<   2010年 02月 ( 70 )   > この月の画像一覧

トッテナム・ホットスパー×ボルトン FAカップ09-10 5回戦(再試合)

c0025217_1993615.jpgc0025217_1994281.jpg
c0025217_199501.jpgc0025217_1910224.jpg
c0025217_19101236.jpgc0025217_19101877.jpg

CLの裏でひっそり行われていたFAカップ5回戦再試合、トッテナム・ホットスパー×ボルトン。
先週末のリーグ戦に続き、復活パブリュチェンコが2ゴールの活躍と、スパーズがホームで危なげなく勝利。
連戦の中、余裕を持った戦いで勝利できたのは大きい。

前半は守備意識が高いボルトンを前にスパーズも苦戦。
解説のエンマサ氏は、いつもスパーズに辛口なのにこの日はベタ褒め、個々の能力に勝るメンバーがそれぞれに実力を発揮していることを絶賛していたが、引いてスペースを埋めてくる相手に対してビルドアップ中の横パスでいくつかミスが散見されたり、ベストではなかったように思う。
それでも心臓部のパラシオス、ハドルストーンは変わらず高値安定で、まあボルトン自体のパフォーマンスも低調ではあったんだが、カウンターの芽を的確に摘んでいたし、いくつかのピンチはあったが概ねヤラレる試合ではなかった。

トップにパブリュチェンコを置いた形で長い時間、スパーズのサッカーを見るのは今季初だったが、これを見て、クラウチが出ている際にいかにクラウチ狙いのロングボールが多かったかを思い知らされた。
パブリュはどちらかというと万能型のフォワードで、中で受けるだけではなく、開いて受けて中に入ったりするプレーも多い。
デフォーはクラウチとも抜群のコンビネーション見せてるけど、スペースを空けてくれるという意味ではパブリュも同様のタイプなので、やりやすそうにしていた印象。
どちらかというとクラウチのほうが分かりやすい特徴を持っていて、今後は相手によって使い分けたり、例えば今くらいゴールを挙げている好調を維持しているようだと、パブリュが使われるのかもしれない。
珍しくエンマサ氏の意見にうんうんと頷いたが、スパーズの先制点、モドリッチのボールが足元に入ったパブリュはディフェンスに当てながらも強引に突破して左足を振りぬいた。
ああいう、混戦でシュートまで持ち込む技術(と呼べるかは分からないが)はフォワードにとって大きな武器。
デフォーを活かす意識は高いし、後半は中央で仕事をこなせるグジョンセンと状況に応じてポジションを変えながら、前向いて仕掛けるシーンも。
90分出場したわけだが、特にスタミナが切れることもなく、88分にはカウンターから、ダニー・ローズのクロスを止め、落ち着いて一人かわしてのダメ押しゴール。
ノっているのは間違いない。

2点目と3点目はともに、サイドからの崩しが誘ったオウンゴール。
2点目はコーナーからの攻めなおし、中央ディフェンスを引き寄せたハドルストーンの溜めからのスルーパスに反応したパラシオスがキーパーとディフェンスとデフォーが寄り合うスポットにピンポイント。
3点目は好調ベイルがテクニックとスピードを存分に駆使した突破からの高速クロスをディフェンスがクリアしきれずに自陣に押し込んでしまった。
どちらも引き気味の相手に対し、セントラルハーフ、サイドバックの攻撃参加と、厚みある攻撃が実を結んだもの。
スピードある選手が多く、カウンターのキレあるスパーズだが、引いた相手を崩すには人数かけること、サイド深くえぐること、どちらも求められるわけで、OGではあるがこの2点は今後に明るい材料となりそうだ。

