エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節

エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1503353.jpgエバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1504560.jpg
エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_151046.jpgエバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1511184.jpg
エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1512791.jpgエバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1513531.jpg
エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1514531.jpgエバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_151521.jpg
エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_152959.jpgエバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1521560.jpg
エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1522654.jpgエバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_152324.jpg
エバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1524557.jpgエバートン×アーセナル イングランドプレミアリーグ09-10 第1節_c0025217_1525366.jpg

早々に結果を知ってしまったので見ようか迷ったが、景気の良さそうなスコアだったのでサクっと見てみた、エバートン×アーセナル
実況・八塚、解説・名波の浩コンビだったんだけど、八塚さんが「これだけ大量失点すると逆に切り替えやすかったりするんですかね?」とライトに振ったところ、名波が「いや、そんなに簡単には…むしろショックでかくて引きずる…」という旨の返答をしててワラタ。
開幕戦での惨敗、しかも退場者出したり、主力を大きく欠いたわけでもないからね…。
サポーターの沈みっぷりも相当だと思うけど、前向くしかないよねえ。

ここ最近見た試合ではどれもそうで、当たり前なんだけどよく動いたチームのほうが勝つ。
ただ、その動きの質や種類はチームによって違っていて、この日アーセナルが見せた運動量は人の動きでポゼッションを加速させる、そのための動きが積み重なっていた。
ポゼッションで相手を圧す、お手本のようなゲーム運び。
ファン・ペルシーを頂点に、右にベントナー、左にアルシャビン、ベントナーは固定気味だったけど(その分ターゲットになってた)ファン・ペルシーとアルシャビンは自在にポジションを変え、常にスペースを共有できているイメージ。
中盤はソングがアンカーで、デニウソンとセスクは縦横無尽、攻守に激しく動き回る。
このセンターの3枚が特に重要で、3人とも技術が高く、奪ったボールの運びがシュア。
大きな展開も出来るし、自分で持って上がることも出来る。
動きが多かったり、プレスがうまくいってても、マイボールをすぐに失うような展開ではなかなかリズムが作れない。
蹴りあいや追い回す展開は無為に体力を奪うだけだ。
奪ったボールをいかに効率的に回すか、それをわかっている選手が多いんだな、アーセナルは。

さらにギアを上げる技にも長けているし、タイミングを知っている。
名波いわく「遊び心のあるプレーがスピードを上げる」。
ビルドアップや奪ったボールを繋げるグラウンダーの正確なパス交換は確かな技術、基礎体力の高さがベースになり、局面を打開するタイミングではヒールにアウトサイド、トリッキーなダイレクトパスが確度をもって取り込まれる。
いざという場面では1対1の仕掛けをものにする、突破力もある。
対峙する相手はしっかりブロックを敷けばある程度は耐えられるが、このギアチェンジについていけない。
ロングボールを競り合ったベントナーがしっかり収め、ターンで1人、ドリブルで1人と2人引き付けてのパスがセスクに通り、セスクはノールックかつダイレクトでマイナスの落とし、右からスライドしてきたボールを最後、デニウソンがこれまたダイレクトで狙い済ましたバナナシュートでぶち込んだ先制点。
4点目、後半開始から猛然と反攻してきたエバートンの出鼻をくじいたゴールは、自陣でセカンドを拾ったアルシャビンから左に開いたデニウソン、デニウソンから中央セスク、この2本のパスはどちらも股抜きで、さらにセスクのフィニッシュもキーパーの股抜き。
どちらも美しいボールの動きと、確かなフォローの動き、さらには最高峰のテクニックが融合した素晴らしいゴールだった。

2点目、3点目と重ねたセットプレーも高いポゼッションが生んだ産物。
細かい繋ぎと、めまぐるしい人の入れ替わりを前に、エバートンのファウルが増えるのは必然だった。
それにしてもエバートンのセットプレーの守りはお粗末だった。
名波の指摘にもあったが、ラインをそろえたエバートンの守り方は独特で、あれだけ綺麗に並んだら斜めの動きにどうしてもついていけなくなりそうなものだ。
ファン・ペルシーとセスクがそれぞれ蹴ったインスイングのクロスも、合わせたフェルメーレン、ギャラスの両センターバックのヘッドも見事だったけどね。
セスクの5点目も圧巻、まあ間延びしてたし集中も切れ気味だったとはいえ、自陣から30メートル近くを運び、狙いすましたグラウンダーのミドル。
ゴールも美しかったがゴール後のパフォーマンスで、急逝したハルケのユニフォームを捧げたシーンにはグっときた。
ゴール以外でも攻守に責任感の強さを感じるプレーぶりだったし、カピタン・セスクの活躍はチームを勇気付け、また自身の成長にも大きく繋がりそうな気がする。
6点目のエドゥアルドのゴールはおまけに近いけど、先発がこれだけ好調なパフォーマンスを見せる中、交代選手もアピールできているのは心強い。

そういえばこの試合、ベンチにいなかったから忘れてたけど、ロシツキーにナスリもいるんだよね、このチーム。
中盤は磐石だな。
あとはファン・ペルシーの負担をどれだけ軽減できるかと、最終ラインのバックアッパー。
でもこのチームの良さは若手を使いながらものにしていくところだからな。
前半から右サイドのポジションで大きく貢献したベントナーは、昨シーズン、使われることで試合ごとに伸びを感じる選手だった。
デニウソンとソングもすっかり信頼感が出てきた。
この分だとフェルメーレンもものになりそうだし、まあなんと希望に満ちた開幕戦ww

エバートンはホームでありながら、受けで入ってしまったことがすべての原因かな。
唯一五分でやれていた後半立ち上がりの数分は、前へ出る力がかなり現れていた。
様子見の段階で少しアーセナルに持たせすぎて、ポゼッションのリズムを作らせてしまい、そこからはリスクが冒せずにブロックの保持、局面のスピードアップには対応できなかった。
中央、フィル・ネビルとケーヒルがまったく存在感がなかったのが大きい。
守ってはアーセナルのパス回しに引っ張られ、攻めては期待された前線との絡みがほとんど見られない。
前線で孤立しつつも体を張るジョー、収まりどころなく、下がってなんとかキープしようとしていたフェライニ、そして力強いドリブルが何度もチャンスを作り、途中投入で同じく気を吐いたサハのゴールに繋がった飛び出しまで孤軍奮闘の活躍を見せたピーナール。
個々の頑張りは伝わってきたんだけど、軸となる中盤でのミスマッチが致命的だった。
相手に合わせて戦うのだとしたら、出来の良いアーセナルの中盤とまともに戦うのは得策ではなく、前後分断で放り込むスタイルでも良かったかもしれない。
引きずることはないが、楽観もできない、しかし反省材料がたくさん出たのは明らかだ。
地力はあるだけに、簡単ではないだろうけど、切り替えるしかない。
いざとなったら昨シーズンの良かったころに立ち返ればいいんだから。

モイーズ政権は9年目、ベンゲル政権は14年目ですか。
ビッグ4の牙城を守りたい、崩したい両チームの対戦にしては差がついたけど、どうなんだろう、難しいな。
決定的な差のようにも思えるし、紙一重だったようにも思えるし。
アーセナルはセスクが移籍したらかなりヤバイと思うけど、残ればそこそこやれそうな気がする。
捕らないだろうけど、強力なトップが入れば…ってきっかけになったアデバヨールが言ってたように、セスクの残留条件がCLならば、プレイオフは必勝だね。
by blue-red-cherry | 2009-08-19 15:06 | サッカー(FC東京以外)
<< らあめん花月 嵐 豚しゃぶつけ麺 >>