも中盤がアグレッシブに守ってた前半のシティだったが、ユナイテッドの圧力の前に終ぞ、センターハーフもラインに吸収され、セカンド拾えず断続的な攻撃を浴びる。
左サイドバックのガリードに代えてアイルランド投入、サバレタを左サイドバックに下げたマンチーニの采配は、中盤の劣勢を盛り返そうという意図が見えた。
しかし71分、後半の攻勢に甦ったように右サイドから好クロスを上げまくってたナニが切り返し、浮かしたスルーパスにフレッチャーが抜け出し、一度は防がれたもののリフレクションをキャリックが逆サイドに冷静に突き刺して2点目。
センターハーフの物足りなさはどこ吹く風、ルーニーや両翼の作ったスペース、時間を利用してフレッチャー、キャリックと2枚が絡んでの勝ち越し弾。
去年の強かったユナイテッドは、3枚のセンターハーフがバランスよく、しかもこういった飛び出しが多く見られた記憶がある。
こうなってくると強い。

しかしただじゃ終わらない今年のマンチェスターダービー。
辛苦を乗り越えて復帰したアデバヨールも入った前線、そのアデバヨールからベラミーに開き、インスイングのクロスをテベスがアクロバティックなボレーであわせて1点返す。
トータルスコアは3-3。
この2戦で古巣ユナイテッド相手にテベスは3ゴール。
まさに執念のゴールだった。
スコアこそ並んだものの、ホームの大声援を受けるユナイテッドの優位は揺るがない。
必死に守るシティ。
これは延長戦かと思われたアディショナルタイム、コーナーキックの攻めなおしをスコールズ、ギグスと繋がり最後はキャリック!
至近距離からのヘッドはギブンがスーパーセーブで防ぐ。
90分、いや180分ハイテンションを保った好ゲームはこのあと、続いたコーナーキックで幕を綴じる。
再びリフレクションをスコールズ、ギグスと繋ぐと、ピンポイントのクロスにルーニーがどんぴしゃであわせて再びユナイテッドが勝ち越し!
なんという幕切れ…。

どちらの選手もキレがあり、攻守にメリハリのある動きをし続けてくれた。
切り替え早く、局面は激しく、プレミアらしい好ゲームだった。
やはりユナイテッドは底力があるし、一方でシティも着実に力をつけてきていることを見せ付けられた。
拍手を送りたくなる、そんなゲームだった。
by blue-red-cherry | 2010-01-31 20:57 | サッカー(FC東京以外)

餃子鶏鍋

c0025217_1924332.jpg
c0025217_1924823.jpg
c0025217_192547.jpg
c0025217_19308.jpg

1/30(土) 夕飯。
自宅にて。

ガッテンレシピの鶏をベースに、具は餃子。
若干食い合った印象は残るが、両得だったともいえる。
by blue-red-cherry | 2010-01-31 19:03 |

マクドナルド

c0025217_18584487.jpg
c0025217_18585085.jpg

1/30(土) 昼飯。
「マクドナルド」にて。

休日出勤の昼をマックでやり過ごす。
噂のテキサスバーガー、あるうちに。
上部のバーベキューソースは甘く、下部のマスタードリレッシュは酸っぱい。
美味い不味いではなく、オレの好みの時点で外れてた。
ニューヨークはすでに食べたので、ハワイアンとカリフォルニアに期待。
by blue-red-cherry | 2010-01-31 19:01 |

マッシュルームのオリーブオイル和え

c0025217_18562336.jpg
c0025217_18562826.jpg

1/29(金) 夜食。
自宅にて。

ワインのつまみにマッシュルームをオリーブオイル、酢、パルメザンチーズなどで和えた。
マッシュルームが好きで好きで仕方がない。
ブラウンマッシュルームひとつ買って帰る男は、さぞかし怪しく映っただろう。 >スーパーのおばさん
by blue-red-cherry | 2010-01-31 18:57 |

蒙古タンメン中本 渋谷店

c0025217_15151519.jpg
c0025217_15152183.jpg
c0025217_15152722.jpg
c0025217_15153461.jpg
c0025217_15154099.jpg

