御殿場紀行 アウトレット&高原ビール

お盆ど真ん中からちょっとだけスライドして、転職後初の休暇を取得。
わずか2日間の夏休みだが、土日に月火を付け足した4連休。
柏戦のあと、飲みもそこそこに控え、早朝から1泊2日のショートトリップ。
場所は御殿場。
なぜ御殿場かっつうと、人生初のサファリパークへ行くため。
もっと言うならば、ライオンの赤ちゃんを抱っこするためだが、何か?

御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_16313.jpg

サファリパークは朝から一日かけて遊ばなきゃもったいなかったので、まずは御殿場に前泊し、当地を遊び尽くすことにした。
新宿から小田急線、新松田で御殿場線を乗り継ぐローカル線の旅。
とはいえ、片道2~3時間。
アウェーツアーで耐性がついたか、この程度は苦じゃない。
御殿場駅から直行のシャトルバスへ乗り、そのまま「御殿場プレミアム・アウトレット」へ。

御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_18691.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_181880.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_182812.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_183639.jpg

とにかく広い。
もろに山ん中で、人口で切り開いたっていうよりは自然をそのまま利用した感じ。
大きく分けると2つのエリアに分けられるんだが、その2つのエリアを繋ぐ橋は巨大で、下に広がる川の姿はまるで渓谷。
敷地内に観覧車(といってもドンキのあれとは大違いの本格派)まである。
当日は日曜日、家族連れにカップルに、大賑わい。
道々猛暑で汗だくになってはお店で涼をとる、それの繰り返しだったが、お店の種類が豊富で、ファッションを中心におもちゃや雑貨も充実してて、飽きない。
ベタ~にNIKEでショッピングを満喫した。

御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1133258.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1134028.jpg

お昼は敷地内の「釜揚げうどん水山」で済ます。
通好みらしい、釜揚げ天ぷらうどん(上)と、冷やしおろしうどん。
釜茹でされたうどんは手延べで、つるつるもちもちしこしこです。
ダシのきいたつけダレがまたシンプルで、暑い夏に抜群。
天ぷらの揚げ具合もしっかりしてて、べちゃっとすることがない。
冷やしおろしうどんも同様に、手延べうどんのつるしこ具合がいい按配。
こちらはもみじおろしやら柚子やら、薬味の香りが爽やかでよりひんやり感がアップ。
何気に移動の疲れが出かかってたところに、ナイスなランチ。


御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1233947.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1234798.jpg

ところ変わってもうひとつの楽しみにしてたのが「時之栖」
ビアホリックなオレのために、連れが高原ビールが飲めるここを調べてくれた。
ここは天然芝の良好なグラウンドが備わっており、歴代の日本代表の合宿地になったことも有名で、温泉やら、ホテルやら、これまた広大な敷地は見所満載。
アウトレットをくまなく見てたらあっという間に日が暮れており、ステキなイルミネーションが迎えてくれた。

御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1272655.jpg

御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1284049.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1284934.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1285879.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_129659.jpg

ご当地自慢の地ビール「御殿場高原ビール」を堪能できるいくつかのレストランから選んだのは「GRAND×TABLE」
本格的なグリル料理が楽しめる。
4種類の高原ビール、上から順にピルス・シュバルツ・ヴァイツェン・ヴァイツェンホック。
飲みやすさ順ってとこかな?
どれも美味い!!
どれも基本はフルーティーな味わいが豊かなベルギービールよりのテイスト。
最近このフルーティーなテイストにハマってきつつある。
所謂黒ビールのシュバルツもその類で、ギネスほどキツくはない。
ヴァイツェンあたりになると、ホップの芳醇さがたまらない!
香りだけで酔えるし、なんつうか官能的。
ヴァイツェンは未ろ過のビールらしく、素材の旨味が強いんだろう。
よりアルコール度数の高いヴァイツェンホックもガツンとくる。
すべて舌触りものどごしも良く、非常に楽しく飲めた。

御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1385897.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_139761.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1391743.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1392928.jpg

最高のビールのための料理ももちろん、最高だ。
ここ御殿場はハムやベーコンなどの加工食品の産地としても盛んらしく、土産用の店も賑わっていたが、まずは生ハムに黒トリュフをのせた前菜から。
これがまたたまらん香りと味わい。
生ハムのクオリティーがかなり高く、脂身もたっぷり、満足度はかなり高い。
黒トリュフの香りは芳醇そのもので、ビールと合うんだ、また。
小ヤリイカのマリネは柚子胡椒風味。
とっても柔らかいヤリイカにスパイシーな味付け、まさにつまみ向け。
釜焼きの本格ピッツァはサラーメ・パンツェッタ・ビアンカ。
モッツァレラをふんだんにベースに使い、パンツェッタとサラミが散りばめられる。
パンツェッタから染み出した塩気をモッツァレラと生地が包み込んだ豪快な一枚。
豪快といえばメインの和牛ワイルドステーキ。
目の前のグリルで豪快に焼かれるステーキはもう、見た目でヨダレもん。
ミディアムレアの焼き加減は文句なし。
肉厚の和牛をわさび醤油につけながら、ガッツく。
贅沢なディナーを、心から満喫した。

そう、きっと我らがFC東京で活躍する、若き日の彼らも……
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1475947.jpg



実は当日も某川向こうの沖縄出身ストライカーが奥さん・お子さんといらしてた。
もちろんエアリーディング能力は高いほうなので、ちら見程度で済ましたが。
前日日本平で試合だったみたいだけど、ここ、本当にいい施設っぽい。
レストランはもう心ゆくまで堪能したが、ホテルや温泉施設はもちろん、サッカー場もかなりクオリティーが高そう。
合宿とかやりたくなっちゃったよ。

御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_1503628.jpg
御殿場紀行 アウトレット&高原ビール_c0025217_150465.jpg

帰路を照らすイルミネーション。
すっかり暗くなった夜空に、すっかりほろ酔い、最高の夏の夜だ。
メインのサファリパークを翌日に控えつつ、もうこの時点でだいぶ満足。
御殿場いいとこ、一度はおいで。
by blue-red-cherry | 2007-08-22 01:55 | その他
<< 日本×カメルーン キリンチャレ... ラ・リューシェ 2 >>