逃亡者 木島丈一郎

c0025217_14471017.jpg


昨年の本放送を見逃していたが、今集中放送されている<踊るレジェンドシリーズ>の第2弾「逃亡者 木島丈一郎」を初見。

実は、踊るシリーズ、スキです。
本線の映画は両方劇場で見た。
交渉人 真下正義」は去年、ビデオで(先週の再放送も見た)。
売れたからってのがあるとは思うんだけど、当初の雰囲気とは見た目違ってきたよね。
「真下」なんか顕著だけど、スタイリッシュだし。
湾岸署のメンバーが出てないからかもしれないけど。
それは全然悪いってことじゃなくて、むしろ「真下」は凄く洗練されててかっこよかった。
かつ、ファンに向けての、昔からのシリーズとの接点をスパイスとして入れ込むあたり(カエルとか)に、原点を忘れない気持ちとファンの期待に応える気概を感じる。

で、「木島」。
「真下」で初登場?
当時は深キョンが可愛いすぎた「富豪刑事」での寺島さんとかぶりまくってて、あからさまなサンプリングが印象深かったが、まさに<踊る>らしいキャラ。
人情味と男気に溢れる漢は、近代化が進む<踊る>内の警察機構では異質な存在だが、湾岸署には普通にいそうな愛すべき人材。
わけあり少年との逃避行や、段田安則が好演する旧知の同僚との因縁、描かれるストーリーもいちいち熱く、温かい。
警察内部での思惑が絡み合うあたりも含め、原点であるテレビシリーズに近い感触。
そういう声も多そうだが、ぜひ青島と絡んでるところを見てみたいなあ。

「真下」でもよかった爆弾処理班(松重豊、サイコー)もいい。
この世界観はたまらんね。
エンディングで「真下」に繋がるあたりも、スピンオフの醍醐味を感じさせた。
今日は「容疑者 室井慎次」の放送だ。
楽しみ。
by blue-red-cherry | 2006-10-21 15:07 | テレビ
<< 浦和●ッズ×川●フロンターレ ... アーリオオーリオ >>