1/29(金) 夕飯。
「中本」渋谷店にて。

この日は20時からタワレコ渋谷店にてPSGのインストア(激混みbut素晴らしかった)を見て、呑みたい気分ではあったが、どこも諸条件かみ合わず、ならばイイ気分に浸ってようと、渋谷店で済ませて帰った。
五目蒙古タンメン。
渋谷はメニューが少ない。
辛さ抑えめは頼めても、辛めは頼めない。
思ったより辛かったが、五目にしては野菜が物足りなく感じられ、最近小食気味なオレの胃でも、麺少にしなくてもペロリといけた。
あと北極卵が固茹でじゃなかったのは、渋谷の仕様なんだろうか。

隣にショップ店員らしき、読モらしきギャル3人が並んでた。
渋谷店はいろんな意味で個性的。
by blue-red-cherry | 2010-01-30 15:19 | ラーメン

廻る天下寿司 渋谷東口店

c0025217_1584098.jpg
c0025217_1584686.jpg
c0025217_1585272.jpg
c0025217_1585848.jpg

1/29(金) 昼飯。
「廻る天下寿司」渋谷東口店にて。

赤身、びんとろ、かつお、やりいか、真鯛、かれい、とろたく巻きにえんがわの軍艦巻き。
えんがわの軍艦はレアだったかも。
天下寿司のとろたくは隠れた名品。
by blue-red-cherry | 2010-01-30 15:10 |

鳥升

c0025217_14201423.jpg
c0025217_14202016.jpg
c0025217_14202775.jpg
c0025217_14203465.jpg
c0025217_14204046.jpg
c0025217_14204786.jpg
c0025217_142054100.jpg
c0025217_1421127.jpg
c0025217_1421847.jpg

1/28(木) 夕飯。
「鳥升」にて。

「鳥竹」、「森本」ら美味い焼き鳥が食べられる、マークシティ裏の煙たいエリアのちょいはずれたところにある「鳥升」。
評判に違わぬ、美味い焼き鳥が食えた。
先付けに頼んだ皮ポン酢、げそわさと、スタートから申し分ない。
どちらも新鮮で、シンプルな食べ方が映える。
串はレバーを除き全部塩、若鶏、つくね、砂肝、はつ、せせり。
どれも美味かったが、レバーの濃厚なとろみ、はつの歯ごたえ、鶏の旨味が凝縮されたせせり、この辺は絶品だった。
ビールのつまみだとこれだけで膨れる。
ラストオーダーで締めに鳥刺し、うずら。
大瓶を都合6本くらい空けて、この量食べて、2人で6,000円。
コストパフォーマンスも言うことなし。
また行きます。
by blue-red-cherry | 2010-01-30 14:27 |

弁当

c0025217_14165744.jpg
c0025217_1417630.jpg
c0025217_14171440.jpg

1/28(木) 昼飯。
会社にて。

ファンタフルーツパンチが復活してる。
嬉しい。
by blue-red-cherry | 2010-01-30 14:17 |

トッテナム・ホットスパー×フラム イングランドプレミアリーグ09-10 第23節

c0025217_18552937.jpgc0025217_18553679.jpg
c0025217_18554226.jpgc0025217_18554848.jpg

FAカップ、リーズ戦での痛恨のドローから中二日、ミッドウィークに行われたプレミア第23節、トッテナム・ホットスパー×フラム
悪夢を振り払うかのごとく奮闘していたドーソンを筆頭に、気持ちはしっかり切り替えられていた。
各ポジションで各々、アグレッシブなプレーが見られたスパーズが見事、フラムを圧倒してロンドンダービーを制した。

