FC東京×鹿島アントラーズ J1第9節

c0025217_10491181.jpg

久々の結婚式お呼ばれがあり、正装して観戦したホーム鹿島戦
苦しい展開ながらも嬉しいワンチョペリーグ初ゴールで先制し、まったく面白くない内容ながらも勝ちゃいーや、と思い出した矢先の同点、終盤に逆転とまあ、最悪の気分で祝いの席に向かうはめになった大型連休連戦第2弾。

c0025217_10531863.jpg
c0025217_10532969.jpg
c0025217_1053451.jpg
c0025217_10535853.jpg
c0025217_10541036.jpg
c0025217_10542231.jpg
c0025217_10544293.jpg
c0025217_10545678.jpg

c0025217_10584380.jpg

映画も見に行ったし、すっかり鬼太郎づいてるな、最近。
ことしのフロントは試合周りのサービスに努力してるがうかがえる(正否はともかく)。
着ぐるみまでは去年と一緒だが、試合前にスペシャルゲストが登場。
目玉企画、とあった時点で気付くべきだった。
妖怪たちを見方につけた東京のはずだったが、どちらかというととりつかれてたんじゃ…。

c0025217_1111833.jpg
c0025217_1112994.jpg

ホームにも関わらず、東京は受身の戦いに終始する。
メイン戦術がカウンターだから仕方ない。
だが、開幕戦でかかげた前線からの強烈なプレッシングはまったく見られず、鹿島の攻撃に対し引き気味の最終ラインがギリギリの線で踏ん張る展開。
いくら無失点が続いてるっていったって、あんなギリギリでやってたらやられるのは時間の問題だと思いつつ、ミドルやられたらどうすんの?なんて考えてたら野沢のズドンがバー直撃。

ただ、時折見せるカウンターではチョペとルーコン頼みが奏し、見せ場もなくはなかった。
とはいえ中盤皆無の2トップ頼みでは続かない。
石川がもっと2トップの近くでプレーするって言ってたのに期待したが、あまり見られず。
福西の運動量が本格的に少ない(戻らない!)のもあって、クリはクリで攻守にどっちつかずなポジショニングで、中途半端。
クリ&石川→福西→浅利の中盤がかなり間延びしてて、今回も中盤は機能停止だった。

c0025217_1111778.jpg
c0025217_11111985.jpg

得点のシーンが象徴的だが、2トップに近い位置であと1人、絡んでくると面白い。
チョペはまだわからん。
前半にイージーなトラップミスを掻っ攫われ、報復タックルでイエローもらったり。
点を取ったことはかなり喜ばしいが。
ルーコンは間違いなくリーグ屈指の助っ人だし、微妙とはいえチョペはチョペ。
この2トップを上手く使えれば、多少は楽しい場面が見られそうだ。
だからこそ、その可能性が高そうなユウタとルー・チョペの併用が見たいのだが。
というか、それが一番可能性ありそうだし、3人相性良さそうじゃん?

規定路線の交代のカードの切り方も解せない。
チョペ→ユウタ、石川→ノリオ、福西→梶山。
選手起用でいえば、いつまで今ちゃんにセンターやらせるのか。
かなりよくやってるが、ひとたび今ちゃんが攻撃に参加すると俄然ダイナミズムが増すのを見てしまうと、やはりもう一枚前でやらせてあげたい。
確かに夢の島で見たモニはまだまだっぽかったが、どうせ負けるなら使ってほしい。
まあユウタにしろ、今ちゃんのボランチにしろ、福西の使い方次第かな。

c0025217_11254952.jpg

とにかくこの戦い方じゃつまらない。
娯楽がたくさんある東京都民向きではないだろう。
しかも限界だ。
ギリギリでやってる最終ラインが踏ん張りきれなくなっている。
もう一度、原点に立ち返れ。
負けるなら挑戦して、負けてくれ。
保身に走って負けるなんて、勘弁してくれ。
散るなら潔く、でお願いします。
明日は多摩川クラシコ。
涙雨になりませんように。

c0025217_1126855.jpg


c0025217_11293836.gif

by blue-red-cherry | 2007-05-05 11:29 | FC東京
<< ke:miyu 梅丘寿司の美登利総本店 代官山... >>