那覇西×國學院久我山 第87回全国高校サッカー選手権大会3回戦

c0025217_1911449.jpg

風邪が治らず、現地観戦は断念して日テレ(笑)の編集録画中継(笑)にて視聴した高校サッカー選手権3回戦、那覇西×國學院久我山
強いなあ、久我山。

城福さんが早々に日テレのカメラに抜かれてて、ウケた。
図々しくもコメントまで聞きやがって(ありがとうございます)、「意思を持って仕掛ける姿勢」を高く評価しているらしい。
城福さんが見てるのを知ってか知らずか、今日も今日とて草民は、消えてはチャンスに顔を出し、仕掛ける。
チャンスに顔を出し、というよりは草民に渡ってからチャンスが生まれるってのもあるかな。
城福さんがいようがいまいが、彼の仕掛け方って、どれをとっても「見られてる感」が漂う気がする。
言い換えれば「見せよう感」かもしれない。
どちらにしろ逃げのドリブルはまずなくって、相手ディフェンスに対して正面から真っ向勝負を挑んでくよね、常に。
成功率は半々より高いくらいだけど、あまりキツいカウンターを食らってない印象。
草民のプレースタイルだと、そのままぶっちぎってくれちゃってもいいし、ひきつけるだけひきつけてもらってフリーになっとく、とか、周りの選手もサポートに回るというよりは彼を信じてほかのことに備えてるというか。
フォワードはフリーになるようパスが出てくるのを信じて待つし、後方支援の選手は近くでフォローするよりも失ったときの対策を立ててるっていう。
今日も今日とて3得点にアシストもあったでしょ。
なんにせよ、フィニッシャーとしての期待を持って獲得したのはすごく納得。

昨日現地で見てて、テレビで見たら彼の良さっつうか面白さは半減だろうなーって思ってたらやっぱその通りで。
日テレのデータ放送(笑)だと東京入りの進路は大ネタだから連呼されるし不在感はあまりなかったけど、それにしたってテレビに映る回数は少ない。
ずっと引きで撮ってりゃ意図的に消えてる動きも拾えるけど、局面を追うことに重きを置いてる放送じゃ、あまり出てこない。
それでも7点も取ったわけだし、チャンスが多かったから写ったほうでしょう。
テレビには映らないところで虎視眈々と、というよりは一見傍観してるかのような佇まいで戦況を見つめ、実況が久我山チャンス、と語る頃には主役になってるっていう。
その静~動への切り替え、動き出しの速さとかが面白いんだよな、この選手。
実に現場観戦向きの選手だわ。
タイプ全然違うけど、戸田とかみたいな。

あのスタイルの放送では試合について語るほど見られてません。
現地観戦した方の感想を待ちつつ、勢いあるねー、久我山は。
森藤、松田ら中盤は2日連戦とは思えない運動量を見せていたし、フォワードの川久保も決定力を見せ付けた。
準々決勝は前橋育英か。
東京U-18ともいい試合してたし、見たいなあ。
月曜か…うむ。
by blue-red-cherry | 2009-01-03 19:22 | サッカー(FC東京以外)
<< 餃子鍋 ラーメン二郎 池袋東口店 >>