素晴らしいゲームを実現した要因をいくつかに絞ってみる。
まずはハドルストーンの復帰。
これはリーズ戦終盤に途中出場でチームを活性化させたパラシオスの存在とセットで考えるべきかもしれない。
ここ2試合、試合勘の欠如からか、冴えないパフォーマンスに終始してしまったジーナスを非難するわけではない。
ハドルストーンとパラシオスが素晴らしいんだ。
どちらもベースのポジショニングがしっかり定まっていて、守備時にプレスをかけたりインターセプトを狙いに行ったり、攻勢時のセカンドボール奪取、持ち場を離れるにしても、サイドでセンターでマイボールにした際の預けどころとしても常に的確。
そこにいるはずの選手がいる、ここがまさにチームの心臓となって攻守に躍動感を生んだ。
具体的には運動量多く、両者ともチェイス、寄せの意識が非常に高かった。
リーズ戦の終盤に見せたパラシオスのランのように、前線に飛び出すダイナミズムはこの日も健在で、一方で2トップが引き続き徹底マークに遭う中、バイタルを積極的に使い、強烈なミドルを何本も見舞った。
それでも上に書いたように、心臓であるべきことは理解されてて、どちらもが持ち場を空けることは一切なかった。
球際も強く、ここにきて最高のパフォーマンスを見せてくれている。
正直昨年の段階で、ジーナスが外れてこの2人がファーストチョイスになることは想像していなかった。
しかし今、代えが効かないコンビであることを改めて見せ付けるパフォーマンスだった。
3枚でセンターハーフを組んできたフラムを向こうに、圧倒的な存在感。
ここでの優位性がゲームの主導権を握る大きな要因だった。

続いてベントリーとモドリッチ。
クラニチャルの欠場は風邪、とのことだが、ここにきてベントリーのスタメンは驚きだった。
ハリーも放出を示唆してたし、それを覆しての起用はベントリーに対する思いもありつつ、ジーナスの不甲斐なさからきてる部分もあっただろう。
そのベントリーが右サイドを活性化させる。
スピードをもった突破こそないものの、モーション大きく、懐深いボールコントロールで時間を作り、サイドバックを動かしたり中を使ったり、または正確なキックで前線や逆サイドを操る。
その様はまるでベッカムのようで、数少ないけど、オレが見た中では一番のパフォーマンスを見せてくれた。
モドリッチとニコがいまいち役割がはっきりしなかったところで、チームとして両サイドをそれぞれ強化していくという明確な意思があったとはいえ、その独特のスタイル、いびつさがチームにメリハリを与えた感がある。
壁のリフレクションで決まった2点目のゴールは、ある意味彼へのギフトだったと思うけど、チームがどうしても点が欲しかった時間帯のゴールであり、大きな仕事をしてくれた。
そしてモドリッチ。
モドリッチなう、って感じでいよいよ戻ってきた。
運動量もさることながら、周りとの呼吸もあってきたし、パス、ドリブル、ボールタッチ、すべてスムースに流れていた。
1点目のクラウチへのアシストも、体がキレてるからこそルーズボールをものにし、チームの流れに乗れてるからこその、息のあったアシストだった。
開幕からのスーパーな動きに、だいぶ近づいてきた。
やっぱりモドリッチほどの実力があっても、一度離脱すると、ゲームに入るのに時間かかるんだなー、プレミアの速さ・強さは。

最後にそのモドリッチとのコンビも冴えたベイル。
彼の左サイドからの上がりは長い時間、脅威を与え続けた。
タイミングもよかったし、とにかく積極的だったので、受け身の相手を押し込み続けた。
クロスにもう一工夫ほしいところ、あと守備が若干軽い気がするが、上下動の量とオフェンスのセンスはアスーエコトにもひけをとらない。
ベントリーの直接フリーキックも、ベイルの突破からだったからね。
サイドハーフとしての起用も考えられるだけに、ベイルの成長、フィットはチームにとって欠かせない。

とにかく2トップへのマークが厳しい。
それでも高さ、ポジショニングでクラウチもデフォーも頑張ってるが、この2人が厳しく守られている今だからこそ、サイドハーフ、セントラルハーフ、さらには最終ラインも加わった全員攻撃が必要で、そして守りを固めてくる相手に対し、カウンター対策を怠らない集中力も求められる。
その意味で、フラムが元気なかったことに助けられた感もあるが、危なげない勝利であったと同時に、今後の戦いも頑張れる、そんな思いを強くした勝利だった。
by blue-red-cherry | 2010-01-29 18:56 | サッカー(FC東京以外)

麻婆白菜ときんぴら

c0025217_1262994.jpg
c0025217_1263468.jpg
c0025217_1264380.jpg

1/27(水) 夕飯。
自宅にて。

とろとろの餡に辛味が詰まった麻婆白菜。
ヘルシーながらパンチがあってよすよす。
あのラー油は2個目。
by blue-red-cherry | 2010-01-28 12:07 |