フラム×トッテナム・ホットスパー FAカップ09-10 準々決勝

フラム×トッテナム・ホットスパー FAカップ09-10 準々決勝_c0025217_15105669.jpg

FAカップ準々決勝、フラム×トッテナム・ホットスパーを見た。
ま た 再 試 合 か 。
と、言いたいところだが、両者ともに決め手に欠けた試合、ドローは非常に妥当な結果。
シュートチャンスはいくつかあったものの崩しきれず、一方でザモラのポストプレーから好機を幾度も作られていたスパーズとしては、ホームでの再戦に望みを繋げたといったところか。
再試合で日程きつくなるのは、ELでも勝ち残っているフラムのほうが厳しいわけだしね。

スパーズはメンバーもきつかった。
折からのレノン、ベントリーに加え前節のエバートン戦でハドルストーンが離脱。
さらに代表戦で負傷したデフォーも万全でない中、2トップにクラウチとパブリュチェンコ、中盤はセンターはモドリッチとパラシオスが組み、右にクラニチャル、左にベイルという布陣。
それぞれに努力はしてたし、良さがあるのも分かるんだけど、チームとしてはいかんせん、かみ合わなかった。
クラウチは代表戦、パブリュはリーグ戦と直近の試合で結果を出している好調フォワード、高さのある2枚を並べた前線だったけど、彼ら2人の呼吸は今ひとつ。
それぞれのポストプレーは、デフォーならばすかさず反応していたであろう距離感、コースのもとに供給されたが、ここのパスワークは今ひとつ。
もっといえば彼ら個々のポストワークも今ひとつで、特にパブリュのほうはファーストトラップが大きくなるシーンが目立ち、なかなか溜めが作れなかった。
クラウチの場合は彼がいる試合は往々にしてそうなるし、ある意味ちょっとかわいそうなんだけど、どうしても頭狙いのボールが多く、その落としは受け手のタイミングも高いレベルで要求されるがゆえにミスで終わってしまうことが少なくなかった。
高さのある2枚を置いていることを考えると、使い方もどうだったかな、とは思う。
フラムは前線のザモラに入ったときこそ、2枚目、3枚目と畳み掛けることもあったが、ホームながら基本は受け。
低めのラインでスパーズ攻撃陣を待ち受けては跳ね返す守備網を敷いていた。
それに対し、ベイル、ニコのところまでボールは渡り、ベイルは突破が冴えていたし、ニコのキープはチョルルカのオーバーラップを誘発したしで、両サイドからクロスを入れる機会は少なくなかった。
だがこのクロスが合わない。
ベイルの突破からの高速クロスは相手も守りづらそうだったし、ニコの豊富なキックと、そもそも2段だからこそのずらしも期待できた右、悪くはないんだけど、どれも狙いすぎというか。
せっかくクラウチにパブリュ、高さのあるフォワードを2枚並べてるんだから、もっと曖昧でいいから高さを活かしたボールが入っても良かったんじゃないかな。

でもまあ、やられなくてよかったわ、ホント。
急造のフォメの中でも光ったのがモドリッチとパラシオスのセンターハーフ。
パラシオスは唯一といっていい、4枚の中盤で、レギュラーで本来のポジションでプレーしていた選手だったけど、それに相応しいアグレッシブでダイナミック、かつ堅実なプレーをした。
相手を深くまで追い詰めるプレス、隙あらば攻め上がる攻撃参加など、プレー範囲の広さはひとりダイナミズムを発揮。
一方で終盤、押し込まれた際には、ラインがベタ引きになってたこともあり、下手に飛び込んでスペースを空けることを避け、ディレイディレイで遅らせながら最後、懐に引き入れて奪うなんて玄人好みのプレーを連発した。
見るたびに思うけど、ホントレベルの高いセンターハーフだと思う。
相方を務めたモドリッチも運動量と、テクニック、球離れと動き出しの良さ、自身の持ち味を総動員して見事に大役をこなした。
ハドルストーンのミドルや大きな展開こそ欠けたものの、ピンチに顔を出し、五分のボールをマイボールにする技術はなかなかのもの。
サイズの小ささがあるので、センターの激しい争いに怪我でもしないかと心配だったが、もう少し周りとの連携高まり、モドリッチの上がりをサポートする状態が整えばもっとエリアに侵入してもいいと思うし、そうなればハドルストーンとは違った魅力あるセンターが形成できるかもしれない。

フラムの守備は粘り強かった。
ハンゲラン、ヒューズのセンターバックに加え、グリーニングとエトフのセンターハーフもかなり守備に重きを置いたポジショニングで、バイタル以降、中央に隙間はなかった。
そして後半半ばすぎからの攻勢も見事だった。
これは一重にザモラに尽きる。
この巨漢センターフォワードがことごとくボールを収める。
密着マークしていたバソングもターンされてやられたり、マーク外した場面は一度コーナーであったくらい(それが決定機に繋がってしまってたが)で、厳しくついていた。
それでも体を当てて自分のスペースを作り、次の寄せが来る前に確かなタッチで周りを使う。
この溜めを使ってダフ、デイビスの両サイドハーフ、左サイドは特に厚みがあり、サイドバックのショーリーが再三チャンスを演出した。
ゴメスのスーパーセーブと、縦に強いドーソンの度重なる跳ね返しがなければやられてもおかしくなかった。
その意味ではスパーズの最終ラインも粘り強く守ったといえる。

こう振り返ってみるとやっぱりスパーズは命拾いしたような気がする。
フラムはどうしても勝ちたかっただろうし、超がつく決定機があったのはフラムの側。
再試合がどうなるかは未知数だが、ホームで戦えるし、ベントリー、下手すればレノンの復帰も見込めるスパーズが若干優位な気がしないでもない。
どちらにしろこれに勝てばベスト4、しかも決着がついた他会場の結果を受けた抽選で、準決勝はチェルシー×アストンヴィラ、スパーズとフラムの勝者はポーツマスとの対戦に決まったそう。
これ以上ないチャンス、リーグ4位という目標との兼ね合いは非常に難しいところだが、ここまできたら全力で臨んでほしい。
by blue-red-cherry | 2010-03-09 15:11 | サッカー(FC東京以外)
<< 弁当 名古屋コーチンの味噌焼き >>