あと珍しいところでは右サイドバックにアスーエコトが使われていた。
怪我からの久しぶりの実戦、ベイルは外せないし、チョルルカを休ませる意味合いもあったかもしれないけど、左利きの右サイドバックははじめて見たかも。
実際、右を使ってのプレーはほとんどなく、タッチを背負っての左足ばかりで、窮屈そうだったのは間違いない。
ただこっから先は総力戦だし、守備面で破綻なかったことは及第点。
一回、ボルトン陣内でカットインしてチャンスに絡んだけど、ああいうプレーが増えれば使い勝手もあるかもしれない。
ベイルが目立った一方でベントリー、モドリッチは控えめだったけどそつなくプレー。
そうそう、後半頭から入ったグジョンセンはさすが、バルサでプレーしてきた選手だなと思った。
後半頭のスパーズ3点目、ハーフライン付近まで降りてきての落ち着いたターンから、ベイルが走るスペースへ絶好のスルーパス。
その後も、余裕が出たスパーズのポゼッションが上がると、小気味よく顔を出してボール回しを促した。
あの落ち着きとタッチはポゼッションを求める場面では有効だし、肝を心得てる。
重要な戦力としてカウントできると改めて、思った。

これでFAカップもベスト8。
ビッグ4で次のラウンドに駒を進めたのはチェルシーのみ。
なんだかいけそうな気がする~。
by blue-red-cherry | 2010-02-28 19:10 | サッカー(FC東京以外)

ささみ卵うどん

c0025217_15573977.jpg
c0025217_15574469.jpg
c0025217_15575058.jpg

2/27(土) 昼飯。
自宅にて。
by blue-red-cherry | 2010-02-27 15:58 |

鳥清

c0025217_15512860.jpg
c0025217_15513324.jpg
c0025217_15513923.jpg
c0025217_15514455.jpg

2/26(金) 夕飯。
「鳥清」にて。

渋谷焼き鳥探検隊で新規開拓。
百軒店の奥深くまで進み、オンエアとかエイジアとか、円山のほうまで入り込んだディープなエリアの小さくアットホームな焼き鳥屋さん。
19時すぎではまだまだ空いてて、深くなるにつれて常連さんが増えてきた。
常連さんに愛されているお店といった感じだが、一見さんにも優しい。
ハツ、砂肝、レバーと内臓系から攻めつつ、ねぎ間、写真はないけどピーマン肉詰め、ぎんなんなど。
串はこの辺では身は小さいほうだが、新鮮で歯応えも味もいい。
評判のいい湯豆腐は、水炊きではなくて白濁した鶏スープに浸かってる。
このスープがコク深く、美味いんだ。
また来たい。
一人でも入れそう。

3人で瓶ビール、かなり飲んだな。
結局終電逃して明大前で朝までコース。
いい夜だった。
by blue-red-cherry | 2010-02-27 15:56 |

蒙古タンメン中本 目黒店

c0025217_15473864.jpg
c0025217_15474876.jpg
c0025217_1547531.jpg
c0025217_1547591.jpg
c0025217_1548521.jpg
c0025217_15481216.jpg

2/26(金) 昼飯。
「中本」目黒店にて。

北極野菜大盛り麺少なめ。
たまにこの盛りを見たくなる。
というか、目黒は盛りがいい。
先日のヒヤミ2倍があったからか、辛さはそうでもなかったが、やっぱり辛うまい。
そして熱々。
北極の2倍は無理かもなー。
でも食べたい。
北極がいちばん好きだ。
by blue-red-cherry | 2010-02-27 15:49 | ラーメン

鶏ささみとマッシュルームのトマトソーススパゲティと鳥皮サラダ

c0025217_12443623.jpg
c0025217_1245715.jpg
c0025217_12451512.jpg
c0025217_12452150.jpg
c0025217_12452795.jpg

2/25(木) 夕飯。
自宅にて。
by blue-red-cherry | 2010-02-26 12:45 |

弁当

c0025217_121525.jpg
c0025217_12151020.jpg
c0025217_12151710.jpg

2/25(木) 昼飯。
会社にて。
by blue-red-cherry | 2010-02-26 12:28 |

挽き肉とポテトの重ねオーブン焼き

c0025217_1125285.jpg
c0025217_11253520.jpg
c0025217_1125423.jpg
c0025217_1125495.jpg

2/24(水) 夕飯。
自宅にて。
by blue-red-cherry | 2010-02-25 11:25 |

弁当

c0025217_1174832.jpg
c0025217_1175584.jpg
c0025217_118148.jpg

2/24(水) 昼飯。
会社にて。
by blue-red-cherry | 2010-02-25 11:08 |

シュツットガルト×バルセロナ UEFAチャンピオンズリーグ 09-10 1/16ファイナル 1stレグ

c0025217_20514621.jpgc0025217_20515416.jpg
c0025217_2052126.jpgc0025217_2052924.jpg

