武士道セブンティーン

武士道セブンティーン_c0025217_15502526.jpg

前作「武士道シックスティーン」が最高の青春小説だった誉田哲也の女子高生剣士ストーリー第2弾、「武士道セブンティーン」を読んだ。
相変わらずのテンポの良さで、引っ越しの合間でもスイスイ読めた。
まあ現実だとここまで爽やかにはいかないんだろうけど、女同士の友情もなかなかイーネ。



攻撃的で古風、男勝りな武士道信奉者の磯山香織。
日本舞踊出身、和を重んじる女の子らしい穏やかな性格の甲本早苗。
ぶつかり合いながらも剣道のオンオフを通じて理解しあい、かけがえのない友人となったところで早苗の家庭事情で離れ離れに。
神奈川に残る香織、福岡に移った早苗、それぞれの視点で物語は進む。
早苗と打ち解けることで徐々に他者への理解を深めていった香織は、自身の貫いてきた武士道に、チームワークや家族関係をうまく受け入れることで成長していく。
一方の早苗は新たに入った福岡の強豪剣道部にて、実力結果至上主義に走るスタイルについていけず、清らかで凛とした武士道、香織と接して学んだものに拠りどころを感じる。
お互いの良さを知ることで生き方に幅を持たせた2人が、それぞれの長所と短所を入れ替えた形で離れて暮らす設定は、前作を読んだものにも飽きさせない仕掛け。
ありがちっちゃあありがちだけどね。
己と相手との戦いから入った前作から成長し、選手選考とか団体戦における悩み、スポーツか武道か、スタイルとしての剣道に対する接し方の悩み。
トピックも増え、青春ストーリーは縦にも横にも広がった印象。

青春ものはぶつかり合うところに物語ができ、そのぶつかり合いが生むカタルシスが最高のエッセンス。
その意味では剣道という設定、ベースに1対1が対峙する戦いがあって、そこには貫かれるべき精神の道、自身との戦いが強く求められていく武道であったりして、この剣道こそが青春を描く媒介としてすごくフィットしているのかもしれない。

エイティーンも実現できそうな終わり方。
バックトゥザ青春時代な作品は、いくらあってもウエルカムだぜ。
by blue-red-cherry | 2009-02-15 16:08 |
<< 親子うどん 木曽路 >>