チェルシー×バルセロナ UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2ndレグ

c0025217_231441.jpgc0025217_2311484.jpg
c0025217_23219.jpgc0025217_2321077.jpg
c0025217_2322137.jpgc0025217_2323178.jpg

ローマ行きの切符を賭けた最後の一戦、チェルシー×バルサ第2ラウンド
ヒディングざまあ、メシウマ…なんて思えませんな。
ことユナイテッドを倒す可能性に関しては、この試合を見る限りチェルシーのほうがあるように思う。
判定も気に食わなければ自分たちの落ち度も認めざるを得ないだろうが、チェルシーの展開したサッカーは見事だった。

いつもどおりに時系列で追いかけると、攻守がめまぐるしく入れ替わる立ち上がりからドキワクの展開。
切り替え早く、どちらも収める時間、スペースを与えないし、それを打ち破るべくガンガンボールと人がコンパクトに凝縮されたフィールドを行き交う。
こりゃあ面白くなりそうだと思ってた矢先、1stレグでは見ることのできなかったチェルシーの厚みのある攻撃から先制点が生まれる。
ドログバへのフィード崩れを繋ぎ、ボックスの手前まで上がっていたランパードのシュートはブロックされたものの、落下点に詰めたエッシェンがダイレクトでドライブシュートを突き刺す。
文句なしのスーパーゴール。

ここからバルサのポゼッションが一気に高まる。
アンリを負傷で欠いた穴を埋めるためにイニエスタをウイングで使わざるを得ず、センターの構成でシャビを前に後ろをケイタ、ブスケツという布陣を強いられたにも関わらず、バルサのポゼッションの質は落ちない。
週末のクラシコでは成果を得たメッシのセンターも見られ、3トップがポジションを替えつつ動きながらパス回しに加わる。
これは早くも1stレグの再現か、と思いきや、違ったのはチェルシーの積極性。
先制するまでほどの勢いはないものの9バックだった緒戦とは明らかに違う。
アネルカとマルダはラインに吸収されることなく自陣高い位置での守備参加にとどまり、トップに残るドログバとともにカウンターの脅威をバルサに与えた。
特にマルダは、それこそ緒戦から切れてたと思うけど、またしても激しかったダニエウ・アウベスとのせめぎ合いで完全に機先を制した。
縦への意欲がハンパじゃなく迷いなく、たびたびファウルをもらったし、守っても球際強いしで、挙句ダニエウ・アウベスは次戦の出場を逃すというリスキーなカードをもらうほど苛立たせられた。
ダニエウ・アウベスは戦前からバルサの攻撃での一翼を担うとされていただけに、この2戦でのチェルシーの善戦を支えたひとつの要因としてマルダの頑張りは称えられるべきかと。

変わらなかったのはチェルシーの堅牢っぷりだ。
いや、緒戦より研ぎ澄まされた印象すらある。
徹底されていたのは飛び込まないこと、スペースを消すこと、人とボールの動きについていくこと。
当たり前の三原則に聞こえるが、これって前提として耐えるってことだからね。
バルサの攻撃を終始注視し続ける、一瞬でも隙を見せたらなし崩し的にやられていく。
飛び込まない、スペースを消すのは人の配置でなんとかできるが、最後の最後で必ずついていくってのが難しい。
アタッキングサードまではボールを運ばせるものの、そこから一気にスピードを上げて真価を発揮するバルサのアタックにくらいつく、足が伸びる、体が張れる。
エトーのポストや、イニエスタ、メッシのドリブル、シャビが絡んでのワンツーにダニエウ・アウベスのクロス。
バルサは前半、7割を誇ったボールポゼッション、3倍を数えたパスワークの末に何度もエリアへの侵入、フィニッシュへのラストパスを試みるが、思うようにプレーさせてもらえない。
対人のみならず、フィフティーのボールに足が伸びたテリーとアレックス、上がりこそなかったが緒戦でメッシを抑えたのがフロックでないことを証明したボシングワが特に光っていたが、まあ全員だよね。
全員のすさまじい集中力。
それでいて一刺し狙う、チャンスに賭けるところまで力を回せていたんだから、この強さは認めざるを得ない。

c0025217_23302.jpgc0025217_2332173.jpg
c0025217_2333371.jpgc0025217_2334537.jpg
c0025217_2335741.jpgc0025217_234738.jpg

後半になると当然バルサは攻勢を強め、それゆえにチェルシーの素晴らしさもより際立つ。
最終ラインも高めに、守備重視だったケイタもたびたびエリアに顔を出すなど、いよいよゲームはハーフコートマッチの様相に…ならなかったんだよな。
指示か逃げたかはわからないが、左サイドに開くことが多く、存在感皆無だったエトーに対し、ドログバの存在感がよくも悪くも目立ったチェルシーは、まだまだカウンターでチャンスを作る。
依然元気なマルダが高い位置でボールを奪いアネルカに繋ぎ、フリーのドログバが切り返しでディフェンスを外してシュートを放った51分のプレーはバルデスがビッグセーブ。
これを決めてれば…はチェルシーサイドとしては悔やんでも悔やみきれないところだが、何気ないロングボールをドログバとヤヤ・トゥレがやり合い、PKギリのプレーでなんとかトゥレが凌いだり(トゥレは隠れMVP)、2点目を取るチャンスは確かにあった。
しかし。
カウンターを含むチェルシーの戦い方は2点目を取るための戦い方には見えなかった。
度重なるカウンターを喰らいながらも下がるどころかドンドン前に出てきたバルサ、カウンターがバルサの攻勢に対し抑止力にならなかったことが何よりも証明している。
ドログバ、マルダ、たまにアネルカ。
ここにもう1人、2人絡んでいれば、もっと際どい場面は作れただろうし、2点目を取る確立は結構高かったと思う。
ランパードにバラック、エッシェン、それとサイドバックもか。
でもできなかった。
おそらくこの辺が前の3人のフォローに行った攻撃が実を結ばなかったら、ボールデッドにならずにターンオーバー喰らったら。
バルサのアウェーゴールはもっと早くに決まっていただろう。
90分枠内シュートゼロの偉大な守備をバルサ相手に実現するには、リスクも最小限に抑えなければならなかった。
あと1分と、あと1点の差。
結果論のみでしか語れない。