UEFA CL09-10、1/16ファイナル 1stレグ、2週目初日は前回王者が登場。
シュツットガルト×バルセロナを見た。

そんなに多く見ているわけじゃないけど、ここ1、2年見たバルサの中でも類を見ないくらい、この試合のバルサは状態が悪かった。
連戦はこの時期、どのチームも同じ条件だと思うけど、コンディションの悪さがはっきりと見て取れる。
なんといっても運動量が少ない。
攻守において常にトライアングルが形成され、それがひっきりなしに動き、ひとつひとつが連動することで数的優位を生んだり、スペースを作ったりするバルサのスタイルは、人が動かないことには始まらない。
それなのに攻めては、4枚4枚、しっかり2ラインでワイド、スペースを埋めてきたシュツットガルトを前に、イブラはセンターに張りっぱなし、マーカーを嫌った右のメッシ、左のイニエスタは中、それも低めに降りがちで、ワイドでギャップが作れない。
中央に人が集まるから小さなパスは回るものの、シャビ、ブスケツ、ヤヤ・トゥーレで形成されたセントラルハーフのところで出しどころを探すシーンが目立つ。
ダニエウ・アウベス、アビダルを欠いた両SBのところはメンバー事情でいたしかたなし。
それにしても流れるようなパスワークは鳴りを潜め、立ちはだかる壁を前に、メッシの強引なドリブルやイブラへの厳しい楔を送っては跳ね返され、球離れが悪くなればプレッシャーの餌食に遭い、カウンターを喰らう。
らしさがなかったのは守備面も同じく。
動きながら、攻めながらその延長線上にあるバルサのプレス。
ボールに吸い寄せられるかのように囲い込み、鋭くインターセプトするその様はほとんど見られず、前半は幾度もカウンターを喰らい、珍しく全体の位置が低く下げられてしまっていた。

どちらにしろバルサがよくなかったのも事実だが、シュツットガルトが実にキビキビやれてた。
強豪相手に、上記したようにしっかりとラインを敷いてスペースを埋めた守備組織はもちろん、カウンター、そしてセカンドを拾っての2次攻撃と、攻撃時も勢い保ち運動量を落とさない。
前線からのチェックも精力的だった2トップは、大型のポグレブニャク、スピード十分のテクニシャンタイプのカカウ、バランスばっちりの凸凹コンビ。
彼らを両サイド、右はドイツ期待の若手・ゲブハルト、左は古巣に闘志を燃やすフレブ、両者とも上下動激しく、援護する。
この4枚のカウンターをセントラルハーフがサポートする形で、カウンターが一発で終わらず、前半の中頃、ちょうどゲブハルトの鮮やかなクロスにカカウが点で合わせた先制点のあとは、バルサを自陣に釘付けにするほどだった。

だからこそ惜しいのが、その時間帯に追加点を取れなかったこと。
実際クロスは何本も上がっていたし、シュートチャンスもあった。
しかし最後のところ、確かにギリギリのところではバルサのディフェンスも踏ん張ってたし、崩しきれずに1点どまり。
これが尾を引き、後半、引き続きピリっとしないバルサだったが、動きの鈍かったトゥーレに代えてアンリを投入し、イニエスタを中央に戻したことで人とボールに回りだしたところ、セットプレーからの攻めなおしで一瞬空いたイブラが、わずかなチャンスをものにして同点。
追いついたあとも調子が上がらないバルサは割りと早い段階にアウェーの戦い方に切り替えたようで、リスクを負った攻撃こそ見せないものの、奪われることのないパス回しで時間を使い、ホームの声援を受けたシュツットガルトは無念のドロー。
バルサから金星を挙げるのならばこの試合、ってくらいチャンスだった。
まあ、人の配置換えで悪いながらも体裁を保つくらいまで戻したこと、わずかなチャンスをものにするストライカーを擁すこと、最終的にアウェーで悪くない結果を収めたバルサがさすがなのかもしれないが。

