STUDIO VOICE

STUDIO VOICE_c0025217_20261748.jpg

STUDIO VOICEの2008年2月号は超入魂の「少年ジャンプ」特集。
黄金期の編集者からジャンプ・エログロの第一人者である巻来功士、伝説の投稿ページ「ジャンプ放送局」と「桃太郎シリーズ」で知られるさくまあきらまで、濃ゆすぎる人選の濃ゆすぎるインタビューが並ぶ。
物好きしか読まねーだろ、これww

ジャンプって「マガジン」「サンデー」の後発なんだ。
って思うくらいなライトユーザーだったオレだが、物心ついたときには少年漫画といえばジャンプだった。
ドラゴンボール、聖闘士聖矢、北斗の拳にろくでなし、ジョジョの黄金期から幽遊白書くらいまではずっと一緒に歩んできた。
そのうちマガジン読んだり、ヤング~系の青年誌に移りだし、「スピリッツ」とかにも触手が出始めたら少年漫画誌から一気に足が遠くなる。
「デスノート」あたりからは単行本でしか知らない。
前の職場で送別の品にもらったのは「究極!!変態仮面」だったがww

その程度のオレにとってこの特集は、黄金期を支えたジャンプイズムみたいなものだったり、超アツい編集者たちの現場の話だったり、漫画をフックにしたジャンプ世代の移ろいだったり。
なんつうかプロジェクトX的な読み物として楽しませてもらった。
アンケート結果が如実に作家とその担当編集の運命を左右したり、同じものが生まれない競争原理が常に働く実力至上主義とか、編集仕事を生業にしてたりすると、あまりにも刺激的な話の連続で。
歴史を作るってやっぱハンパじゃねーな、って。

単純に年表みたり、歴代の作品カタログ見てて懐かしい!ってのもある。
哲学的に深読んでる座談会とかはもう、凄いなってww
一度自分らの世代が集まればその深度は別として、朝まで語りつくせるだろう。
やはりジャンプの功績は偉大であり、知らないところでまだそれが続いてるんだな。
リスペクト。
by blue-red-cherry | 2008-01-16 20:26 |
<< 松屋 ミランのブラジルトリオ >>