後半のハイライトといえば語らざるを得ないいくつかのジャッジ。
まずアビダルの退場だが、あれは完全に誤審。
言い切れる。
前日のフレッチャーのヤツはファウル、イエローまでは妥当だから厳格なジャッジ、と取れないこともないが、このアビダルのはまずファウルしてないし、カードはアネルカのシミュレーションに出てもアビダルに出されるものではなかった。
一方でチェルシーが訴えるPKの可能性があったプレー。
前半のマルダがボックスに入ろうとしたところのダニエウ・アウベスのオブストラクションは位置的な判断とプレーの重さの判断でFKは妥当。
ドログバ×バルサDFの際どいディフェンスに関してはグレーだな。
ひとつひとつはクリーンかもしれないけど体は当たってるし、数回あったところが合わせ業の基準になってもおかしくない。
そしてハンド。
前後するがエトーのは取らないでしょ、普通。
半身だったし手は体について方向も異なった。
でもってピケのほう。
あれはハンドだな、あからさまに。
ただ、取るか取らないかは意見の分かれるところだと思う。
故意か故意でないかというよりは、あまりにも明らかに手でボールが止められている事実が上回ってもおかしくない。
このいくつかの微妙なジャッジと誤審。
これをバランスで相殺…できるのは勝ったほうの言い分だよね。

c0025217_2343067.jpgc0025217_2344551.jpg
c0025217_235025.jpgc0025217_2351496.jpg
c0025217_2352992.jpgc0025217_2354391.jpg
c0025217_2355783.jpgc0025217_2361047.jpg
c0025217_2362830.jpgc0025217_236423.jpg

バルサのゴールは彼らの攻め続けた姿勢が実を結んだもの。
特にアビダルを欠いてからの攻撃精神には目を瞠った。
最後までその自慢のパスワークやアタッカー陣の圧力で崩す場面を見られなかったのは非常に残念だし、世界最高峰を謳われるアタッカー陣にはもう少しアイデアやパワーが欲しかったというのが正直なところだが、貫かれた攻めの姿勢、チームのアイデンティティーはさすがだった。
10人のフィールドプレーヤーで最終ラインがハーフライン近くまで押し上げられ、ハーフでアネルカの戻りオフサイドを取ったように、決して破れかぶれだったわけではない。
ユナイテッドほどの運動量や迫力がないので注目されるのはその美しさだが、攻めながら、攻めの守りをしてきたこのチームの戦い方は本当に貫かれた。
イニエスタのゴールの前、メッシの足元にボールが舞い込んだのは彼らの執念がそうさせたとしか思えない。
そしてメッシの冷静な選択。
イニエスタの嘘みたいな技巧的シュート。
ペップの放心から躁へのジェットコースター。

凄いドラマだった。
サッカーの醍醐味を堪能した。
先日2試合続いた4-4の試合のように、そういった言葉で片付けられないのは、果たしてチェルシーは敗者だったか、というところ。
バルサは崩してないからね。
ショット・オン・ターゲットはイニエスタのあの一発だけ。
…でもあの一発を防げなかった、そういうことなんだろうね。
もうこの際、2点目が取れなったことは不問にすべき。
だって2点目を取ることよりバルサを抑えることを望んだのは監督であり選手たちだったはず。
問うならば、あの1点を防げなかったことだな。
なぜあと1分、あの場面でメッシのフェイントに引っかかったのか。
幾度となくピッチにひれ伏せさせるほど厳しく寄せていたのになぜイニエスタのシュートコースを空けてしまったのか。
ここに見つかった究極の課題を克服したチェルシーを見てみたい…継続される未来の望みが薄いからこそ…。

さてファイナルだ。
正直ユナイテッドの強さは群を抜いている。
総合力では、アンリが戻ろうがプジョルが戻ろうが、バルサは少々分が悪そう。
しかしユナイテッドがチェルシーのようにバルサの攻撃を封じられるかといえば、それも厳しいんじゃないかと思う。
リオとビディッチは堅く強いけど、ビディッチのやらかしそうオーラがこういうとき、メッシとかイニエスタと対峙したときに何か起こしそうな感じとか、熱くなりそうな予感はある。
どちらにしろ、多くの素晴らしいチーム、素晴らしいサッカーを退けて得たファイナルの舞台だ。
思う存分、自分たちのサッカーを見せ付けてくれ。
そうすりゃ絶対面白い試合になる。


余談。
期せずして地上波での観戦となったが、風間八宏の落ち着いた口調と、マルカトーレほど口数が多くない実況だったこと、トニーの豆知識が意外と役立ったこと、試合開始・ハーフタイム・試合後と本朋の笑顔がフレッシュだったことなど、これはこれで悪くなかった。
by blue-red-cherry | 2009-05-08 23:11 | サッカー(FC東京以外)
<< 廻る元祖寿司 恵比寿駅前店 蒙古タンメン中本 池袋店 >>