バクマン。

バクマン。_c0025217_1020507.jpg

「デスノート」のコンビ、がもうひろし、じゃなくて大場つぐみ&小畑健の新作「バクマン。」の単行本第1巻が発売されたので早速買ってみた。

もうね…最高です。
オレ、青春大好きだから。
いまどきの…分かっちゃってる風の…スマートな2人の主人公、真城最高と高木秋人の設定とは裏腹に熱く、分かりやすく仲良くなってく感じとか、信じられないくらい、プラトニックなんて汚れた言葉がいらないくらい澄んだ次元の秘めた想いが突然の邂逅をきっかけに決壊して一気に昇り詰めていく興奮、それを経てもなおまだ赤面メインな距離感が胸をくすぐる最高とヒロイン・亜豆美保の関係…。
でもってその辺の鉄板な青春漫画設定を、スポ根にも似たアツい、夢追いストーリーとマッシュアップしちゃうっていう。





「うわああ『素敵』って
ノリノリじゃん何このすげー笑顔
僕を見てしかもこんな近くまで来て
すっげーかわいいかわいいよーー亜豆――」

まず前提として漫画家を目指す話って聞いてたから「まんが道」みたいなのかと思ってた。
いや、根本は似通ってる部分もあるだろうけど、自虐的な(がもうネタとかデスノネタとか)業界話の描き方は細かくてリアルだし、何しろ絵がめちゃくちゃうまいゆえの説得力には抗えない(当たり前だけど)。
その自虐的な小ネタもそうだけど、亜豆って書いてあずきなんていう名前のつけ方とか、その亜豆ちゃんにも声優目指すなんてミッション張っちゃって、しかも亜豆ちゃんの比上昇志向=女の子らしさ主義とか、細かい気遣いにまで全力感がある。
各所に散りばめられた引用やいじりは、過去の名作漫画へのリスペクトを感じるし、今を生きる主人公にベタを否定させつつ、ひたすらベタな王道を突き進む展開にも、漫画という文化そのものへの愛を感じる。

最高と秋人のコンビは、特に最高は、漫画家にして純愛を貫いた叔父の生き様の「今」版を生きることに。
絵の才能を受けついた最高と、文才極まる秋人は早々(つってもひと夏の過酷な作業を経て)に作品を完成させ、それを出版社に持ち込んだところで1巻が終了。
漫画はもう、週刊誌を買う習慣、きっと戻らないと思うけど、この生殺し感はたまらないなあ。
でもいっぱい種類読めば今月はあれ、来月はあれ、ってなるか。

能書き置いといて、才能ある人が単純に羨ましくなる、それでやってやるって気になるというよりは脱力しちゃうくらい面白かった。
by blue-red-cherry | 2009-01-07 10:21 |
<< ロマンティックあげるよ 前橋育英×國學院久我山 第87... >>