去年もバルサはこのラウンド、苦戦したんだっけな。
本番はこれからってとこなのかもしれないけど、去年ほど圧倒的な強さは感じないなー。
もっともどのチームも、チェルシー的というか、低めのラインでブロック敷きつつ、引きすぎずにプレスはかけるっていう、あの守り方が浸透しているからかもしれないけど。
ホームに戻って2ndレグ、このままじゃ終わらないでしょ。
by blue-red-cherry | 2010-02-24 20:53 | サッカー(FC東京以外)

マンチェスター・シティ×リバプール イングランドプレミアリーグ09-10 第27節

c0025217_1202772.jpg

プレミア第27節、注目の4位争い直接対決、マンチェスター・シティ×リバプールを見た。
どちらも負けたくないという意思が前面に出た慎重な立ち上がりから、中盤は互いの良さが出たオープンな打ち合い、終盤は勝ち点3への執念がにじみ出た激しい局面の連続と、スコアレスドローながらも見応えはあった。

どちらかというと能動的に攻めたのはシティのほうか。
アデバヨールがコンディションの良さをうかがわせるプレーぶりで、最前線で体を張った楔、チェイス、フィニッシュと奮迅。
バリーからアデバヨールへ楔を入れ、ライトフィリップス、アダム・ジョンソンの両翼を使う、もしくはトップ下のアイルランドが絡む、という約束事が見えた。
光ったのは冬のマーケットで加入したアダム・ジョンソン。
典型的な左利き、左足一本を巧に使い、深い切り返しが光ったドリブル、速く正確なクロス・フィードと、持ち味を発揮。
スタート時の左サイドから、右サイドに移ってラインを背負ってからのほうが輝きを増した印象がある。
縦へのスピードはベラミーのそれに及ばないものの、スタイルは非常にアグレッシブで、有望な若手のインパクトが強く残った。
リバプールはベンチにトーレス、ベナユンと戻ってきたものの、前半はここ最近の試合に見られるような現実路線。
最終ラインとルーカス、マスチェラーノの6枚でしっかり守り、奪ったボールは間髪入れずに前線のカイト、ジェラード、もしくは両サイドに入ったバベル、マキシ・ロドリゲスへと展開する。
シティのほうも前3枚にアイルランドが絡むくらいで、ボランチ以下はあまり攻撃リスクを背負わなかったこともあり、効果的なカウンターこそ見られなかったが、プレーでゲームを引っ張る強烈なキャプテンシーを見せたジェラードの挙動ひとつひとつに迫力があった。

そんなこんなで破綻なくも、リスク冒さず前線にボールが送られる展開から惜しいシュートシーンも散見。
前線のタレントのスキルと勢いで分があったシティのほうにより多くのチャンスがあり、後半に入ってからのオープンな打ち合いの中、アイルランドの抜け出しからのシュートはオフサイド、アデバヨールのエリア外からの強烈なミドルはレイナがセーブ。
負けじとリバプールもベナユン、トーレスと復帰組が入り、ゴール前の緊張感が増す。
しかしキーパーが活躍した場面はそれ含め数える程度で、熱かったのは局面での激しいぶつかり合い。
後半も早々に中盤が間延びした展開で、攻守のセカンド争いが常にイーブン。
ここで両チームの中盤が、攻守隔てなく争いに参加し、激しくぶつかり合った。
デヨング、マスチェラーノと両軍のファイターが一際目立つ展開、特に押され気味だったリバプールはバイタルやタッチライン際に展開される場面も多く、マスチェラーノのタスクは実に広範囲に及んだ。
エリアが広がっていたこともあって、疲労度も少なくなかっただろう。
そのせいもあって、アフター気味のチャージが目立つ終盤となってしまったが、それも一重に勝利への執念ゆえ。
華麗なパスサッカーや、スピーディーでパワフルなショートカウンターも魅力だが、こういう泥臭いぶつかり合いもまた、プレミアの魅力。

予防線を張りつつも死力を尽くした両者にとっては痛み分け。
でもスパーズファンとしては最良の結果だったわ!
by blue-red-cherry | 2010-02-24 12:01 | サッカー(FC東京以外)