日本×オーストリア 国際親善試合

日本×オーストリア 国際親善試合_c0025217_1243259.jpg

退屈な試合だった。
中盤から前はまたしてもパサーだらけで、動きの乏しい展開。
ボールは保持できるし、展開力もあるが、一発で突き刺す槍がない。
ちまちまやって、頼みの綱はセットプレー。
どこかで見た内容が繰り返されたオーストリア戦

ぶっちゃけほとんど寝てました。
だから稲本と松井のチェックをしたかったんだけど、ほとんどできてない。
つか、松井出てたんだww

なんかジーコんときより俊輔にシフトしてないか、このチーム。
カメルーン戦と比べてみ?
アウェーだし、いろんな条件違うけど、前田・田中達也・大久保のスピーディーな流れに中盤も呼応した連動性ある展開とこっち、どっちが「日本らしい」サッカーなのか。
飛び出しが遠藤頼みってのはどうも、心もとないだろ。

俊輔の一発や、大きな展開力はほかにはない魅力。
前にも書いたかもしれないが、彼はもはやベッカム的にしか使えないと思う。
体力とかハードの面でベッカムに劣ることを考えると、使い方はさらに限定される。
彼のファンタジックなプレー、代表では久しく見れてない気がする。
オシムが掲げる走るサッカーと、中途半端に溶け込んじゃって、消えてるね。
今の使い方は俊輔にとっても、チームにとっても全然プラスに働いてないと思う。

フォワードも高原いねえと迫力ないなー。
って、フォワードがシュート打ったとこ、達也のバー叩いたやつしか覚えてないww
ダメだこりゃww

日本×オーストリア 国際親善試合_c0025217_12503571.jpg

今ちゃんねえ……。
完全に気負ってたよね……。
松井とか蹴ればよかったのに!
ていうか、中盤で使えよ、オシム。
神戸戦、見に来てたんじゃなかったっけ?
何見てたの?
節穴?
やっぱり彼のように、フォーメーションを超えたダイナミックな動きが必要だと思う。
今のチームは本当に破綻がないよね。
フォワードも中盤もサイドバックも(闘莉王は例外)。
定石どおりの動きしかしないから、相手も全然怖くないだろうな。

楽しみにしてたのに、ほとんどうろ覚え。
次のスイス戦はしっかり見よう。
その前に今日の五輪予選だな。
でもこれから結婚式の2次会なんだよな……。
by blue-red-cherry | 2007-09-08 12:56 | サッカー(FC東京以外)
<< チキンクリームスパゲティ 豚バラとエリンギのヤンニョム炒め >>