博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 EPISODE XI

勝ってたら今日はナビスコの準決だったのか。
なんて思いながら動画をウキウキウオッチングしてたら、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権11」の動画が見つかったので、オンエア時の感動を思い出しながら書いとく。
「とんねるずのみなさんのおかげでした」
、久々の大ヒット企画。
どうせ消されると思うけど、追加日(date added)をマメにチェックして、未見の人はぜひ見てほしい、爆笑オンパレード。

c0025217_1511448.jpg

あのねのねの司会で一時代を築いた、スター紅白ものまね歌合戦みたいなのと一線を画すところは、なんつうか着飾って魅せるのではなく、まさに己の体のみ、裸一貫の芸で勝負するあたり。
麦芽の小出真保による優香イン「王様のブランチ」なんて最たる例。
見た目は優香っぽさ皆無だけど、声と雰囲気、完璧に優香。
3回目ごろにはもう、優香にしか見えなかったよ、うふふふふふ。

コージー冨田とか、モノマネを生業にしてる人たちと違って、隅々まで激似である必要はなくって、大事なのは雰囲気だったりするんだよな。
博多華丸の川平慈英とか、大体顔が似てるんだけど、あの雰囲気。
くぅ~ww
山本高弘の織田裕二も、織田のキモイとこだけ抽出した感じでさ。
優勝したアップダウン・阿部の経堂駅前コンビニ店員とか、森田まりこの宝塚志望の女子高生(とリアルゴリラw)とか、まったく一般の人が知りえない対象ですら笑えるのは、雰囲気作ってるからだよなあ。
モノマネ王子もね。
芸だよ、芸。

末吉くんの平泉成とか、牧田の落合とか、ベテラン勢も固いね。
次課長の河本とかちと飽きてきたけど。
個人的には「すべらない話」よりこっちのが好きだな。
こう、動画サイトに上がってるうちはいいけど、百発百笑なのでDVD化キボン。
by blue-red-cherry | 2007-10-10 15:12 | テレビ
<< アボガドソースのオムライス Fat Robs >>